ホセ・ムヒカ

ウルグアイの政治家
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はムヒカ第二姓(母方の)はコルダーノです。(Template:スペイン語圏の姓名

ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダーノ西: José Alberto Mujica Cordano, 1935年5月20日 - )は、ウルグアイ政治家。 2009年11月の大統領選挙に当選し、2010年3月1日より2015年2月末までウルグアイの第40代大統領を務めた。バスク系ウルグアイ人

ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダーノ
José Alberto Mujica Cordano
José Mujica 2016 - 3.jpg

ウルグアイの旗 ウルグアイ
第40代大統領
任期 2010年3月1日2015年3月1日
副大統領 ダニーロ・アストリ

出生 (1935-05-20) 1935年5月20日(85歳)
ウルグアイの旗 ウルグアイモンテビデオ
政党 拡大戦線
配偶者 ルシア・トポランスキー
署名 Firmamujica.JPG

愛称はエル・ペペ。報酬の大部分を財団に寄付し、月1000ドル強で生活している。

「世界一貧しい大統領」と呼ばれた。

経歴編集

ムヒカの祖先はヨーロッパにあるバスク地方ビスカヤムヒカスペイン語版出身であり[1][2]、1742年にウルグアイに渡った。[要出典]

ムヒカは1935年にウルグアイの首都モンテビデオの貧困家庭に生まれた。モンテビデオ大学卒業後は家畜の世話や花売りなどで家計を助けながらも、1960年代に入って極左都市ゲリラ組織ツパマロスに加入、ゲーリラ活動に従事する。ツパマロスと治安組織の抗争の激化、労働組合や職人組合の政治経済への反発といった時代のもと数々の襲撃誘拐にたずさわる中で、ムヒカは6発の銃弾を受け、4度の逮捕(そのうち2回は脱獄)を経験する。

1972年に逮捕された際には、軍事政権が終わるまで13年近く収監されており、軍事政権側の人質として扱われていた[3]。他の「人質」としては、のちに上院議員となるエレウテリオ・フェルナンデス・ウイドブロや、ツパマロスの創設者ラウル・センディックなどがいる。

ムヒカは出所後、ゲリラ仲間と左派政治団体を結成し1995年の下院議員選挙で初当選を果たす。2005年にウルグアイ東方共和国初の左派政権となる拡大戦線タバレ・バスケス大統領の下で農牧水産相として初入閣。そして2009年11月の大統領選挙戦で、元大統領である国民党ルイス・アルベルト・ラカジェ公認候補を決選投票で破り勝利した。 2010年3月1日より2015年2月末までウルグアイの第40代大統領を務めた[4]

大統領退任後の2016年4月5日から4月12日にかけて日本を訪問し、4月7日には東京外国語大学で講演を行った。2020年10月20日、高齢などを理由に政界からの引退を表明[5]

政界引退後は、首都モンテビデオ郊外の農園にある自宅で暮らしている。2021年には、のどに魚の骨が刺さったことで病院に入院、手術する出来事があった[6]

政策編集

  • ベネズエラウゴ・チャベス大統領のような極端な反米左派になるのではと懸念があったが、中道左派路線を基調とした[4]
  • 競争者・反対者を包容した。大統領選の競争者であったダニーロ・アストリ経済財政長官を副大統領に任命した。ゲリラ時代、13年間監獄に投獄したウルグアイ軍部に報復しなかった[4]
  • 経済専門家に任せた。前任のバスケス大統領時代から経済の指令塔であり、左派経済学者であるアストリ副大統領は非実用的なチリ式新社会主義を標榜しながらも、実際の政策では実用主義経済を優先した。彼は反米左派ポピュリストの嫌うマクロ経済安定、財政健全性重視、米国とのFTA(自由貿易協定)を主張した。その他の南米に蔓延する左派ポピュリズムに振り回されなかった。二人の就任後にウルグアイ経済は7%ずつ成長し、1人あたりのGDPが南米最高を記録し、貧困率を下落させ、国民を豊かにした[4]
  • 左派労組である公務員労組団体はムヒカにとっては政府支持基盤だったが、彼は「想像もできない特権を享受して君臨している」と貴族労組だと指摘「ウルグアイ国民は全員公企業への就職を望んでいるのに、なぜ数人しかなれないのか」とし、終身雇用ではなく公共公務員の数年後ごとの交代制度を提案したりもした。その他の貴族労組にも言うべきことは言った[4]
  • キリスト教的に異端である同性結婚や妊娠初期の妊娠中絶を合法化した。更に国内に蔓延して、不法組織の資金源になっていた大麻を合法化し、資金源を絶った[4][7]

人物編集

  • 2005年に結婚した妻は元マンボロスのルシア・トポランスキー英語版上院議員(現・副大統領)で、読書家で愛読書はミゲル・デ・セルバンテスの『ドン・キホーテ』。趣味は花の栽培である。[要出典]
  • 2015年10月11日放送のフジテレビMr.サンデー』拡大スペシャルでのインタビューでは、少年時代に近くに住む日本人(日系ウルグアイ人)の造園業の手伝いをし、造園ノウハウを学んだことを紹介し、「実は家の近所に10軒か15軒ぐらいの日本人家族がいてね。みんな花を栽培していたんだ。幼い私も育て方を教わり、家計を助けたよ。彼らはすごい働き者でね。昔ながらの日本人だった。農民の思考で狭い土地に多くのものを耕していたんだ」「ここには日本の造船会社が来ていてね。日本人技術者が大勢働いていたんだ。その子どもたちはここで成長し、自転車で学校へ通い、ここでサッカーを覚えたんだ。ある日、日本人の子どもが試合に出ていてね。激しいプレーで頭をけがして血を流してた。ついにはコートから出された。その子は泣いていたよ。でも傷が痛いからじゃない。最後までプレーできないことが悔しくて、名誉心で泣いていたんだ」と日本について述べた[8]
  • ムヒカの愛車である1987年製フォルクスワーゲン・タイプ1(2014年現在の価値は2800ドル(約32万円))をアラブの富豪から100万ドル(約1億1600万円)で買い取る事を打診された際、地元のラジオ番組で「友人たちから貰った物だから、売れば友人たちを傷つけることになるでしょう」と、これを拒否する発言をした[3]
  • 大統領や国会議員としての報酬や寄付をもとに農業学校を設立し、子どもたちに農業を教える取り組みをしている。
  • 大統領や国会議員の公務ではネクタイを締めなかった。大統領在任中、ある政府の会議で他の出席者はスーツにネクタイをしているのに対し、ムヒカはノーネクタイで出席していた。ムヒカはネクタイを締めることは政治家の口を締めることであり、ネクタイは現代文明の奴隷の道具と考えていた[要出典]
  • ブラジルで開催されたリオ会議では、経済の拡大を目指すことの問題点を指摘した。[9]そのスピーチが話題となり、ノーベル平和賞の候補にもなった。[10]
  • 2013年4月4日、ムヒカはアルゼンチンクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル大統領に対して「片方の目が見えない男より、あのばあさんの方がひどい」「ばあさんは頑固だ」と発言し、問題になった[11]
  • 2019年のベネズエラでの騒乱の際、5月1日に、政府側による鎮圧のために装甲車がデモ隊に突っ込み、轢かれた人々の映像が配信されている。この映像についてムヒカは「戦車の前に立ってはいけない」とコメントしている[12]
  • 来日した際、「日本は進歩を遂げた国だが、それで本当に日本人は幸せなのですか」と問いかけた。[13]

世界一貧しい大統領編集

批判編集

週刊新潮2016年4月28日号では現地の男性によると、「派手なパフォーマンスが好きなだけである」と指摘されている。実際にムヒカ政権下の2014年には、強盗の発生率が前年比で11%も増加した。背景について、40代の日本人男性によると「大統領時代のムヒカが大麻合法化に踏み切ったことです。マフィアの資金源を断つことが目的とはいえ、明らかに街の雰囲気が変わりました。友人のウルグアイ人と道端で話している時に、“ちょっと火を貸してくれ”と言われてマッチを差し出すと、いきなり大麻を吸い始めるんですから」と大麻合法化のために以前より大麻喫煙者が蔓延したことが指摘されている。また、失業率や貧困率の減少を彼の功績とする声がある一方で、「彼を熱狂的に支持しているのは貧困層なんです。」「低所得者向けに一戸建て無償で支給する政策を実施しましたが、野党は“支援者向けのバラ撒きだ”と批判しています。国営石油会社も経営破綻寸前に追い込まれ、9億ドルもの公的資金の投入が議論されているのです」と負の面もある[15]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Mujica paseará por Muxika, la tierra de sus antepasados, Diario La República, 2013年6月2日 (スペイン語)
  2. ^ Mujica recibió las llaves de la ciudad de Muxika, Diario La República, 2013年6月2日 (スペイン語)
  3. ^ a b 世界一貧しい大統領と呼ばれた男 ムヒカさんの幸福論 朝日新聞デジタル
  4. ^ a b c d e f 【時視各角】ムヒカ元ウルグアイ大統領に学べ=韓国(中央日報日本語版)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年10月29日閲覧。
  5. ^ “「世界一貧しい大統領」引退表明 南米ウルグアイのホセ・ムヒカ氏”. 47NEWS. 共同通信社. (2020年10月21日). https://this.kiji.is/691443493451088993?c=39546741839462401 2020年10月21日閲覧。 
  6. ^ ムヒカ元大統領が退院 魚の骨刺さり手術 ウルグアイ”. AFP (2021年4月29日). 2021年5月2日閲覧。
  7. ^ “大麻の栽培や購入、ウルグアイが合法化”. http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1100Z_R11C13A2EB2000/ 
  8. ^ 新井由己 (2015年10月18日). “ムヒカ大統領から日本人へのメッセージ”. オリジナルの2017年4月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20170429163046/https://note.mu/tokotonstudio/n/n7a263959e554 
  9. ^ Uchimura 打村明, Akira. “リオ会議でもっとも衝撃的なスピーチ:ムヒカ大統領のスピーチ (日本語版) – Hana.bi Japan + YOU” (英語). 2020年12月1日閲覧。
  10. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “「世界でいちばん貧しい大統領」 ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領が4月に来日” (日本語). 産経ニュース. 2020年12月1日閲覧。
  11. ^ ウルグアイ大統領の「ばあさん」発言が外交問題に テレ朝News
    なお、「片方の目が見えない男より、あのおねえさんの方がひどい」と日本語で報道されているフレーズのスペイン語での本人発言は、“Esta vieja es peor que el tuerto”(この女性は、片方の目が見えない爺さんよりもひどい)である。例えば、スペイン二大紙の報道では Mujica sobre Cristina Kirchner: 'Esta vieja es peor que el tuerto', El Mundo, 2013年4月4日 (スペイン語) あるいは “Esta vieja es peor que el tuerto”El presidente de Uruguay, José Mujica, critica a Cristina Fernández y la compara con su marido muerto sin fijarse en que los micrófonos grababan, El País, 2013年4月4日 (スペイン語)
  12. ^ “La frase de "Pepe" Mujica sobre la violencia en Venezuela: "No hay que ponerse delante de las tanquetas" - 01/05/2019 - Clarín.com”. Clarín.com. (2019年5月1日). https://www.clarin.com/mundo/frase-pepe-mujica-violencia-venezuela-ponerse-delante-tanquetas_0_k6kAiRZ26.html 2019年5月4日閲覧。 
  13. ^ a b 世界界すご!ペディア
  14. ^ a b 「泣いたのは初めてです…」“世界一貧しい大統領”ホセ・ムヒカ85歳の言葉に日本人通訳が嗚咽した日(文春オンライン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年12月1日閲覧。
  15. ^ 世界一貧しい大統領 国民からの評判は「彼は派手なパフォーマンスが好きなだけ」2018年3月19日閲覧。
先代:
タバレ・バスケス
ウルグアイの大統領
2010年 - 2015年
次代:
タバレ・バスケス