メインメニューを開く
ホリア・シマ

ホリア・シマ(Horia Sima、1907年7月3日 - 1993年3月25日)は、ルーマニア王国政治家。ルーマニアの民族主義団体鉄衛団の指導者。

経歴編集

オーストリア=ハンガリー帝国トランシルヴァニア出身。弁護士で鉄衛団の幹部だったが、1938年に党首のコルネリウ・コドレアヌ以下主だったメンバーが死亡したことにより指導者となり、1940年にはイオン・アントネスクと連携を組んで政権を奪取し、副首相となった。

しかし、鉄衛団は旧政権の閣僚やユダヤ人を虐殺するなど暴走を始め、シマはそれを押さえ切れなかった。そのあまりの苛烈ぶりからアントネスクにも距離を置かれるようになり、やがて、鉄衛団が先導したクーデターを口実に逆に政権から鎮圧・排除された。敗れたシマは部下とともにドイツへ逃亡した。

その後一時期、ブーヘンヴァルト強制収容所に収容されていたが1944年にルーマニアが連合軍に降伏するとウィーンで亡命政権をつくり、スイス経由でスペイン亡命した。それからの消息は長らく不明だったが1993年にマドリードで死去した。

外部リンク編集