ホセ・ヒメネス・アランダ

ホセ・ヒメネス・アランダ(José Jiménez Aranda)はスペインの画家で、兄弟ルイスポーランド語版マヌエル・ヒメネス・イ・アランダポーランド語版も絵を描いていた[1]

ホセ・ヒメネス・アランダ
Autorretrato José Jiménez Aranda (1837-1903) hacia 1870 (sin marco).jpg
『自画像』1870年セビーリャ美術館所蔵。
原語名 José Jiménez Aranda
生誕 1837年2月7日
スペインセビリア
死没 1903年5月6日
スペインセビリア
国籍 スペイン
著名な実績 絵画
流派 ロマン主義

略歴編集

セビリアで生まれた。1851年にセビリアの王立美術学校(Real Academia de Bellas Artes de Santa Isabel de Hungría)で学んだ。1868年からマドリードプラド美術館に通い、フランシスコ・デ・ゴヤディエゴ・ベラスケスの作品を学んだ。1867年にヘレス・デ・ラ・フロンテーラに移り、ステンドグラスの仕事をした後、1871年にローマに移り、4年間滞在した。ローマではスペイン出身のオリエンタリズムの画家、マリアノ・フォルトゥーニと知り合った。

1881年にはパリに出て、1890年までパリで過ごした。1882年にサロン・ド・パリに出展し、1889年のパリ万国博覧会の展覧会に入選した。1890年にマドリードに移った。

1892年に妻が亡くなった後、セビリアに戻り、1903年に母校の王立美術学校の教師となり、亡くなるまでその仕事を続けた。1900年のパリ万国博覧会にも出展し入選した。


作品編集

脚注編集

  1. ^ Enrique Lafuente Ferrari (1987). Breve Historia de la Pintura Española, Tom II. Ediciones AKAL. p. 499-502. ISBN 84-760-0182-7. 

参考文献編集

  • Gerardo Pérez Calero, «José Jiménez Aranda», Arte Hispalense, Sevilla, Diputación Provincial, 1982.
  • Bernardino de Pantorba, José Jiménez Aranda: ensayo biográfico y crítico, Madrid, Bibliográfica, 1972.