メインメニューを開く

ホセ・マルティネス (外野手)

ベネズエラ出身の野球選手

ホセ・アルベルト・マルティネスJosé Alberto Martínez, 1988年7月25日 - )は、ベネズエラバルガス州ラ・グアイラ出身のプロ野球選手外野手一塁手)。右投右打。MLBセントルイス・カージナルス所属。愛称はカフェ[2]

ホセ・マルティネス
José Martínez
セントルイス・カージナルス #38
JoseMartinez2017stl.jpg
2017年7月25日
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 バルガス州ラ・グアイラ
生年月日 (1988-07-25) 1988年7月25日(31歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 2006年 アマチュアFA
初出場 2016年9月6日
年俸 $1,125,000(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

元メジャーリーガーのカルロス・マルティネス英語版を父に持つ(ホセの同僚でドミニカ共和国出身の投手であるカルロス・マルティネスとの血縁関係は無い)。

経歴編集

プロ入りとホワイトソックス傘下時代編集

2006年ボルチモア・オリオールズと契約してプロ入りも、同年中にシカゴ・ホワイトソックスへ移籍。この年はルーキー級ベネズエラン・サマーリーグの両球団の傘下でプレーし、2球団合計で54試合に出場して打率.278・4本塁打・30打点・5盗塁の成績を残した。

2007年アメリカ本土に渡り、アパラチアンリーグのルーキー級ブリストル・ホワイトソックス英語版でプレー。65試合に出場して打率.282・7本塁打・37打点・12盗塁の成績を残した。

2008年はA級カナポリス・インティミデイターズ英語版でプレーし、39試合に出場して打率.306・2本塁打・18打点・7盗塁の成績を残した。

2009年はプレーしなかった。

2010年はルーキー級ブリストルとA+級ウィンストン・セイラム・ダッシュ英語版でプレーし、2球団合計で67試合に出場して打率.256・6本塁打・29打点・5盗塁の成績を残した。

2011年はA+級ウィンストン・セイラムとAA級バーミングハム・バロンズでプレーし、2球団合計で133試合に出場して打率.307・6本塁打・45打点・7盗塁の成績を残した。

2012年はAA級バーミングハムでプレーし、112試合に出場して打率.248・5本塁打・42打点・6盗塁の成績を残した。オフの11月2日FAとなった[3]

ブレーブス傘下時代編集

2013年シーズン前にアトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結んだ。この年はAA級ミシシッピ・ブレーブスでプレーし、123試合に出場して打率.285・6本塁打・39打点・6盗塁の成績を残した。オフの11月4日にFAとなった[3]

独立リーグ時代編集

2014年は6月まで独立リーグフロンティアリーグロックフォード・アビエイターズでプレーし、28試合に出場して打率.337・3本塁打・14打点・6盗塁の成績を残した[4]

ブレーブス傘下復帰編集

2014年6月20日にブレーブスとマイナー契約を結んだ。A+級リンチバーグ・ヒルキャッツでプレーし、66試合に出場して打率.319・4本塁打・34打点・5盗塁の成績を残した。

ロイヤルズ傘下時代編集

 
AAA級オマハ時代(2016年5月10日)

2015年1月28日カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んだ。この年は傘下のルーキー級アリゾナリーグ・ロイヤルズとAAA級オマハ・ストームチェイサーズでプレー。2球団合計で102試合に出場して打率.382・10本塁打・62打点・8盗塁の成績を残し、AAA級オマハでの打率.384はパシフィック・コーストリーグのこれまでの最高打率を更新する形となった[5]が、その2厘上にダニー・ドーン英語版がいたため首位打者は逃した。オフの11月6日40人枠入りした。

2016年も開幕からAAA級オマハでプレーしていたが、5月18日DFAとなった[3]

カージナルス時代編集

2016年5月25日に金銭トレードで、セントルイス・カージナルスへ移籍した[6]。移籍後は傘下のAAA級メンフィス・レッドバーズでプレーし、87試合に出場して打率.269・8本塁打・47打点・9盗塁の成績を残した。また、移籍前を含む2球団合計では124試合に出場して打率.278・11本塁打・60打点・11盗塁の成績を残した。ロースター拡大後の9月6日にメジャー初昇格を果たし、同日のピッツバーグ・パイレーツ戦でメジャーデビュー[7] 、8日のミルウォーキー・ブルワーズ戦ではメジャー初安打・初打点を記録した[8]。この年メジャーでは12試合に出場して打率.438・1打点の成績を残した。

2017年スプリングトレーニング中のオープン戦で、ともにチーム最多の19安打・15打点の好調さを買われ、初めて開幕25人枠入りした[9]4月25日トロント・ブルージェイズ戦ではメジャー初本塁打を放った[10]6月13日のブルワーズ戦では1試合2本塁打を放つ活躍を見せ、チームも6 - 0で勝利した[11]。この年は106試合に出場して打率.309・14本塁打・46打点・4盗塁の成績を残した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2016 STL 12 18 16 4 7 1 0 0 8 1 0 0 0 0 2 0 0 1 0 .438 .500 .500 1.000
2017 106 307 272 47 84 13 1 14 141 46 4 0 1 2 32 2 0 60 9 .309 .379 .518 .897
2018 152 590 534 64 163 30 0 17 244 83 0 3 2 3 49 0 2 104 15 .305 .364 .457 .821
MLB:3年 270 915 822 115 254 44 1 31 393 130 4 3 3 5 83 2 2 165 24 .309 .372 .478 .850
  • 2018年度シーズン終了時

表彰編集

背番号編集

  • 58(2016年 - 2017年)
  • 38(2018年 - )

脚注編集

  1. ^ Jose Martinez Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年10月16日閲覧。
  2. ^ Cards' Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月20日閲覧
  3. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2017年6月21日閲覧。
  4. ^ Jay Taft (2014年6月19日). “Aviators' Jose Martinez won't give up on baseball dream”. The Journal Standard. http://www.journalstandard.com/article/20140619/SPORTS/140619193 2017年6月21日閲覧。 
  5. ^ Tony Boone (2016年5月5日). “Big year hard to ignore, but Chasers’ Jose Martinez must follow up to get closer to big leagues”. 2017年6月21日閲覧。
  6. ^ Jenifer Langosch (2016年5月25日). “Cards get OF Martinez from KC for cash considerations”. MLB.com. 2017年6月21日閲覧。
  7. ^ Cardinals 9, Pirates 7”. MLB.com (2016年9月6日). 2017年6月21日閲覧。
  8. ^ Tom Timmerman (2016年9月9日). “A first hit, a broken slump and some power: a few offensive bright spots in the 12−5 loss”. St. Louis Post-Dispatch. http://www.stltoday.com/sports/baseball/professional/cardinal-beat/a-first-hit-a-broken-slump-and-some-power-a/article_f635eecd-ad4a-541d-a991-1aaba5a071f5.html 2017年6月21日閲覧。 
  9. ^ Jenifer Langosch (2017年3月31日). “Few surprises on Cards' Opening Day roster: Journeyman J. Martinez nabs fourth-outfielder spot; Tuivailala rounds out 'pen”. MLB.com. http://m.cardinals.mlb.com/news/article/221876494/cardinals-od-roster-contains-few-surprises/ 2017年6月21日閲覧。 
  10. ^ Jenifer Langosch; Gregor Chisolm (2017年4月26日). “Wacha solid, but Cards fall to Blue Jays in 11”. MLB.com. http://m.cardinals.mlb.com/news/article/226436612/blue-jays-down-cardinals-in-extra-innings/?topicId=27118406 2017年6月21日閲覧。 
  11. ^ Nate Latsch; Alaina Getzenberg (2017年6月13日). “Cards blank Crew behind Martinez's 2 homers”. MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/236174836/jose-martinez-hits-2-hrs-as-cards-beat-brewers/ 2017年6月21日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集