メインメニューを開く

ホリオン・グレイシー(Rorion Gracie、[ˈhɔːri.ɒn ˈɡræs]1952年 - )は、ブラジリアン柔術の選手、指導者。グレイシー一族の一員(エリオ・グレイシーの長男[1])であり、UFC (Ultimate Fighting Championship) の創始者。全世界でもごく少数しかいないブラジリアン柔術の9段赤帯の保持者だが[2]、これは2003年10月27日に父から直々に昇段を認められたものである。

ホリオン・グレイシー
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1952-01-10) 1952年1月10日(67歳)
出身地 ブラジルの旗 リオデジャネイロ州の旗 ブラジルリオデジャネイロ州
バックボーン ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

ホリオンは映画『リーサル・ウェポン』のためにメル・ギブソンにブラジリアン柔術を教えた[3]

ホリオンは法学士の学位をもっている。1999年から2000年にかけて、従兄弟のカーリー・グレイシーを相手取って商標権侵害をめぐり法廷で争った。ホリオンは最終的にこの裁判に勝訴し、三角形のロゴの商標権を侵害したとして賠償金108,000ドルと弁護士費用620,000ドルをカーリーに支払わせたが、陪審団は「グレイシー柔術 (Gracie Jiu-Jitsu)」という名称についてホリオンが連邦法上有効な商標権をもっていないとする、カーリーに有利な認定を下した[4]

UFCの選手であるハビエル・バスケスの義父である。

アメリカにブラジリアン柔術の武者修行にやってきた平直行を指導したが「敵に塩を贈るわけにはいかない」という理由で基本的な護身術を教えただけで帰ってもらった[5]

雑誌『Black Belt』で2006年の Instructor of the Year に選ばれた[6]

ホリオンは2011年に『The Gracie Diet Book』を刊行した。この本はグレイシー一族の驚異的な健康、長寿、グレイシー柔術における成功の陰にある食への戦略を明らかにしたものである[7]

出典・脚注編集

  1. ^ Gracie Jiu-Jitsu Academy >> Generations >> Rorion Gracie. URL accessed on April 8, 2006.
  2. ^ Rorion Gracie Archived 2015年9月24日, at the Wayback Machine.. URL last accessed on April 8, 2006.
  3. ^ Active Interest Media, Inc. (June 1992). Black Belt. Active Interest Media, Inc.. pp. 11–. ISSN 0277-3066. http://books.google.com/books?id=-M8DAAAAMBAJ&pg=PA11 2011年6月4日閲覧。. 
  4. ^ CARLEY GRACIE et al. v RORION GRACIE et al. - Docket Numbers 98-15672, 98-16386 Archived 2009年5月22日, at the Wayback Machine. - United States Court of Appeal for the Ninth Circuit
  5. ^ 平直行『平直行の格闘技のおもちゃ箱』(2006年、福昌堂)pp.136-139. ISBN 4892247979
  6. ^ Horwitz, Raymond (2011年3月20日). “Rorion Gracie: 2006 Instructor of the Year”. Cruz Bay Publishing, Inc.. 2013年6月11日閲覧。
  7. ^ Gracie Diet”. Gracie Food Groups. 2013年6月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集