メインメニューを開く

ホリさまぁ〜ず

ホリさまぁ〜ずTBS2009年4月7日から2010年3月23日まで放送されていた深夜バラエティ番組。略称は「ホリさま」。2010年4月7日から後続番組『マルさまぁ〜ず』が放送された。

ホリさまぁ〜ず
ジャンル 深夜バラエティ番組
企画 大竹一樹
演出 水野達也
出演者 さまぁ〜ず
大竹一樹三村マサカズ
青木裕子(TBSアナウンサー)
ナレーター 小川はるか
逸見友惠
エンディング 下記を参照
プロデューサー 飯沼美佐子
各話の長さ 30分
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2009年4月7日 - 2010年3月23日
放送時間 火曜深夜(水曜未明)0:59 - 1:29
回数 全42
TBS「ホリさまぁ〜ず」

特記事項:
2009年9月までは、毎週火曜0:59 - 1:24(水曜未明)

目次

番組概要編集

1つのテーマを色んな角度からとことん掘り下げる徹底追及バラエティ。番組内でも触れているが番組名の「ホリ」とは“掘り下げる”の意味であり、さまぁ〜ずと同じ事務所の後輩・ホリのことではない。

後期の『神さまぁ〜ず』→『さまぁ〜ず式』に続いて前述の2番組の後継番組であり、大竹が全企画を担当している。そのため、番組名が変わっただけで内容は前の2番組と全くといっていいほど変わっていない(このことは番組内でもネタにされている。)。ミニ情報番組ビジネスクリック』が放送される影響で、開始当初は今までの放送時間から5分縮小されていた。しかし2009年10月より、『ビジネス〜』の放送時間が繰り上がる為に再び30分番組となった。ただし、一部のネット局ではCM放映時間を増やして開始当初より30分の放送にしているところもある。

『神さまぁ〜ず』→『さまぁ〜ず式』に続きハイビジョン制作番組だが、収録自体は画面アスペクト比4:3の標準画質で行われている為、地上デジタル放送では4:3画面の両側にこの番組のキャラクターを並べたサイドパネルが表示される形で放送された。

出演者の衣装は企画によって違う場合もあるが基本的には白色のつなぎ。つなぎのデザインはゴルフのマスターズのキャディをイメージしており、これは大竹が「掘り下げる」→「つなぎ」→「マスターズのキャディ」という風に発案したもの[1]。つなぎの下には長袖を着用しており、大竹が黄緑色、三村が赤色。また、つなぎの背中の部分には番号がプリントされており大竹が「000」、三村が「001」でゲスト出演者には、それ以降の数字があてられている。

2009年8月放送分については、世界陸上中継や単発特番の影響で同月26日の1回のみの放送となった。

出演者編集

準レギュラー(中堅芸人)編集

準レギュラーとして起用されるのは芸歴15年前後の中堅芸人。大竹の提案で『神さまぁ〜ず』→『さまぁ〜ず式』と同様、1回の企画で呼ばれるのはコンビの片方がほとんど(コンビで出演したのはバナナマン、おぎやはぎ、ブラックマヨネーズのみ)。これは少人数でやったほうが面白いのと、コンビのお約束芸に入り込むのを避けるため。ピンになると独自の笑いにならざるを得ず、コンビでは見られない新たな能力が開発できる、と大竹は語っている。[2]特にこの番組のスタイルを熟知しているバナナマン、ブラックマヨネーズ、有吉弘行の3組をローテーション的に起用している。

放送リスト編集

回数 放送日(TBS) 内容 ゲスト その他出演者
第1回 2009年4月7日 三村マサカズを掘り下げる
『三村マサカズ観測隊』
設楽統
中川剛中川家
第2回 2009年4月14日 達成感を掘り下げる
『出来た人だけシャンパンファイト』
板倉俊之
後藤輝基
第3回 2009年4月21日 MCを掘り下げる
『ギャルの好奇心アゲアゲQ』
日村勇紀
吉田敬
第4回 2009年4月28日
第5回 2009年5月12日 怖い話を掘り下げる
『アイドルびっくり ドーン!ボウリング』
設楽統
小杉竜一
有村亜加里 飯田順子 石原あゆみ 伊藤ゆみ 江田めぐみ 加藤アリス 川村えな 佐伯みなみ 佐々木あやめ 末永桂子 高田奈保 高橋りか
遠藤玲央奈 永瀬はるか 蜂矢有紀 槙原あこ 松中みなみ 松本るみ 眞野まりあ 間宮レイナ
第6回 2009年5月19日
第7回 2009年05月25日 勝負運を掘り下げる
『みんなで役満!落とさずロン!』
日村勇紀
市原隼人
城田優
五十嵐隼士
黒沢かずこ森三中
第8回 2009年6月2日 コンビを掘り下げる
『コンビ対決 男気スポーツNo.1選手権』
バナナマン 岡安章介(ななめ45°
第9回 2009年6月9日 MCを掘り下げる
『ギャルの好奇心アゲアゲQ』
山里亮太
小木博明
第10回 2009年6月16日 ときめきを掘り下げる
『リンリンクイズ 俺たち出会い隊』[3]
岩尾望
吉田敬
琴葉マリア 華彩なな
第11回 2009年6月23日 ガヤで盛り上げろ!『ショーパブ有吉』 小杉竜一
設楽統
イジリー岡田 有吉弘行
相多愛 華彩なな
第12回 2009年6月30日 女の気持ちを掘り下げよう
『あの子の笑顔を取り戻せ!ザ・チェンジマン』
小杉竜一
後藤輝基
第13回 2009年7月7日 バックボーンを掘り下げろ!
『創作美談の会』
設楽統
有吉弘行
れいな 原愛実 さとう珠緒
第14回 2009年07月14日 女の気持ちを掘り下げよう
『あの子の笑顔を取り戻せ!ザ・チェンジマン2』
吉田敬
山崎弘也
小暮あき 桜井つばさほか
第15回 2009年7月21日 吉田の誕生日会を掘り下げる
『ズッコケ椅子引きパーティー』
吉田敬
山崎弘也
小木博明
村岡沙耶香 美咲亜矢ほか
第16回 2009年7月28日
第17回 2009年8月25日 コンビ愛を深める『有吉ツアー』 有吉弘行
おぎやはぎ
ブラックマヨネーズ
第18回 2009年9月1日 有吉ツアー『チャモロぴったりランクイン』
第19回 2009年9月8日 有吉ツアー『男気水泳大会』
第20回 2009年9月15日 ナンパを掘り下げる『ネガティブナンパ隊』 山里亮太
小杉竜一
第21回 2009年09月22日 ダジャレを掘り下げる
『ダジャレが上手いのはダレジャ?』[3]
岩尾望
有吉弘行
フォーエバー近藤沙織 滝野エリカ
The マッシュ 古池由希
第22回 2009年10月13日 『クイズ辛口食堂』 設楽統
小杉竜一
第23回 2009年10月20日 『今夜決定!!自作自演ハプニング ベスト10』 後藤輝基
吉田敬
第24回 2009年10月27日
第25回 2009年11月3日 ダジャレを掘り下げる
『ダジャレが上手いのはダレジャ?』[3]
日村勇紀
吉田敬
ゲンカツ・キムカツ鈴木麻友美 岡明子
クラップ・スタイル安田志穂
第26回 2009年11月10日 怖い話を掘り下げる
『アイドルびっくり ドーン!ボウリング』
有吉弘行
吉田敬
前川奈津巴 新井花菜 原愛実 黒木美早
相澤奈美 永野間美咲 鈴木小百合 水崎綾
愛萌 仲村美香 渋木美沙 鍛冶谷恵美
安藤あいか 吉田桃子 白川桃 平川舞弥
瀬戸ありさ 浅倉結希 瀬名ひとみ 山城理恵
第27回 2009年11月17日 『時間よ止まれ! アートフェスティバル3』[4] 小杉竜一
長澤まさみ[5]
第28回 2009年11月24日
『言いだしっぺは勝たねばパーマ商店街』[6] 設楽統
吉田敬
第29回 2009年12月1日
第30回 2009年12月8日 『新体操で1点取れたら帰れるワン』 有吉弘行
山根良顕アンガールズ
日本女子体育大学新体操部員
大貫友梨亜
(2009年世界選手権代表選手)
中津裕美
(2009年オリンピック強化選手)
第31回 2009年12月15日 ダジャレを掘り下げる
『ダジャレが上手いのはダレジャ?』[3]
板倉俊之
若林正恭オードリー
岡山紋子 坂本恵美 黒田早希 熊谷依子
第32回 2010年1月12日 『三村を倒せ!なぞなぞ野球拳』 小杉竜一
山里亮太
田中涼子 深澤ゆうき 相澤奈美 相多愛
鍛治谷惠美 川村えな 木下愛未 恋花
瀬長奈津実 平川舞弥
第33回 2010年1月19日 『言いだしっぺは勝たねばパーマショッピングセンター』[6] 吉田敬
後藤輝基
井森美幸
第34回 2010年1月26日
第35回 2010年2月2日 『新体操で1点取れたら帰れるワン』 有吉弘行
日村勇紀
日本女子体育大学新体操部員
大貫友梨亜
(2009年世界選手権
個人日本代表選手)
浅沼圭
(2009年全日本体操選手権大会
種目別ロープ第3位)
第36回 2010年2月9日
第37回 2010年2月16日 『なぞなぞ野球拳 頂上決戦』 小杉竜一
山里亮太
田中涼子 深澤ゆうき 愛野玲奈 相多愛
鍛治谷惠美 川村えな 松島瑠美 月丘ヒカル
瀬長奈津実 平川舞弥
第38回 2010年2月23日
第39回 2010年3月2日 女の気持ちを掘り下げよう
『あの子の笑顔を取り戻せ!ザ・チェンジマン3』
小杉竜一
山崎弘也
富沢恵莉 平山藍里 高橋由衣
永瀬麻帆 朝弓紗名
第40回 2010年3月9日 『女性の本音をアテレコ・ドン!』 小木博明
山崎弘也
富沢恵莉 深澤ゆうき 田中涼子 平山藍里
阿倍リアナ 桐野澪 栗山ゆうみ 黒田亜里沙
榊原愛佳 白澤まゆか 鈴木咲 鈴木小百合
瀬戸麻楡 花清まゆこ 高橋明日香
高橋由衣 中田成美 永野間美咲
第41回 2010年3月16日 『お笑いセンス共通隊』 吉田敬
岩尾望
最終回 2010年3月23日 『ノーベルト引越し隊』[6] 小杉竜一
有吉弘行
平山藍里

企画編集

三村マサカズ観測隊編集

出来た人だけシャンパンファイト編集

ギャルの好奇心アゲアゲQ編集

ギャルのハートをグッと掴むような「ためになる問題」を作成し、その問題をクイズ番組のMCになりきって出題し、番組を大いに盛り上げる企画。

アイドルびっくり ドーン!ボウリング編集

みんなで役満!落とさずロン!編集

男気コンビ決定戦編集

さまぁ〜ずとバナナマンのどちらが男気のあるコンビかスポーツで争う企画。男気あるコンビを目指し意地を張り合い、相方にハンデを付け合う(例、「手足を縛りながらドッジボールをする」など)。

ショーパブ有吉編集

とにかく出し物がヒドい謎のお店「ショーパブ有吉」が突如オープンした。有吉店長にガヤで面白くして欲しいと頼まれたメンバーは、用意された数々のヒドいショーを気の利いたガヤで盛り上げる企画。

あの子の笑顔を取り戻せ!ザ・チェンジマン編集

アイドルたちに泣けるVTRを見て号泣してもらい、泣いた直後、笑顔にチェンジさせるというド直球のお笑い企画。

創作美談の会編集

ズッコケ椅子引きパーティー編集

ブラマヨ吉田の誕生日をお祝いするため、業界で言うところの「座る直前のイス引き」をして、主役をおいしくしようというハッピードッキリ企画。

ダジャレが上手いのはダレジャ?編集

商品のPRにやってきた企業戦士の前でダジャレを連発させる企画。毎回下ネタやダジャレとは全く関係ないボケも多発する。

ホリさま有吉ツアーinグアム編集

  • 第一週「コンビ親善ツアー」
  • 第二週「チャモロぴったりランクイン」
  • 第三週「男気水泳大会 in グアム」
    • グアムでボケチームとツッコミチームの男気を賭けて、味方にハンデを付けさせ意地を張り合う企画。

ネガティブナンパ隊編集

クイズ辛口食堂編集

今夜決定!!自作自演ハプニングベスト10編集

商店街でハプニングBEST10を発表する企画。しかし、ハプニングは自分で考え自分で演じる自作自演で発表していく。順位ごとに挑戦者をカードで決定し、その順位なりのハプニングを起こさなければならない。

時間よ止まれ!アートフェスティバル編集

言いだしっぺは勝たねばパーマ商店街編集

商店街にある物で思いつきのゲームを提案し合い、言いだしっぺ(提案者)が勝てば3ポイント、逆に言いだしっぺが負けてしまうと他のメンバーに1ポイントずつが加点される。最終的にポイントが一番低い人が、罰ゲームとしてパンチパーマをあてられてしまう。

新体操で1点取れたら帰れるワン編集

  • 斬新な企画として業界からも高い反響を呼んだ他、読売新聞の2010年1月3日号のコラムで紹介されるなど絶賛された。
  • 企画名がテレビ朝日系のバラエティ番組『お試しかっ!』の「帰れま10」をパクっていると番組冒頭でネタにされた。

なぞなぞ野球拳編集

言いだしっぺは勝たねばパーマショッピングセンター編集

女性の本音をアテレコ・ドン!編集

お笑いセンス共通隊編集

ノーベルト引越し隊編集

DVD編集

スタッフ編集

  • 企画:大竹一樹
  • 構成:大井洋一、山内正之、成瀬正人、如月聖也
  • ナレーション:小川はるか(第1回 - 第21回)→逸見友惠(第22回 - 最終回)
  • TP:田熊克二
  • カメラ:松井光太郎
  • 音声:吉永哲也
  • VE:白波孝大
  • メイク: 田沢智美
  • スタイリスト:高村純子
  • 編集:橘本逸人
  • MA:天谷馬直男
  • 音効:村松聡(佳夢音
  • 技術協力:八峯テレビアンサーズ
  • 美術協力:TACreate
  • 宣伝:新名英子
  • AP:久田誠司
  • ディレクター:塩谷泰孝、高田直、伊達和輝、福永勇樹
  • 演出:水野達也
  • プロデューサー:飯沼美佐子
  • 制作:G-yama
  • 製作:TBS

ネット局と放送時間編集

現在のネット局編集

放送対象地域 放送局 放送日時 備考
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) 火曜 24:59 - 25:29 制作局
北海道 北海道放送(HBC) 水曜 24:26 - 24:56[7] 36日遅れ
熊本県 熊本放送(RKK) 火曜 24:34 - 25:04 21日遅れ[8]
宮城県 東北放送(TBC) 金曜 24:20 - 24:50 [9]

過去のネット局編集

放送対象地域 放送局 備考
山梨県 テレビ山梨(UTY) 木曜24:35 - 25:05に放送
開始時期、終了時期ともに不明
中京広域圏 中部日本放送(CBC) 月曜 24:29 - 24:59[10]に20日遅れで放送
2009年4月27日〜2009年10月19日に放送
新潟県 新潟放送(BSN) 木曜 25:09 - 25:34に放送
2009年4月に放送開始、終了時期不明

備考編集

  • CBCでは、2009年6月3日より再放送も放送していたが(水曜 10:55 - 11:20)、ネット打ち切りに伴い再放送も終了した。
  • HBCでは、8月の放送が無く、2009年9月4日放送分は第15回を放送し、実質的に45日遅れの放送となった。
  • 愛媛県あいテレビでは『タイノッチ』の放送がない時に数度放送されている。

エンディングテーマ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “コソコソ…その1”. TBS「ホリさまぁ〜ず」AD香西のコソコソ日記. (2009年4月21日). http://www.tbs.co.jp/hori_summers/di090421.html 
  2. ^ QuickJapan vol.93 インタビュー記事より
  3. ^ a b c d 前身番組『さまぁ〜ず式』で行われていた企画。
  4. ^ 前身番組『神さまぁ〜ず』で行われていた企画。ルール説明の際に『神さま』時代の映像が少し流れた。
  5. ^ 主演映画曲がれ!スプーン』(本広克行監督)の宣伝のために出演。長澤が出演することは三村と小杉には知らされておらず、オープニングトークの際に突然長澤が登場するという2人へのドッキリが仕掛けられた。
  6. ^ a b c 前身番組『神さまぁ〜ず』で行われていた企画。
  7. ^ 2009年10月までは、金曜 24:29 - 24:59に放送(11日遅れ)。
  8. ^ 2009年4月28日放送開始。
  9. ^ 2010年4月5日 23:50〜24:25に2009年11月3日放送分、2010年5月24日 23:50〜24:25に2009年12月1日放送分、2010年7月21日 23:50〜24:25に2010年3月9日放送分が放送された。あらびき団の穴埋め番組として放送されたが、2010年8月13日〜9月24日まで笑撃!ワンフレーズが木曜21:00に時間移動したのに伴いレギュラー化された。2010年10月より再び不定期放送となる。2010年12月6日で放送終了。
  10. ^ 2009年10月は、「バース・デイ」の同時ネット移行に伴い、月曜 25:04 - 25:29に放送。

外部リンク編集

「AD香西のコソコソ日記」もこのページ内に内包されている。
TBS 火曜深夜(水曜未明)0:59 - 1:24
前番組 番組名 次番組
ホリさまぁ〜ず
TBS 火曜深夜(水曜未明)1:24 - 1:29
  • 0:29 - 0:34に繰り上げて継続
ホリさまぁ〜ず
けいおん!!
(1:25 - 1:55)