メインメニューを開く

ホライゾン航空

西アメリカのリージョナル航空

ホライゾン航空( -こうくう、: Horizon Air)は、アメリカ合衆国アラスカ航空グループの航空会社である。アラスカ航空は、おもに、100席以上の旅客機を運用するのたいして、ホライゾン航空は、100席以下の旅客機を運用している。両社のネットワークは、相補的関係にある。カナダアメリカ合衆国の小都市と大都市のハブ空港を結ぶ便を、多く就航している。

ホライゾン航空
Horizon Air Logo.png
IATA
QX
ICAO
QXE
コールサイン
Horizon Air
設立 1981年
ハブ空港 ポートランド国際空港
シアトル・タコマ国際空港
ロサンゼルス国際空港
マイレージサービス Mileage Plan
会員ラウンジ Board Room
保有機材数 55機
就航地 51都市
親会社 Alaska Air Group
本拠地 ワシントン州シアトル
代表者 Jeff Pinneo (CEO)
外部リンク http://www.horizonair.com/
テンプレートを表示

保有機材は、長い間スウェリンジェン・メトロ(19席、Swearingen Metroliner)のターボプロップ機を中心に保有し、数少ないジェット機としてフォッカー F28を運航していたが、2001年を最後に保有する全てのジェット旅客機をボンバルディア CRJ700に更新した。なお、以前運航されていたQ300型機は全てQ400型機へ更新されている。

保有機材編集

ホライゾン航空の機材は以下の航空機で構成される(2018年8月現在):

事件・事故編集

  • 2018年8月10日、シアトル・タコマ国際空港からボンバルディア DHC-8-Q400(N449QX)が無許可で離陸し、しばらく低高度を飛行したのちに、ワシントン州ケトロン島に墜落した。乗客は乗っておらず、操縦していた男性が死亡した。地元の報道局によると、整備士の男性が自殺を試みたとみられている。これにより、F-15戦闘機がスクランブル発進するなどの事態になった[1][2]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集