メインメニューを開く

ホテルモントレHotel Monterey)は、ホテルモントレ株式会社日本で展開、運営するホテルチェーン。

ホテルモントレ株式会社
Hotel Monterey Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
556-0017
大阪府大阪市浪速区湊町1丁目2-3
設立 1995年9月
業種 サービス業
法人番号 5120001070356
事業内容 ホテル運営
代表者 代表取締役社長 山本 啓之
資本金 1億円
純利益 16億1539万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 119億0930万1000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 181億0837万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 1,536名(2018年1月1日現在)
支店舗数 19
主要株主 マルイト株式会社
外部リンク https://www.hotelmonterey.co.jp/
テンプレートを表示

目次

概説編集

大阪市の不動産賃貸会社「マルイト株式会社」が1986年にホテル事業に進出した際に、「ホテルモントレ」ブランドを採用。1995年9月に、ホテル部門がホテルモントレ株式会社として同社から独立して、現在に至っている。なお、マルイトは、丸糸呉服店を発祥とするアコムの同根企業である。

Montereyは、スペイン語でmonte(モンテ)が「山」、rey(レ、レー)が「王」となり、「山の王」を意味する。初出店の地が大田区山王だったことに由来する。

2009年10月に、プロサッカークラブ「ガンバ大阪」とのオフィシャルスポンサー契約を締結。

ホテル一覧編集

 
ホテルモントレ札幌(2008年7月)
 
ホテルモントレエーデルホフ札幌(2018年4月)
 
ホテルモントレ ラ・スール大阪(2012年11月)

親会社のマルイトが保有する建物(マルイトXXビル)に入居する形態で運営されているものが多い。主に西洋各地の伝統的建築様式をヒントに内外装をデザインしたホテルを展開している(括弧内はイメージ・モデルとした世界各国の都市や街を示す)。

一部のホテルの名称にある「ラ・スール(:la soeur)」および「エルマーナ(西:hermana)」はいずれも「姉妹」、すなわち姉妹館であることを意味するが、単独で展開している地区も存在する。

北海道
東北
関東
近畿
九州・沖縄
  • ホテルモントレ長崎:1997年4月開業(ポルトガル
  • ホテルモントレ ラ・スール福岡:2003年6月開業(ベルギー
  • ホテル モンテ エルマーナ福岡:2017年3月1日開業(フランス・ボルドー[2]
  • ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート:2013年6月開業(イギリス)

営業を終了したホテル編集

  • ホテルモントレ グラスミアハウス:大阪市北区。1996年4月開業、2009年3月31日閉館(英国・グラスミア)
    後継ホテルとして「ホテルモントレ グラスミア大阪」が大阪市浪速区に開業。建物は取り壊されたのち、上記の「ホテルモントレ ル・フレール大阪」が開業予定。
  • ホテルモントレ山王:東京都大田区。1986年4月開業、2011年6月30日閉館(スペイン
    ホテルモントレの1号館だった。建物は解体され、マンション「ザ・山王タワー」が建設された。
  • ホテルモントレアマリー:兵庫県神戸市。1992年7月開業、2015年3月31日閉館(デンマーク)
    建て替えの上、上記の「ホテル モンテ エルマーナ神戸 アマリー」として再開業。
  • ホテルモントレ神戸:1989年10月開業、2017年12月31日閉館(北イタリア
    山王に次ぐ2号館として開業。建物は解体され、隣接地にアパホテルが2019年秋に開業予定。

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集