ホランド男爵 (グレートブリテン貴族)

ホランド男爵英語: Baron Holland)は、かつて存在したグレートブリテン貴族男爵位。

ホランド男爵フォックス家の紋章

ホイッグ党の政治家ヘンリー・フォックス1763年に叙された「フォックスリーのホランド男爵」とその妻キャロライン1762年に叙せられた「(ホランドの)ホランド男爵」の2つがある。両爵位とも2代目以降同じ人物に継承されたが、1859年に継承者が絶えて廃絶した。

歴史編集

ヘンリー・フォックス(1705–1774)は、1735年ホイッグ党庶民院議員に初当選して政界入りし、やがて庶民院の指導的政治家となり、大ピットと栄達を争って庶民院院内総務などの閣僚職を歴任した人物である[1][2]。そして1763年4月17日にはグレートブリテン貴族爵位「ウィルトシャー州におけるフォックスリーのフォックスリーのホランド男爵(Baron Holland of Foxley, of Foxley in the County of Wiltshire)」に叙せられた[3][4][5]

彼が1744年に結婚した妻キャロライン(1723–1774)は、第2代リッチモンド公爵チャールズ・レノックス(1701-1750)の娘であり[3][6]、彼女も夫に先立つ1762年5月3日にグレートブリテン貴族爵位「リンカーン州におけるホランドのホランド女男爵(Baroness Holland, of Holland in the County of Lincoln)」に叙せられている[7]

ヘンリーとキャロラインの保有する2つのホランド男爵位は夫妻が1774年7月に相次いで死去した後に長男スティーヴン・フォックス(1747–1774)に継承されたが、彼も爵位継承から間もなくして死去している[3][8]。また夫妻の次男(スティーヴンの弟)であるチャールズ・ジェイムズ・フォックスはホイッグ党の中でも特に自由主義的な政治家としてイギリス政治史に名を残す人物である[2]

2代男爵スティーヴンの息子である3代ホランド男爵ヘンリー・フォックス(1773–1840)は、叔父チャールズの自由主義的見地を貴族院で代弁した人物で[9]、ホイッグ党内でオールドホイッグ(旧派ホイッグ)と呼ばれる改革派・左派派閥を率いた。そのため彼が当主をしている間、ホランド男爵家の邸宅ホランド・ハウスは改革派の重要な会合場所になっていた[10]。また彼は1800年に妻の姓を加えて「ヴァサール・フォックス(Vassall Fox)」と改姓している[11]

3代男爵の息子である4代男爵ヘンリー・フォックス英語版(1802–1859)には子供がなかったため、彼の死とともに両ホランド男爵位の継承者は絶えて廃絶した[3][12]

なお初代男爵ヘンリー・フォックスの兄スティーヴン・フォックス=ストラングウェイズ英語版(1704-1776)1756年イルチェスター伯爵英語版に叙されており[13]、このイルチェスター伯爵家は2016年現在まで存続している[14]

歴代当主一覧編集

(ホランドの)ホランド男爵 (1762年)編集

フォックスリーのホランド男爵 (1763年)編集

家系図編集

ホランド男爵フォックス家系図
 
 
 
 
 
 
 
 
イングランド王
チャールズ2世

(1630-1685)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代リッチモンド公
チャールズ・レノックス

(1672-1723)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スティーヴン・フォックス英語版
(1627–1716)
 
 
 
 
 
2代リッチモンド公
チャールズ・レノックス

(1701-1750)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イルチェスター伯英語版, 1756年
 
フォックスリーのホランド男爵, 1763年
 
ホランドのホランド女男爵, 1762年
 
初代イルチェスター伯
スティーヴン
フォックス=ストラングウェイズ
英語版

(1704–1776)
 
(フォックスリーの)初代ホランド男爵
ヘンリー・フォックス

(1705-1774)
 
(ホランドの)初代ホランド女男爵
キャロライン・フォックス

(1723-1774)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イルチェスター伯
フォックス=ストラングウェイズ家へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(ホランドの)2代ホランド男爵
(フォックスリーの)2代ホランド男爵
スティーヴン・フォックス

(1747-1774)
 
チャールズ・フォックス
(1749-1806)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(ホランドの)3代ホランド男爵
(フォックスリーの)3代ホランド男爵
ヘンリー・ヴァサール=フォックス

(1773-1840)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(ホランドの)4代ホランド男爵
(フォックスリーの)4代ホランド男爵
ヘンリー・フォックス
英語版

(1802–1859)
 
 
 
 
 
 
 
爵位廃絶
 
 
 

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 小松春雄 1983, p. 301-302.
  2. ^ a b 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 265.
  3. ^ a b c d Heraldic Media Limited. “Holland, Baron (GB, 1762 - 1859)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年8月4日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “Henry Fox, 1st Baron Holland of Foxley” (英語). thepeerage.com. 2016年8月4日閲覧。
  5. ^ "No. 10304". The London Gazette (英語). 12 April 1763. p. 6.
  6. ^ Lundy, Darryl. “Georgiana Carolina Lennox, Lady Holland, Baroness of Holland” (英語). thepeerage.com. 2016年8月4日閲覧。
  7. ^ "No. 10205". The London Gazette (英語). 1 May 1762. p. 6.
  8. ^ Lundy, Darryl. “Stephen Fox, 2nd Baron Holland of Foxley” (英語). thepeerage.com. 2016年8月4日閲覧。
  9. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 331.
  10. ^ 君塚直隆 1999, p. 52/60.
  11. ^ Lundy, Darryl. “Henry Richard Vassall Fox, 3rd Baron Holland of Foxley” (英語). thepeerage.com. 2016年8月4日閲覧。
  12. ^ Lundy, Darryl. “Henry Edward Fox, 4th Baron Holland of Foxley” (英語). thepeerage.com. 2016年8月4日閲覧。
  13. ^ Lundy, Darryl. “Stephen Fox-Strangways, 1st Earl of Ilchester” (英語). thepeerage.com. 2016年8月2日閲覧。
  14. ^ Heraldic Media Limited. “Ilchester, Earl of (GB, 1756)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年8月4日閲覧。


参考文献編集

関連項目編集