ホワイティうめだ

ホワイティうめだは、大阪府大阪市北区大阪駅南東、Osaka Metro梅田駅東梅田駅付近に広がる地下街である。ロゴタイプではWhityうめだと表記される。通称梅地下(うめちか)。

ホワイティうめだ
WHITY UMEDA
Whity-Umeda in 201408.JPG
店舗概要
所在地 大阪市北区角田町
開業日 1963年(昭和38年)11月29日
施設管理者 大阪地下街株式会社[1]
延床面積 31,336 m²
商業施設面積 13,720 m²
店舗数 215店
駐車台数 12台
前身 ウメダ地下センター
最寄駅 大阪梅田駅 (阪神)
大阪梅田駅 (阪急)
梅田駅 (Osaka Metro)
東梅田駅
西梅田駅
大阪駅
外部リンク Whityうめだ
テンプレートを表示

概要編集

大阪を代表する繁華街である梅田に位置する地下街。阪急三番街ディアモール大阪にも直結しているほか、隣接ビル地下にある商業施設群のほか、曽根崎通以南の四つ橋筋の地下にあるドージマ地下センターとも結合しており、あわせて日本有数の規模の地下街を形成している[1]。地下街の利用者数は1日60万人で日本最多[1]

大阪市第三セクターから2018年4月1日の民間会社化によって大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)の子会社となった大阪地下街が運営管理している。2006年度のテナント売上高は217億6900万円。

1963年に梅田地下街(ウメダ地下センター)として開業し、1970年に自然との共生をテーマにした泉の広場を含む第2期部分を完成した[1]

1974年に若い女性をターゲットにしたブティックストリートのプチ・シャンゼリゼを開業し、1987年4月には白い街をイメージして全面改装して現在の名称に改称した[1]

住居表示は大阪府大阪市北区茶屋町梅田地下街1-1号から1-6号まで、同区角田町梅田地下街2-1号から2-9号までと5-1号、同区堂山町梅田地下街3-1号から3-6号まで、同区小松原町梅田地下街4-1号から4-7号まで、同区曽根崎2丁目梅田地下街5-2号から5-5号まで。

泉の広場編集

待ち合わせ場所としてよく知られる「泉の広場」[2][注 1]は東側の扇町通新御堂筋の交点(曽根崎東交差点)直下にあり、かつて噴水が設置されていたが[2]災害時の妨げになる事やイベントスペースとして活用するため第2期エリアのリニューアル工事に併せ撤去され[2][4][5][6][7]、跡地には樹木に見立てた新たなシンボル「Water Tree」が設置された[8]

最寄駅編集

歴史編集

  • 1963年(昭和38年) - 梅田地下街(ウメダ地下センター)開業[1]。通称「ウメチカ」[1]
  • 1970年(昭和45年) - 泉の広場を含む第2期部分が完成[1]
  • 1974年(昭和49年) - ブティックストリートのプチ・シャンゼリゼが開業[1]
  • 1987年(昭和62年)4月 - 全面リニューアルし、「ホワイティうめだ」に改称[1]
  • 2008年(平成20年)3月 - 地下街でのワンセグ、AM・FMラジオの受信が可能に(なんばウォークと同時実施)。
  • 2019年令和元年)5月9日 - 泉の広場を含む第2期部分のリニューアル工事開始[5][6][7]
  • 2019年(令和元年)12月5日 - 泉の広場を含む第2期部分のリニューアルオープン[8]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 噴水撤去後も広場の名称は「泉の広場」とされた[3]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 屋内測位普及発展に関する調査研究報告書 (Report). 財団法人ニューメディア開発協会. (2009年3月). 
  2. ^ a b c 「泉の広場」噴水 3代目で幕…地下街改修で”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞社 (2018年4月26日). 2018年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年4月28日閲覧。
  3. ^ 新・泉の広場 誕生!!”. ホワイティうめだ. 2020年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月24日閲覧。
  4. ^ “待ち合わせ場所として半世紀 「泉の広場」噴水、撤去へ 大阪・梅田”. デジタル毎日 (毎日新聞社). (2018年12月22日). https://mainichi.jp/articles/20181222/k00/00m/040/109000c 2018年12月24日閲覧。 
  5. ^ a b 堀祐馬 (2019年5月9日). “さよなら「泉の広場」の噴水 梅田地下街のシンボル撤去”. 毎日新聞社. 2019年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月10日閲覧。
  6. ^ a b 坂東慎一郎 (2019年5月9日). “独身時代の待ち合わせ場所…梅田「泉の広場」お別れ”. 朝日新聞デジタル. 2019年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月10日閲覧。
  7. ^ a b ホワイティうめだ 2期エリア リニューアル工事着工”. ホワイティうめだ. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月10日閲覧。
  8. ^ a b ホワイティうめだ「泉の広場」リニューアル 「食い倒れの新名所に」”. 梅田経済新聞 (2019年12月5日). 2019年12月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集