ホワイト&ケース(White & Case)は米国ニューヨークに主要拠点を持つ国際的な法律事務所。26カ国に38カ所のオフィスがある。

東京オフィスの正式名称はホワイト&ケース法律事務所 ホワイト&ケース外国法事務弁護士事務所 (外国法共同事業) 。2014年現在、40名の弁護士と20名の外国法事務弁護士が所属し、弁護士の人数で国内第25位規模。[1]

沿革編集

  • 1901年 ニューヨークにおいて設立。
  • 1987年 東京に外国法事務弁護士事務所を設置。
  • 1995年 外資系法律事務所としては初めて日本の弁護士との特定共同事業を開始。(2005年に外国法共同事業に変更)

脚注編集

外部リンク編集