メインメニューを開く

ホテル・ハイビスカス』は、仲宗根みいこ漫画、またそれを原作とした中江裕司監督による映画作品。

概要編集

1980年代の沖縄を背景に、架空の民宿であるホテル・ハイビスカスを営む一家を中心とした家族や人々の日常と心のふれあいを描く。1986年から1998年にかけて『コミックモーニング』、『ビッグコミック増刊号』、『コミックトム』などの雑誌で不定期に連載された。独特の風習や伝承、戦争の記憶や基地との関わりの歴史などが沖縄出身の作者ならではの視点で描かれており、沖縄の言葉がふんだんに使用されているのも特徴である。

単行本リスト編集

  • ホテル・ハイビスカス (1) - (2) (講談社 モーニングKC 谷上みい子名義 絶版)
  • ウチナーンチュ ホテル・ハイビスカスの人々(1) (潮出版社 希望コミックス 仲宗根ミーコ名義 絶版)
  • ホテル・ハイビスカス (1) - (4) (ボーダーインク)
  • ホテル・ハイビスカス 新装版 (新潮社

映画編集

2002年の作品。映画では戦争や差別、国籍の問題など、家族や沖縄の抱えるネガティヴな側面はばっさりと切り捨てられ、主人公の美恵子を中心とした明るいコメディタッチの作品となっている。物語の舞台となる旅館「ホテル・ハイビスカス」のロケ地は、名護市辺野古にある日蓮宗法華道場が使用された。

ストーリー編集

ホテル・ハイビスカスは一泊4千円のところ、今なら沖縄料理付きで3千円。お客さんが泊まれる部屋はひとつだけ。ホテルを営んでいるのは腕白でお転婆な小学校3年生の美恵子をはじめ、バーで働きながら一家を支えている美人の母ちゃん、三線ビリヤードが得意な父ちゃん、黒人とのハーフのケンジにぃにぃ、白人とのハーフのサチコねぇねぇ、そしてくわえタバコのおばぁ。美恵子は今日も忙しく、親友ガッパイとミンタマーを引き連れて、森の精霊キジムナーを探しに出発するのだった……

主なキャスト編集

主なスタッフ編集

外部リンク編集