メインメニューを開く

ホテル」は、なかにし礼・作詞、浜圭介・作曲による日本歌謡曲。この曲は各社競作で、当初から複数の歌手によるバージョンがシングル盤としてリリースされた。元々歌詞の主人公は女性であるが、おもに男性歌手によって歌われることが多い。

ホテル
立花淳一シングル
B面 泣いて人妻
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル テイチク
作詞・作曲 なかにし礼浜圭介
テンプレートを表示
ホテル
島津ゆたかシングル
B面 ホテル(カラオケ)
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル キングレコード
作詞・作曲 なかにし礼浜圭介
ゴールドディスク
第18回日本有線大賞有線音楽賞(1985年)
テンプレートを表示
ホテル
森本英世シングル
B面 浮気ならいいわ
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 なかにし礼浜圭介
テンプレートを表示

1984年に発売された立花淳一のバージョンが80万枚を越える最大のヒット作となったとされるが、1985年には、島津ゆたか森本英世のバージョンも発売され、それぞれ一定の成功を収めた[1]。特に島津にとっては、この曲はヒット曲[2]、代表曲と見なされている[3]。さらに、島津は1985年の 第18回日本有線大賞においてこの曲で有線音楽賞を受賞しており[4]、この曲の代表的な歌手として扱われている[5]

女性歌手による歌唱としては、シングル化はされていないが、テレサ・テンによるものがある[6]

2012年から、福山雅治のラジオ番組『福山雅治のSUZUKI TALKING F.M.』のコーナー「Hotel de 福山」のテーマ曲として、島津のバージョンが用いられるようになった。

出典・脚注編集

  1. ^ “【あの人は今こうしている】20歳年上の五月みどりさんとの電撃結婚が印象深い立花淳一さん”. 日刊ゲンダイ. (2012年5月7日). http://gendai.net/articles/view/geino/136435 2013年10月16日閲覧。 
  2. ^ 原 (1986年3月28日). “「ホテル」のヒットの勢い続く 島津ゆたか”. 読売新聞・夕刊: p. 11  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  3. ^ 「ホテル」は、2006年に廉価盤CDで出された全曲集の副題にもなっている。
  4. ^ 有線音楽賞の受賞者”. キャンシステム. 2013年10月16日閲覧。
  5. ^ 1987年第2四半期の著作権使用料配分額によるカラオケのランキングに言及した読売新聞の記事では、この曲は島津の曲として扱われている。:“忘年会シーズンはカラオケ繁忙期 著作権料の微収めぐる攻防も白熱”. 読売新聞・夕刊: p. 8. (1987年12月10日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  6. ^ テレサ・テン LOVER’S 〜18のラブストーリー〜 黄昏のひととき、あなたを想う”. UNIVERSAL MUSIC LLC. 2013年10月16日閲覧。