メインメニューを開く

ホテル青森(ホテルあおもり)は、青森県青森市の中心部にある国際興業系列のホテルである。

ホテル青森
ホテル青森
ホテル青森
ホテル概要
正式名称 ホテル青森
設計 堀池秀人都市・建築研究所
施工 熊谷組
運営 株式会社ホテル青森
所有者 国際興業
階数 地下1階 - 地上17階
部屋数 155室
敷地面積 7094 m²
延床面積 31302.00 m²
開業 1967年
最寄駅 JR青森駅新青森駅(新幹線)
最寄IC 東北自動車道 青森IC
所在地 〒030-0812
青森県青森市堤町一丁目1番23号
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

目次

概要編集

日本銀行青森支店長だった吉田満の提唱によって、ホテル建設計画が持ち上がり、地元財界と青森市などの出資によって県都のモデルホテルとして建設され、1967年12月に地上6階、客室57室で開業[1][2]昭和天皇をはじめ明仁上皇上皇后美智子今上天皇皇后雅子の天皇家三世代のほか、各宮家の人々を迎えてきた[3][注 1]。また高松宮宣仁親王が名誉株主となるなど青森の迎賓館的役割を目指していた。

1977年青森国体開催を機に客室96室に増築されるが[1]、ホテル経営のノウハウに乏しく、これに増築などの過剰設備投資が加わり、累積欠損が増大した。このため、大株主であった青森銀行が株主たちを取りまとめ、国際興業に譲渡を申し入れ[3]1986年4月1日付で、国際興業が全株式を取得し完全子会社とした[2]

1989年4月、全面改築するために、同じグループである花巻温泉株式会社と合併。同時にホテル運営会社としてホテル青森が新発足した。 1992年5月、地下1階、地上17階の建物が完成、新装開業した。総工費は155億円[4]。改築されたホテル青森は、県内においてアスパムに次いで二番目に高い建物となった(塔や橋を除く)。

2004年に同グループのKyo-ya Japan Investment Co.,Ltd.(キョウヤ・ジャパン・インベストメント・カンパニーリミテッド)[注 2]所有権が移った。

2013年より国際興業が直接保有している。

国際会議も開催可能な大宴会場を備えるほか、レストラン、カフェ、美容室、写真館、チャペル、神殿等も併設され、あらゆるニーズに応えられるよう設計されている。また、ブライダル関連の設備・サービスも充実している。1階カフェレストラン「スワン」で開催されるバイキング形式の朝食は好評を博しており、新聞のコーナー記事内でも紹介された事がある[5]

都市型ホテルには珍しく、数室ではあるが和室も備えており、茶室を持った和室スイートも存在する。洋室のスイートルームは3タイプ4室あり、125㎡のロイヤルスイートにはプライベート・バーが備えられている。館内にはさまざまな絵画が展示されているが、5階ロビーには奈良岡正夫による青森の四季を表した作品四点が飾られている。展示用の案内板の説明文には、現在の建物が完成した記念にこのホテルのために描かれたものである旨の記載がある。

客用エレベーターは17階までだが、実は18階にクラブが存在する。元々は会員制のクラブとして計画されたが、実際には会員制クラブとしては利用されず、結婚式の二次会場など一般に開放されている。

2011年、ホテル青森などが中心となり県内7つの観光関連の企業・団体で「あおもり冬活会議」を設立[6]。「角巻き(かくまき)」を青森の冬の観光資源にしようとする動きが見られる[7]

施設編集

  • 客室 155室
  • 宴会場 6室
  • 楽屋 2室
  • 会議室 3室
  • VIPルーム 1室
  • 料亭 3室
  • 洋個室 2室
  • 美粧室 3室[注 3]
  • 神殿
  • チャペル
  • 写場
  • カフェ/レストラン 3店舗[注 4]
  • BAR 1店舗
  • クラブ 1店舗
  • 売店 1店舗
  • テナント 2店舗[注 5]
  • ブライダル受付用サロン 1店舗
  • 駐車場

アクセス編集

  • 青森駅東口よりタクシーにて約10分及びあおもりシャトルdeルートバスねぶたん号(青森観光バス)右回りコース(青森駅⑦番乗り場)より約15分。ホテル青森前下車。
  • 新青森駅よりタクシーにて20分及びあおもりシャトルルートバスねぶたん号(右回りコース東口③乗り場。約35分。※但し18時53分発除く 左回りコース南口①乗り場。約45分程)でホテル青森前下車。玄関内にバス停がある。
  • 東北自動車道 青森ICより車で15分
  • 青森空港よりタクシーで30分。バス(JRバス東北)で新町2丁目下車後タクシーで5分。

脚注編集

[ヘルプ]

編集

  1. ^ 昭和天皇と今上天皇、皇后は1977年あすなろ国体(第32回国民体育大会)開催時に、徳仁親王と同妃雅子は1997年の第21回全国育樹祭で宿泊している。また徳仁親王は2011年に平成23年度全国高等学校総合体育大会でも宿泊している。
  2. ^ かつてアメリカ・ハワイ州のホノルルで「モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ」「シェラトン・プリンセス・カイウラニ」「ロイヤル・ハワイアン」「シェラトン・ワイキキ」など複数のホテルを経営する京やの日本法人であった。正式名称はKyo-ya Japan Investment Co.,Ltd.東京支店。本店の屋号は、かつてハワイで経営するレストランの名前でもあったが、レストランは2007年3月31日に閉店している。
  3. ^ 通常の美容室ではなく婚礼専用を目的としている為、一般の利用は制限されている。
  4. ^ 最上階レストランは基本的に昼の営業のみ。それ以外は多目的ホールとして主に使用されている。
  5. ^ フラワーショップ「中村生花店(花のなかむら)」、ウェディングドレスショップ「FOUR SIS & CO.(フォーシスアンドカンパニー)」が出店中。

出典編集

  1. ^ a b 『国際興業五十年史』p.369
  2. ^ a b 「国際興業 ホテル青森買収 累積赤字・従業員引き継ぐ」『日経産業新聞』1986年4月8日
  3. ^ a b 『国際興業五十年史』p.176
  4. ^ 「ホテル青森が全面改築 きょうから営業中止 平成4年6月再開」『日本経済新聞』1989年9月1日
  5. ^ 2013年4月13日付日本経済新聞NIKKEIプラス1 何でもランキング「ホテルで楽しむ優雅な朝食」第6位。
  6. ^ “青森の冬の観光「角巻き」で熱く 地元団体がリメーク(東奔北走)”. 日本経済新聞. (2018年10月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36983790W8A021C1L01000/ 2019年5月5日閲覧。 
  7. ^ “あおもり冬活会議、デザイン角巻の新作発表”. 日本経済新聞. (2019年1月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40426040U9A120C1L01000/ 2019年5月5日閲覧。 

参考文献編集

  • 国際興業株式会社社史編纂室編『国際興業五十年史』 国際興業株式会社、1990年。
  • 「ホテル青森物語1」『財界あおもり 第45号』財界あおもり、2008年2月。
  • 「ホテル青森物語Part2」『財界あおもり 第46号』財界あおもり、2008年4月。
  • 週刊ホテルレストラン編集部編『日本ホテル年鑑2004年度版』オータパブリケイションズ。

関連項目編集

  • 花巻温泉 - 岩手県花巻市にある温泉。敷地内に多数の系列ホテル・旅館がある。
  • 甲府記念日ホテル (旧称:甲府富士屋ホテル)- 甲府市湯村温泉にある同系列だったホテル。設計者が同じでよく似た外観を持っている。

外部リンク編集