メインメニューを開く

ホテルメトロポリタン高崎Hotel Metropolitan Takasaki)は、群馬県高崎市にあるJR東日本ホテルズシティホテルブランド「メトロポリタンホテルズ」のホテルである。日本ホテル株式会社が経営し、同社子会社である株式会社ホテルメトロポリタン高崎が運営する。

ホテルメトロポリタン高崎
Hotel Metropolitan Takasaki
ホテルメトロポリタン高崎
ホテルメトロポリタン高崎
ホテル概要
正式名称 ホテルメトロポリタン高崎
ホテルチェーン メトロポリタンホテルズ
運営 ホテルメトロポリタン高崎
前身 高崎ターミナルホテル
階数 6 - 10階
レストラン数 1軒
部屋数 141室
スイート数 1室
駐車場 455台(高崎駅東口自動車整理場、新幹線高架下)台
開業 1982年昭和57年)4月14日
最寄駅 JR東日本高崎駅
最寄IC 関越自動車道高崎IC
所在地 〒370-0849
群馬県高崎市八島町222
位置 北緯36度19分23.1秒 東経139度0分43秒 / 北緯36.323083度 東経139.01194度 / 36.323083; 139.01194座標: 北緯36度19分23.1秒 東経139度0分43秒 / 北緯36.323083度 東経139.01194度 / 36.323083; 139.01194
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
株式会社ホテルメトロポリタン高崎
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
370-0849
群馬県高崎市八島町222番地
業種 サービス業
事業内容 ホテル
代表者 代表取締役社長 國井 直樹
資本金 3000万円
純利益 171万3000円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 8922万9000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 5億8672万1000円(2019年03月31日時点)[1]
決算期 3月31日
テンプレートを表示

概要編集

上越新幹線開業に先立つ1982年(昭和57年)4月14日に開業[2]高崎駅駅ビル「モントレー」の6F~10Fに位置する(1Fはホテルフロントへの直通エレベーター入口のみ)。1996年(平成8年)には高崎ターミナルホテルを運営する株式会社高崎ターミナルホテルがモントレーを運営する株式会社高崎ターミナルビルと合併し、同時に現在のホテル名となった。2009年(平成21年)10月1日、全館をリニューアルオープン。また翌11月1日には高崎ターミナルビルから株式会社ホテルメトロポリタン高崎が分割され、日本ホテルの子会社となった。

なお、企業としてのホテルメトロポリタン高崎は、“ホテルファミリーオみなかみ”も運営している。

沿革編集

  • 1982年(昭和57年)4月14日 - 高崎ターミナルホテルモントレー開業。
  • 1996年(平成8年)4月1日 - 「高崎ターミナルビル株式会社」と「高崎ターミナルホテル株式会社」が合併し、新たに「高崎ターミナルビル株式会社」が設立される。同時にホテルメトロポリタン高崎へと名称を変更。
  • 2009年(平成21年)
    • 10月1日 - 全館をリニューアルオープン。ロビー、バンケットルーム、客室の改装の他、駅ビルモントレー内の全てのエレベーターでホテル専用フロアへとアクセスできるようになった[3]
    • 11月1日 - 株式会社メトロポリタン高崎が分割され、日本ホテルの子会社となる。

施設編集

  • レストラン
    • ブラッスリー ローリエ
  • 宴会場(いずれも6F)
    • 大宴会場「丹頂」(3室に分割可能)
    • 中宴会場「白鷺」「おしどり」「せきれい」
    • 小宴会場「うぐいす」「やまどり」「つぐみ」

など

交通アクセス編集

  • JR高崎駅西口よりすぐ。駅ビル「モントレー」と直結。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 株式会社ホテルメトロポリタン高崎 第10期決算公告
  2. ^ 『東日本旅客鉄道株式会社二十年史 1987.4-2007.3』p.455 - 456
  3. ^ ホテルメトロポリタン高崎が全面リニューアル-正面玄関に車寄せも(高崎経済新聞 2009年10月19日)

参考文献編集

  • 東日本旅客鉄道株式会社編『東日本旅客鉄道株式会社二十年史 1987.4-2007.3』 東日本旅客鉄道、2007年。

外部リンク編集