ホセ・マヌエル・オチョトレーナ

スペインのサッカー選手
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はオチョトレーナ第二姓(母方の)はサンタクルスです。

ホセ・マヌエル・オチョトレーナ・サンタクルスJosé Manuel Ochotorena Santacruz1961年1月16日 - )は、スペインサン・セバスティアン出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。ポジションはゴールキーパー (GK)

ホセ・マヌエル・オチョトレーナ Football pictogram.svg
Ochotorena.jpg
名前
ラテン文字 José Manuel Ochotorena
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1961-01-16) 1961年1月16日(56歳)
出身地 サン・セバスティアン
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1984 スペインの旗 カスティージャ 76 (0)
1982-1988 スペインの旗 R・マドリード 29 (0)
1988-1992 スペインの旗 バレンシア 105 (0)
1992-1994 スペインの旗 テネリフェ 12 (0)
1994-1995 スペインの旗 ログロニェス 20 (0)
1995-1996 スペインの旗 R・サンタンデール 1 (0)
代表歴
1989-1990 スペインの旗 スペイン 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

選手編集

クラブ編集

レアル・マドリードの下部組織出身で、レアル・マドリード・カスティージャに登録されていた1981-82シーズン後半にトップチームデビューした。トップチームでレギュラーの座を獲得するには1985-86シーズンまで待たねばならなかったが、同シーズンはリーグ戦UEFAカップの2冠に輝いた。1986-87シーズンはセビージャFCから移籍してきたGKフランシスコ・ブーヨにポジションを奪われた。

1988年夏にバレンシアCFに移籍し、1988-89シーズンには最少失点率を誇ったゴールキーパーに与えられるサモラ賞を受賞した。3シーズンの間堅実なプレーを続けたが、レアル・マドリード戦で退場処分を受けると、その後バレンシアCFでは二度と公式戦で出場機会を与えられなかった。1992年にはCDテネリフェに移籍し、1994-95シーズンはCDログロニェスでプレーしたが、セグンダ・ディビシオン(2部)降格となった。1995-96シーズンはラシン・サンタンデールに在籍したが、1試合の出場にとどまり、1996年に現役引退した。

代表編集

1989年9月20日、ア・コルーニャで行われたポーランドとの親善試合でアンドニ・スビサレッタに代わって途中出場し、スペイン代表デビューを果たした。1990年にはイタリアで開催された1990 FIFAワールドカップの出場メンバーに選ばれたが、出場機会はなかった。結果的にデビュー戦が唯一の出場となった。

指導者編集

現役を引退後はバレンシアCFスペイン代表でゴールキーパーコーチを務め、2004年7月、ラファエル・ベニテスリヴァプールFCの監督に就任する際にイングランドに渡った[1]。2007年7月にはリヴァプールFCのコーチにハビ・バレーロが就任したため、自身はバレンシアCFのコーチに復帰した[2]

所属クラブ編集

選手編集

指導者編集

タイトル編集

脚注編集

  1. ^ Anfield's new boot room boys UEFA.com、2005年8月12日
  2. ^ Aurélio doubt for Reds Sky Sports

外部リンク編集