メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルファーロ第二姓(母方の)はブエルバズです。

ホルヘ・マリオ・アルファーロ・ブエルバズJorge Mario Alfaro Buelvas, 1993年6月11日 - )は、コロンビアスクレ県シンセレホ出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBマイアミ・マーリンズ所属。愛称はスペイン語を意味するエル・オソEl Oso[1]

ホルヘ・アルファーロ
Jorge Alfaro
マイアミ・マーリンズ #38
Jorge Alfaro Bullpen.jpg
フィリーズ時代(2018年5月24日)
基本情報
国籍  コロンビア
出身地 スクレ県シンセレホ
生年月日 (1993-06-11) 1993年6月11日(26歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 2010年 アマチュアFA
初出場 2016年9月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム コロンビアの旗 コロンビア代表
WBC 2017年

目次

経歴編集

プロ入りとレンジャーズ傘下時代編集

2010年1月19日にテキサス・レンジャーズと契約してプロ入り。契約後、傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・レンジャーズでプロデビュー。48試合に出場して打率.221、1本塁打、23打点、1盗塁を記録した。

2011年はA-級スポケーン・インディアンス英語版でプレーし、45試合に出場して打率.300、6本塁打、23打点、1盗塁を記録した。

2012年はA級ヒッコリー・クロウダッズでプレーし、74試合に出場して打率.261、5本塁打、34打点、7盗塁を記録した。

2013年はA級ヒッコリーでプレーし、104試合に出場して打率.258、16本塁打、53打点、16盗塁を記録した。6月にはサウス・アトランティックリーグのオールスターゲームに選出され[2]オールスター・フューチャーズゲームにも選出された[3]が、怪我で出場を辞退した。8月31日にA+級マートルビーチ・ペリカンズへ昇格し、3試合に出場した。

2014年はまずA+級マートルビーチでプレーし、100試合に出場して打率.261、13本塁打、73打点、6盗塁を記録した。6月にはカロライナリーグのオールスターゲームに選出され[4]、2年連続でオールスター・フューチャーズゲームにも選出された[5]。8月にAA級フリスコ・ラフライダーズへ昇格した。AA級フリスコでは21試合に出場して打率.261、4本塁打、14打点を記録した。オフの11月20日にレンジャーズとメジャー契約を結び[6]40人枠入りした。

2015年6月に足首を故障した。

フィリーズ時代編集

2015年7月31日にコール・ハメルズジェイク・ディークマンとのトレードで、マット・ハリソンニック・ウィリアムズジェイク・トンプソンジェラッド・アイコフアレク・アッシャー英語版と共にフィラデルフィア・フィリーズへ移籍した[7][8]。メジャーでの試合出場はなく、フィリーズのマイナー(ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・フィリーズ)で3試合に出場した。移籍前との通算マイナー成績は、52試合の出場で打率.258、5本塁打、22打点、2盗塁、4失策守備率.988、盗塁阻止率29%(キャッチャー守備は38試合)という内容だった。

2016年は開幕からAA級レディング・ファイティン・フィルズでプレーし、97試合に出場して打率.285、15本塁打、67打点、3盗塁を記録した。メジャーでは8月26日に初昇格を果たした[9]が、この時は出番が無く、1日で降格した。9月11日に再昇格[10]すると、翌12日のピッツバーグ・パイレーツ戦でメジャーデビュー。メジャーでは6試合の出場で2安打を放ち、打率.125を記録。守備面では4試合でマスクを被り、無失策DRS - 1だった。

2017年開幕前の2月8日に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)コロンビア代表に選出された[11]

マーリンズ時代編集

2019年2月8日にJ.T.リアルミュートとのトレードで、シクスト・サンチェスウィル・スチュワート英語版及びインターナショナル・ボーナス・プール(海外選手契約金枠)と共にマイアミ・マーリンズへ移籍した[12]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2016 PHI 6 17 16 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 8 0 .125 .176 .125 .301
2017 29 114 107 12 34 6 0 5 55 14 0 0 0 0 3 1 4 33 2 .318 .360 .514 .870
2018 108 377 344 35 90 16 2 10 140 37 3 0 0 1 18 6 14 138 2 .262 .324 .407 .731
MLB:3年 143 508 467 47 126 22 2 15 197 51 3 0 0 1 22 8 18 179 4 .270 .327 .422 .749
  • 2018年度シーズン終了時

記録編集

MiLB

代表歴編集

背番号編集

  • 38(2016年 - )

脚注編集

  1. ^ Breakdown of Phillies' Players Weekend names MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月19日閲覧
  2. ^ Jake Seiner (2013年6月4日). “It's power vs. contact for SAL All-Stars”. MiLB.com. 2015年1月7日閲覧。
  3. ^ John Parker (2013年6月26日). “All-Star Futures Game rosters revealed”. MiLB.com. 2015年1月7日閲覧。
  4. ^ Sam Dykstra (2014年6月4日). “Gallo to bring power to All-Star Game”. MiLB.com. 2015年1月7日閲覧。
  5. ^ Sam Dykstra (2014年6月24日). “Bryant, Lindor head Futures Game rosters”. MiLB.com. 2015年1月7日閲覧。
  6. ^ Rangers purchase contracts of Hanser Alberto, Jorge Alfaro, Jerad Eickhoff, and Luke Jackson from Minor Leagues”. MLB.com Rangers Press Release (2014年11月21日). 2015年1月7日閲覧。
  7. ^ 6対2の大型トレード成立へ! レンジャーズ、先発左腕C.ハメルズらを獲得”. ISM (2015年7月30日). 2015年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月2日閲覧。
  8. ^ Rangers get Cole Hamels, reliever for lefty Matt Harrison, 5 prospects”. ESPN (2015年7月29日). 2015年8月1日閲覧。
  9. ^ http://m.mlb.com/news/article/197781550/phillies-call-no-4-prospect-jorge-alfaro/
  10. ^ Heneghan, Kelsie (2016年9月11日). “Phillies call up Alfaro, Quinn from Double-A”. MiLB.com. 2016年9月14日閲覧。
  11. ^ Colombia's star duo set to lead Classic squad MLB.com (英語) (2017年2月8日) 2017年9月19日閲覧
  12. ^ J.T. Realmuto Phillies Marlins trade” (英語). MLB.com (2019年2月8日). 2019年3月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集