メインメニューを開く

ホテルパシフィック東京

ホテルパシフィック東京(ホテルパシフィックとうきょう、英称:Hotel Pacific Tokyo)は、京浜急行電鉄(京急)が所有し、グループ会社のホテル京急がかつて運営していた大規模シティホテルである。

ホテルパシフィック東京
Hotel Pacific Tokyo 001.jpg
ホテル概要
正式名称 ホテルパシフィック東京
設計 坂倉建築研究所
東京建築研究所
桜井建築設備研究所
森村協同設計事務[1]
施工 鹿島建設東急建設[1]
運営 ホテル京急
階数 地下3 - 30階
部屋数 954室
敷地面積 23,022[1]
建築面積 7,616[1]
延床面積 82,730[1]
開業 1971年7月27日
閉業 2010年9月30日
最寄駅 品川駅
所在地 〒108-8567
東京都港区高輪3-13-3
位置 北緯35度37分47.6秒 東経139度44分9.9秒 / 北緯35.629889度 東経139.736083度 / 35.629889; 139.736083座標: 北緯35度37分47.6秒 東経139度44分9.9秒 / 北緯35.629889度 東経139.736083度 / 35.629889; 139.736083
補足 第14回BCS賞受賞(1973年[1]
テンプレートを表示

2010年9月30日に営業終了し、建物は半年程閉鎖されていたが、新たに別のグループ会社が運営する宿泊特化型ホテル京急EXイン」や、外部企業による結婚式場レストラン、ショップ等のテナントを入居させ、複合商業施設SHINAGAWA GOOS(シナガワグース)」として2011年4月29日に再オープンしている。

概略編集

品川駅前にある30階建ての高層ホテル。設計は坂倉建築研究所。敷地は朝香宮家、東久邇宮家などが居を構えた戦前の皇族共用御殿・高輪南町御用邸跡地で、隣接する他の宮邸(竹田宮邸、北白川宮邸)跡地を取得していた西武鉄道プリンスホテル)との激しい争奪戦の末に土地を取得した。敷地内には緑地を多く確保している。とくに、建物西側には、滝や池を備えた日本庭園があり、春には野生のカルガモが産卵、子育てをしている。

1979年から2008年5月までは、かつてはエールフランス航空の系列会社であったル・メリディアンと提携していたため、エールフランス航空のクルーの定宿となっており、フランス人をはじめとするヨーロッパ系の利用客も多かった。

他の電鉄系鉄道事業者(西武鉄道 - プリンスホテル東急 - 東急ホテルズ近鉄 - 都ホテル阪急 - 新阪急ホテル小田急 - ホテル小田急京王 - 京王プラザホテルなど)が自前のホテルチェーンを象徴的シンボルとして運営し、ホテルと鉄道事業のシナジー効果・メリットを受領する中、長年ホテル業に進出しなかった京急グループにとっては、悲願のホテル業界進出第一号となったホテルである。

東海道線横須賀線山手線京浜東北線京急本線など多くの路線が集まる品川駅高輪口向かいの第一京浜沿いに立地。2003年10月には東海道新幹線も乗り入れ、最高の立地条件にある。しかし、当施設を囲むように立地するプリンスホテルの高輪地区(品川PHGPH新高輪GPH高輪)との競合および世界金融危機による宿泊需要低下により空室率が上昇、施設の老朽化も進んだが京急は改装資金を投資せず、2009年3月に2010年9月末日をもって閉館することを発表[2]。予定通り同日で閉館した。

休館中は、ホテル客室の照明を電光掲示板に見立て、「世界へ羽田(京急の赤い電車もモザイク画として掲示)」や「Merry Xmas(クリスマスツリーのモザイク画も掲示)」と言った宣伝が行われた時期があった。

2009年3月の京急のプレスリリースでは、閉館後は建物は現存のまま会議室(コンベンション)や貸しオフィスといったオフィスビル用途に改装・転換する見通しが記述されていたが、2010年2月に、宿泊を中心としたビジネス客向けのホテルに一部改装し、2011年春ごろに再オープンと発表し、今後の予定を変更。宴会や婚礼などの施設は見直し、飲食店などの導入を目指した。[3][4]

旧「ホテルパシフィック東京」建物は改装後、従来のホテル京急への一棟貸しによる運営ではなく、フロアや業種毎に運営会社を細分化した上で誘致し、家主の京急が賃貸して賃料を得るテナントビル形態を取っている。これによりテナント毎に独立採算性が図られる。飲食店舗や大規模貸会議室・宴会施設、物販店舗などのテナントを入居させ、複合施設として新たに開業した。

旧客室フロアは簡易的な改装のうえ、京急イーエックスインが運営を行い、「京急EXイン品川駅前」として、2011年1月21日に予約開始、同年4月29日に開業した[5]

沿革編集

  • 1970年2月 株式会社ホテルパシフィック東京設立
  • 1971年7月 ホテルパシフィック東京開業
  • 1979年4月 ホテルメリディアンチェーンと提携
  • 1996年2月 株式会社高輪京急ホテルと合併により株式会社ホテル京急に社名変更
  • 2002年3月 京急都市開発株式会社(ホテル・グランパシフィック・メリディアンの運営会社)と合併
  • 2005年7月 ホテル・グランパシフィック・メリディアンの運営を株式会社グランパシフィックに移管
  • 2005年12月 メリディアンがスターウッド・ホテル&リゾートの傘下となる
  • 2008年4月 京急グループの2ホテルのブランド戦略、セールス業務、管理業務などの統括会社として、株式会社京急パシフィックホテルズを設立。
  • 2008年5月 メリディアン(スターウッド)との提携を解消
  • 2008年6月 ホテル・グランパシフィック・ル・ダイバと「パシフィックホテルズ」を結成し、サミット・ホテルズ&リゾーツと提携
  • 2009年3月26日 設備や内装の老朽化等を理由に、2010年9月末での営業休止を発表[6]
  • 2010年2月10日 ビジネス客らを主な対象にする宿泊を中心としたホテルに改装し、2011年春ごろに再オープンすると発表[3][4]
  • 2010年9月30日 ホテルパシフィック東京としての営業を終了、閉館
  • 2011年1月20日 旧「ホテルパシフィック東京」の宿泊施設フロアを「京急EXイン 品川駅前」として4月29日に開業すると発表
  • 2011年1月21日 京急EXイン品川駅前の宿泊予約受付開始
  • 2011年2月22日 旧ホテルパシフィック東京を改装し、新たに開業する複合施設の名称が「SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)」に決まり、2011年4月29日にオープンすると発表[7]
  • 2011年4月29日 SHINAGAWA GOOSがオープン(京急EXイン品川駅前が開業)

設備編集

※閉館時点

  • 面積25,000m2(7,500坪)地上30階・地下3階
  • 客室数954室 最大2千名を収容可能
  • 標準的な客室は、25m2(スタンダード)、30m2(スーペリア)
2006年 26・27階をエグゼクティブフロアのパシフィック・フロアに改装
2007年 24・25階をパシフィック・フロアに改装

レストラン編集

  • フレンチレストラン「ブフドール」
  • 広東料理「楼蘭」
  • 加賀料理「大志満」
  • コーヒーハウス「ピコロモンド アット・ザ・ガーデン」
  • 中国バイキング「冠園」
  • アメリカンカジュアルダイニング 「T.G.I.フライデーズ」
  • シーフード料理「シンガポール・シーフード・リパブリック」

バー・ラウンジ編集

  • スカイラウンジ「ブルーパシフィック」
  • ティー&カクテルラウンジ
  • セラーバー「エルベンセドール」

ブライダル編集

  • ウエディングチャペル
  • ガーデンチャペル
  • 白鳳殿

宴会場編集

  • 1階 大宴会場「萬葉の間」他 最大2000人集客対応宴会場(13室)
  • 29階 高層宴会場(5室)

アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 第14回BCS賞(1973年)受賞作品「ホテルパシフィック東京」”. 一般社団法人日本建設業連合会. 2017年10月24日閲覧。
  2. ^ ホテルパシフィック東京 閉館のお知らせ (PDF)
  3. ^ a b “ホテルパシフィック東京 ビジネス客向けに改装”. スポーツニッポン. (2010年2月10日). http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100210140.html 2017年10月24日閲覧。 
  4. ^ a b ホテルパシフィック東京の営業休止後の事業方針に関するお知らせ (PDF) (京浜急行電鉄 2010年2月10日)
  5. ^ “「京急EXイン 品川駅前」4月29日オープン!” (プレスリリース), 京浜急行電鉄, (2011年1月20日), http://www.keikyu.co.jp/company/news/2011/detail/003197.html 2017年10月24日閲覧。 
  6. ^ “「ホテルパシフィック東京」の営業休止に関するお知らせ 〜2010年秋をもって営業を休止いたします〜” (プレスリリース), 京浜急行電鉄, (2009年3月26日), http://www.keikyu.co.jp/report/detail/000364.html 2017年10月24日閲覧。 
  7. ^ “品川駅高輪口前 複合施設「SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)」名称決定! 2011年4月29日オープン!” (プレスリリース), 京浜急行電鉄, (2011年2月22日), http://www.keikyu.co.jp/company/news/2011/detail/003230.html 2017年10月24日閲覧。 
  8. ^ 平成十年二月二十日『産経新聞』朝刊2008年2月20日
  9. ^ 安部譲二2002『日本怪死人列伝』産経新聞ニュースサービス