ホッチキス Mle1922軽機関銃

ホッチキス Mle1922軽機関銃(ホッチキス Mle1922けいきかんじゅう, Hotchkiss Mle1922, ホッチキス M1922)は、フランス兵器メーカーであるオチキス社戦間期に開発した軽機関銃である。

Mle1922軽機関銃
Hotchkiss-M1922-6d5mm-for-greece-batey-haosef-1.jpg
イスラエル国防歴史博物館に展示されるMle1922(手前)
Mle1922軽機関銃
種類 軽機関銃
製造国 フランスの旗 フランス
設計・製造 オチキス社
仕様
銃身長 600mm
使用弾薬 6.5x54mm弾
7x57mmモーゼル弾
7.5x54mmフレンチ弾
.303ブリティッシュ弾
7.92x57mmモーゼル弾
8x50mmRレベル弾[1]
装弾数 箱型弾倉仕様:20発
保弾板仕様:15/24/30発
作動方式 ガス圧作動方式、ロングストロークピストン式
全長 1216mm
重量 箱型弾倉仕様:8.4kg
保弾板仕様:9.6kg
発射速度 450発/分
歴史
設計年 1922年
配備先 #使用国参照
関連戦争・紛争 スペイン内戦第二次世界大戦日中戦争第一次インドシナ戦争など
バリエーション #バリエーション参照
テンプレートを表示

概要編集

Mle1922は第一次世界大戦後にフランスのオチキス社で開発された軽機関銃であり、主に国外向けに販売された。Mle1922を軍の正式な装備として採用した国はギリシャなど少数に留まっているが、中華民国スペインなどにも輸出されていた。また、オチキス社はMle1922の販売に当たって顧客の提示する細かな要求にも柔軟に対応しており、結果として給弾機構や使用弾薬などが異なる複数のバリエーションが製造された。[2]

特徴編集

給弾機構は同社製の機関銃であるMle1909Mle1914と同じく保弾板を用いる仕様と、箱型弾倉を用いる仕様が開発され、双方とも空薬莢はレシーバー下部から排莢された。[3]

また、Mle1922にはセミオートの設定が無かったもののレート・リデューサーが組み込まれており、セレクターの操作により発射速度の高低を切り替えることができた。[2]

最も標準的な仕様では円錐型のハイダー、ピストルグリップと一体の木製ストック、折り畳み可能なバイポッドが付属するが、その他にもキャリングハンドルや腰だめ撃ちの際に使用する垂直フォアグリップ、ヘビーバレルなどのオプションも存在した。[3]

派生型編集

Mle1922
基本形。
Mle1924(Vz.24)
7.92×57mmモーゼル弾を使用するチェコスロバキア向けモデル。
Mle1926
6.5×54mm弾を使用するギリシャ向けモデル。
Mle1934
7.5×54mmフレンチ弾を使用する自国軍向けモデル。

また、前述の通りこの他にも複数のバリエーションが開発されている。

使用国編集

 
Mle1922を使用する国民革命軍の兵士

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Hotchkiss Model 1922 light machine gun (France)” (2010年10月27日). 2017年8月31日閲覧。
  2. ^ a b c d Hotchkiss M1922/24/26”. 2020年3月8日閲覧。
  3. ^ a b c d Hotchkiss M1922”. 2020年3月8日閲覧。
  4. ^ Howson, Gerald (1999). Arms for Spain : the untold story of the Spanish Civil War. St. Martin's Press. p. 28. ISBN 978-0719555565. https://archive.org/details/armsforspainunto00hows 
  5. ^ Francouzský kulomet Hotchkiss vz. 24”. 2020年3月8日閲覧。
  6. ^ Vintage Saturday: Pipe-Smoking Snakes”. 2020年3月8日閲覧。
  7. ^ Marina Berthier (フランス語). La bataille de Na San Indochine : novembre-décembre 1952 (Report). p. 8. http://archives.ecpad.fr/wp-content/uploads/2012/10/Dossier-Na-San-V1_relecture-ab.pdf. Template:Better source

関連項目編集