ホテルコンコルド浜松

ホテルコンコルド浜松(ホテルコンコルドはままつ、: Hotel Concorde Hamamatsu)は、静岡県浜松市中区元城町にあるシティホテル。かつてはこの地に遠州鉄道奥山線元城駅が存在していた。

ホテルコンコルド浜松
Hotel Concorde Hamamatsu
Hotel Concorde Hamamatsu.JPG
ホテル概要
正式名称 ホテルコンコルド浜松
運営 遠鉄観光開発株式会社
レストラン数 4軒
部屋数 232室
シングル数 108室
ダブル数 3室
ツイン数 95室
スイート数 1室
駐車場 乗用車 200台
大型車 6台
開業 1981年(昭和56年)4月28日
最寄駅 遠州病院駅
最寄IC 浜松インターチェンジ
所在地 〒430-0946
静岡県浜松市中区元城町109番地18
位置 北緯34度42分50.4秒 東経137度43分36秒 / 北緯34.714000度 東経137.72667度 / 34.714000; 137.72667座標: 北緯34度42分50.4秒 東経137度43分36秒 / 北緯34.714000度 東経137.72667度 / 34.714000; 137.72667
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
株式会社ホテルコンコルド浜松
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
430-0946
静岡県浜松市中区元城町109番地18
設立 1998年(平成10年)5月1日
業種 サービス業
法人番号 2080401020620 ウィキデータを編集
事業内容 ホテルレストラン運営
代表者 宮澤均(代表取締役社長総支配人)
資本金 1億円
従業員数 302名(2007年3月現在)
主要株主 遠州鉄道株式会社(100%)
外部リンク https://www.concorde.co.jp/
特記事項:2017年(平成29年)4月1日、遠鉄観光開発へ吸収合併により解散。
テンプレートを表示

遠州鉄道の100%出資子会社である遠鉄観光開発株式会社が運営している。2017年3月31日まで遠州鉄道の100%出資子会社である株式会社ホテルコンコルド浜松が運営していた(遠鉄観光開発に吸収合併)。2012年3月1日から2018年2月28日までは阪急阪神第一ホテルグループに加盟していた。

周辺施設編集

浜松城の管理団体である浜松市は、浜松城公園一帯に指定管理者制度を導入しており、遠鉄観光開発、遠鉄アシストの遠鉄グループ2社と、市の外郭団体である財団法人浜松公園緑地協会の計3者から成る「浜松城公園管理運営共同事業体」が指定管理者として管理業務を行っている。

沿革編集

  • 1981年(昭和56年)4月28日 - 遠鉄観光開発がシティホテル部門に進出、ホテルコンコルド浜松を開業
  • 1998年(平成10年) - 遠鉄観光開発から独立して株式会社ホテルコンコルド浜松を設立
  • 2012年(平成24年)3月1日 - 阪急阪神第一ホテルグループに加盟[1]
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 遠鉄観光開発が株式会社ホテルコンコルド浜松を吸収合併
  • 2018年(平成30年)2月28日 - 契約満了に伴い阪急阪神第一ホテルグループを離脱

交通アクセス編集

脚注編集

外部リンク編集