ホルム公 (ヘウム)

ホルム公ロシア語: Князь Холмский)は、ガーリチ・ヴォルィーニ大公国分領公国であったホルム公国の君主の称号である。(「公」はクニャージからの訳出による)君主号・公国の名は、その首都だったホルム(現ポーランドヘウム)による。

ホルム公の一覧編集

ルーシ期

ガーリチ・ヴォルィーニ公国に併合、その後リトアニア大公国領へ)

リトアニア期

  • ユルギス・ナリマンタイティス(ru)
  • Jurijus Danilovičius / ユーリー・ダニーロヴィチ:1370年 – 1377年[1]
  • Vengrijos valdymas:1377年 - 1383年
  • Mikalojus Danilovičius / ミハルコ・ダニーロヴィチ:1383年 - 1387年[1]
ユーリー、ミハルコはリューリク朝出身という説がある[1]

出典編集

  1. ^ a b c d Войтович Л. В. 3.15. ВОЛИНСЬКА ГІЛКА МОНОМАХОВИЧІВ. БОЛОХІВСЬКІ КНЯЗІ. КНЯЗІ ОСТРОЗЬКІ ТА ЗАСЛАВСЬКІ // КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ СХІДНОЇ ЄВРОПИ Історико-генеалогічне дослідження. — Львів: Інститут українознавства ім. І.Крип’якевича, 2000