メインメニューを開く

ホセ・ルイス・チラベルト

パラグアイのサッカー選手
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はチラベルト第二姓(母方の)はゴンサレスです。

ホセ・ルイス・フェリックス・チラベルト・ゴンサレス(José Luis Félix Chilavert González、1965年7月27日 - )は、パラグアイルケ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはゴールキーパー日本ではサムデイと業務提携を結んでいる。

ホセ・ルイス・チラベルト Football pictogram.svg
Chilavert sanlorenzo.jpg
アルゼンチンのサン・ロレンソに所属していた1985年頃のチラベルト
名前
本名 ホセ・ルイス・フェリックス・チラベルト・ゴンサレス
José Luis Félix Chilavert González
愛称 チラ
ラテン文字 José Luis CHILAVERT
基本情報
国籍 パラグアイの旗 パラグアイ
生年月日 (1965-07-27) 1965年7月27日(54歳)
出身地 ルケ[1]
身長 188cm[1]
体重 92kg[1]
選手情報
ポジション GK[1]
利き足 左足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1983 パラグアイの旗 スポルティボ・ルケーニョ 70 (4)
1984 パラグアイの旗 グアラニー 19 (1)
1984-1988 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ 122 (0)
1988-1991 スペインの旗 レアル・サラゴサ 90 (1)
1991-2000 アルゼンチンの旗 ベレス・サルスフィエルド 341 (48)
2000-2003 フランスの旗 ストラスブール 65 (0)
2003 ウルグアイの旗 ペニャロール 15 (4)
2003-2004 アルゼンチンの旗 ベレス・サルスフィエルド 6 (0)
代表歴
1989-2003 パラグアイの旗 パラグアイ 74 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

PKFKを決めるGKとして有名[1]。1994年から1999年まで6年連続で南米ベストイレブンに選ばれた。

経歴編集

1965年7月25日パラグアイのルーケで生まれる。1980年に15歳で街のクラブチーム、スポルティボ・ルケーニョ入団、すぐに先発GKを任され活躍、パラグアイユース代表にも選出されるなど頭角を現す。

1983年には一部リーグのグアラニーへ移籍。1985年からはアルゼンチンサン・ロレンソでプレーする。1989年にスペインレアル・サラゴサに移籍、リーガ・エスパニョーラでは最優秀外国人プレイヤーに選ばれた。

1992年アルゼンチンのCAベレス・サルスフィエルドに移籍。1994年にはリベルタドーレス決勝のPK戦ではサンパウロFCの1本目のシュートを止め、自身はベレスの2本目のキッカーとしてPKを成功させ、ベレスを南米チャンピオンに導いた。さらに同年のトヨタカップでもACミランの決定機をことごとく防ぎ、MVPに選ばれてもおかしくない活躍で[2]、世界チャンピオンの座に就いた。

1996年には南米最優秀選手賞を受賞。GKの受賞はチラベルトが初めてであった。また、1995年と1997年には世界最優秀GKに選ばれている。

パラグアイ代表に初選出されたのは1989年。1998年と2002年のFIFAワールドカップには正GKとして出場。1998年のフランス大会では4試合で失点を2つに抑え[1]ベストイレブンに選出された。またいずれの大会でも直接FKからゴールを狙った。

2002年に移籍したストラスブールでも、2部リーグ降格を防げなかったもののカップ戦では優勝。また、翌シーズンの1部リーグ復帰に貢献した。 2003年にはウルグアイペニャロールに移籍。一度は引退を決意するもののベレスに誘われ2004年4月までプレーした。2004年11月に行われた自身の引退試合においてFKを決めた。

引退後の2005年には、ストラスブールとの契約解除に際し偽造文書を使用した罪により、フランスの法廷から執行猶予付きの6ヵ月の収監を言い渡された。2006 FIFAワールドカップ(W杯ドイツ大会)と2010 FIFAワールドカップ(W杯南アフリカ大会)では、アメリカ合衆国内のスペイン語放送局であるユニビジョンの解説者を務めている。

2010年現在、アルゼンチンで環境エネルギーの会社を経営しているが、この会社は引退後に起こした会社である。

エピソード編集

  • フランス系移民の子孫であるため、名前の日本語表記はチラベルトではなく、“チラベル”がフランス語での発音に忠実である。名前の最後のTは発音しない。
  • 親日家であり、1998年のキリンカップサッカーで来日した際、TBSスーパーサッカーの番組内において、1998年フランスワールドカップで日本と対戦するアルゼンチン代表のプレーの特徴と攻略法を日本のマスコミに伝授した[1]。また、1998年10月10日のJOMO CUPでは海外のリーグ所属ながらゲストプレイヤーとして出場した。
  • 兄のロランド・チラベルトも元サッカー選手(ミッドフィールダー)で、1986年ワールドカップのパラグアイ代表メンバーだった。
  • 1999年アルゼンチンリーグ、対フェロカリルオエステで、サッカー史上初のGKの選手によるハットトリックを達成した[3]。3点ともPKによる得点。
  • 2002年に開催されたW杯日韓大会でチラベルトを含むパラグアイ代表が長野県松本市をキャンプ地として使用したのを記念して、松本市では同年から「チラベルトカップ」が開催され[4]、現在に至るまで長野県内の3種(中学生年代)・4種(小学生年代)チームが集う大会として存続している。優勝・準優勝チームにはチラベルトの手形が入ったカップが授与される。またキャンプの際に「素晴らしいスタジアム(長野県松本平広域公園総合球技場)があるのに、なぜプロのクラブがないんだ?」とコメント。地元でJクラブ設立へ機運が高まった[5]
  • 日本フジテレビトリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜」の番組内での検証に出演したことがある。2004年3月10日の放送にて、「靴飛ばしで思いきり靴を飛ばすとどれくらい遠くに飛ぶんですか?」というトリビアの種が寄せられ、番組側が筑波大学の阿江通良教授(当時)にどうすれば靴が遠くに飛ぶかを尋ねたところ、「サッカー選手などはかなり遠くに飛ばせるんじゃないですか」と答えた。番組側はこれを受け、「抜群のキック力を誇る選手」であるチラベルトにオファー。番組側が日本からアルゼンチンまで赴き、ヴェレス・サルスフィルド・スタジアムにて検証を行った。1回目は「サッカーの試合みたいにプレッシャーを感じられない」として失敗したが、試合形式で行った2回目では36メートル10センチの記録を出し、これがこのまま「靴飛ばしの靴は南米No.1ゴールキーパーが蹴ると36m10cm飛ぶ」というトリビアになった。また、番組によると、チラベルトは靴飛ばしを大変気に入り、「パラグアイやアルゼンチンの子供たちにぜひ教えたい」と熱く語ったという[6]

代表歴編集

試合数編集

出典[7]


パラグアイ代表国際Aマッチ
出場得点
1989 2 1
1990 0 0
1991 6 0
1992 0 0
1993 10 1
1994 0 0
1995 0 0
1996 7 1
1997 9 1
1998 10 0
1999 3 0
2000 13 2
2001 7 2
2002 5 0
2003 2 0
通算 74 8

個人タイトル編集

  • IFFHS選定世界年間最優秀GK賞 : 3回(1995年, 1997年, 1998年)
  • 南米ベストイレブン 1994年、1995年、1996年、1997年、1998年、1999年
  • アルゼンチンリーグ年間最優秀選手賞 : 1回(1996年)
  • 南米年間最優秀選手賞 : 1回(1996年)
  • IFFH選定20世紀世界最優秀GK : 6位(1999年)
  • 20世紀の偉大なサッカー選手100人 : 55位(ワールドサッカー誌選出 1999)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i チラベルト FC東京“逆指名””. 2001年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月8日閲覧。スポーツニッポン(2001年7月3日)
  2. ^ 週刊サッカーダイジェスト NO.245 1994年 P.4-8
  3. ^ "Chilavert at the treble". The Guardian. 30 November 1999. Retrieved 13 March 2013.
  4. ^ アルウィンスポーツプロジェクト構想趣旨 アルウィン・スポーツプロジェクトHP
  5. ^ 松本山雅アラカルト チラベルト、ユニホームカラー、観客動員 スポーツニッポン(2014年11月2日)
  6. ^ フジテレビトリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜」(2004年3月10日放送)
  7. ^ José Luis Félix Chilavert - International Appearances”. rsssf.com. 2017年7月14日閲覧。

外部リンク編集