メインメニューを開く

ホワイトブレス 〜with faint hope〜』は、2004年7月23日F&C・FC02より発売された日本18禁恋愛アドベンチャーゲーム

ホワイトブレス
ゲーム:ホワイトブレス 〜with faint hope〜(PC/PCPR)
ホワイトブレス 〜絆〜(PS2)
対応機種 Windows 98/Me/2000/XP(PC)
Windows 98SE/Me/2000/XP(PCPR)
PlayStation 2(PS2)
発売元 F&C・FC02(PC/PCPR)
KID(PS2)
メディア CD-ROM2枚組(PC)
DVD-ROM(PCPR)
プレイ人数 1人
発売日 2004年7月23日(PC)
2006年11月22日(PS2)
2007年5月25日(PCPR)
レイティング ソフ倫:18歳未満販売禁止(PC/PCPR)
CERO:B(PS2)
キャラクター名設定 なし
セーブファイル数 50
画面サイズ 800×600
全画面表示モード あり
音楽フォーマット PCM
キャラクターボイス 主人公以外
テンプレート - ノート

概要編集

かつて『With You 〜みつめていたい〜』を手がけたシナリオライター・草薙こうたろうと原画家・橋本タカシの2人が再びコンビを組んで制作された作品。

2004年7月23日に『ホワイトブレスメモリアルノート[1]』が付属された「ホワイトブレス 〜with faint hope〜 初回版」およびメモリアルノートにF&Cカードが付いた『ホワイトブレス 〜with faint hope〜 F&Cカード付初回版』が発売された。その後、初回版の品切れた2004年9月3日にメモリアルノートが付属しない『ホワイトブレス 〜with faint hope〜 通常版』が発売された。2007年5月25日にはパッケージを改め、メディアをCD-ROM2枚組からDVD-ROMに変更した『ホワイトブレス 〜with faint hope〜 パッケージリニューアル版』が発売された。また、各ダウンロード販売サイトにてダウンロード版の販売も行われている。

2006年11月22日にはKIDより全年齢対象でタイトルを『ホワイトブレス 〜絆〜』と改めたPlayStation 2版が『ホワイトブレス 〜絆〜 通常版』と『ホワイトブレス 〜絆〜 初回限定版』の2種類で発売された。限定版には草薙書き下ろしの、ののかの視点からの物語が収録されたドラマCDが同梱された。この限定版同梱CDにはすいーつたんけんたいによる「バースディケーキ」(作詞:金杉肇、YURIA / 作曲:YURIA / 編曲:小池雅也)、『ミトン』(作詞:金杉肇、YURIA / 作曲:YURIA / 編曲:細井聡司)の新曲2曲も収録された[2]。なお、初回限定版は生産数が少ないため、取り扱い店舗が限定された[3]

2010年7月8日au専用サイトの虹屋より、PC版を携帯電話向けにアレンジしたゲームアプリが2000ポイント(2000円相当)でリリースされた。

2010年9月2日GN Softwareより、PC版の企画書段階では存在した幻のヒロイン・杉本椎奈を復活、新規追加した完全版『ホワイトブレス パーフェクトエディション』がPlayStation Portable対応の全年齢対象で発売された。通常版と限定版の2種類で発売され、限定版には特典として、オリジナルマグネットステッカーセットと追加キャラクターの杉本椎奈の原画を収録した設定資料集が同梱された。

2011年4月28日に『ホワイトブレス パーフェクトエディション』をPCに逆移植し、さらに杉本椎奈のアダルトシーンを追加した『ホワイトブレス パーフェクトエディション+』がF&C・FC02より発売された。

システム編集

物語はプロローグからエンディングまで7つのPHASEで構成されている。

序盤の中心となるPHASE2は、「行動選択」と「アドベンチャー」の2つのパートに分かれており、それらが交互に進行することで物語が展開していく。「行動選択」では1日の始まりの時点で、その日の朝・昼・夜の3つの時間帯においてどのヒロインと出会い関係を深めるかを選択することとなる。「アドベンチャー」では、「行動選択」で選択したヒロインと会話を進めていく。

PHASE3以降は、「アドベンチャーパート」のみで構成されている。会話の途中で主人公の行動や台詞を決める選択肢が出ることもあり、その選択によってその後の展開が変化する。

ストーリー編集

クラスメイト達に、後輩に、従姉に、尊敬できる人。そんなかけがえの無い仲間達に囲まれた楽しい生活。こんな日々がずっと続けばいいと思いかけたその時、無常にも幼い頃に患っていた病気が再発し、身体を蝕み始めた。

登場人物編集

相模司を除くキャラクターの声優はPC版、PS2版、ドラマCD、DVDPG全て共通。

相模 司(さがみ つかさ)
小野大輔 (ドラマCD)
身長:172cm / 誕生日:12月22日 / 血液型:O型
本編の主人公。私立茜坂学園の2年生で、サッカー部に所属する。母親はなく、父親は長期出張中で不在にしているため、一人暮らしに近い状態にある。幼い頃に重い病を患っており、既に完治したと思われていたが、再発する。
一ノ瀬 未緒(いちのせ みお)
声:夏野こおり
身長:157cm / 誕生日:4月2日 / 血液型:O型
茜坂学園の2年生で、弓道部に所属する。司とは気兼ねなく付き合えるケンカ友達。冬でも通学には母親譲りのマウンテンバイクを利用している。それまで両親のことを本当の親だと思っていたが、自分が小さい時に今の家に預けられていたことを知り、家を飛び出し司の家に転がり込むこととなる。
浅葉 ののか(あさば ののか)
声:かわしまりの
身長:152cm / 誕生日:3月5日 / 血液型:O型
茜坂学園の1年生で、サッカー部のマネージャーを務める。家はコンビニを経営しており、その手伝いで店番などをしている。すぐに離婚してしまったが、司の父親の再婚相手の連れ子で、かつて司の義妹であったことがある。司を追いかけて、茜坂学園に入学した。天然ボケな一面も。
春日 美乃(かすが よしの)
声:草柳順子
身長:156cm / 誕生日:7月7日 / 血液型:A型
茜坂学園の2年生で、美術部に所属する。司、未緒、刹那とのグループの中では母親的存在。それまでは母子家庭であったが、母親が再婚して苗字が美馬から春日に変わり、義父に連れ子がいたため弟妹ができた。家に負担をかけないように進学を諦め、就職をしようとしている。
遠峰 凪沙(とおみね なぎさ)
声:一色ヒカル
身長:163cm / 誕生日:9月13日 / 血液型:AB型
司の父方の従姉で、浪人生。司の父親に頼まれ、司の身の回りの世話をするために居候をすることになる。現役で合格した彼氏と同じ大学に行くことを目標としていたが、その彼氏が大学で新たな彼女を作ったことを知ってしまい、目標を見失う。
柊 歩(ひいらぎ あゆみ)
声:風音
身長:167cm / 誕生日:5月17日 / 血液型:B型
司と同じ年の他校の学生で、モデルの仕事をしている。喫茶店に手帳を忘れ、それを司が届けに行った事がきっかけで知り合う。司の前でだけは素直で表情豊かになれる。ファッションデザイナーの母親とは確執がある。Getchu.comで実施されたキャラクターランキングでは、発売前の第1回、発売後の第2回ともに1位となった[4]
鳳 刹那(おおとり せつな)
声:ルネッサンス山田
身長:178cm / 誕生日:1月28日 / 血液型:AB型
茜坂学園の2年生で、司の悪友。家は鳳総合病院という大病院を経営しており、その末っ子。成績優秀で容姿も良いが、普段はおちゃらけて人をからかうような態度でいる。たまに鋭く的確な一言を言い、物語の狂言回しの役割を担う。

音楽編集

オープニングテーマ「遠い背中」
作曲:OdiakeS / 作詞:草薙こうたろう
エンディングテーマ「未来のカタチ」
作曲:OdiakeS / 作詞:草薙こうたろう

スタッフ編集

  • シナリオ:草薙こうたろう、浜沢庵(パーフェクトエディション+)
  • 原画:橋本タカシ
  • 音楽:OdiakeS
  • CG着色:FC-G

物語の舞台編集

物語の舞台である「藤沢市」は、実在の神奈川県藤沢市とその周辺をモチーフにしており、5、6年をかけたロケハンの賜物として、実際の風景を緻密に再現した背景絵が描かれている。主人公達が通う私立茜坂学園は神奈川県立鎌倉高等学校をモチーフとしている。藤沢市を舞台とした理由は、の季節を舞台としていながらもが多い所は好ましくなかったため、太平洋側で取材に行きやすい場所、かつ鎌倉といった他業社に多く利用されている場所を避けて検討した結果とのこと[5]

なお、本編中の架空の「藤沢市」は『With You 〜みつめていたい〜』の舞台であった「桜見町」へは電車で30分ほどで行けるという設定があり、2つの作品世界のリンクが見られる[6]。本作のヒロインの1人である歩が通うSt.エルシア学園は『With you』の登場人物たちの通う学園でもあり、ここでも世界がリンクしている。

関連商品編集

サウンドトラック編集

  • ホワイトブレス・オリジナルサウンドトラック PLUS
    • 発売元:F&C・FC02 / 品番:FCCD-1001
    • CDと楽譜やイラストが収録されたB5サイズのブックレットの一体型仕様で、2004年8月13日-15日に開催されたコミックマーケット66内のF&C・シャルラクプラスブースにて発売され早々に品切れになるほど好評であったため、2004年9月19日に全国の販売店で一般販売することとなった[7]

ドラマCD編集

  • ホワイトブレス 〜with faint hope〜
    • 発売元:マリン・エンタテインメント / 発売日:2004年12月29日
    • 原案:草薙こうたろう / シナリオ:秋史恭 / 品番:MGS-003
    • ストーリー原案を原作と同じ草薙こうたろうが手がけ、原作では語られなかった空白の時間における各キャラクターの物語が語られている。CD-EXTRA仕様で特典としてパソコン用の壁紙やシステムボイスも収録されている。

書籍編集

小説
ファミ通文庫・ホワイトブレス
PARADIGM NOVELS・ホワイトブレス
ファンブック
ホワイトブレスオフィシャルファンブック

DVDPG編集

ホワイトブレス 〜with faint hope〜 DVDPG

脚注編集

  1. ^ A5サイズの設定資料集で、新規イラストやラフ、ゲスト作家による応援イラストが掲載されている。ゲスト作家は雨宮響泉ゆうじろ〜江森美沙樹きみづか葵鈴平ひろ田島直巻田佳春松本規之満月○水瀬凛村上水軍りとる (little) の12人。
  2. ^ 『ホワイトブレス~絆~(初回限定版)』の同梱物が決定! ファミ通.com 2006/10/10 より
  3. ^ 『ホワイトブレス~絆~(初回限定版)』情報その2 ファミ通.com 2006/10/17 より
  4. ^ Getchu.com 特集「ホワイトブレス」の世界 TOPページ』(18禁)より
  5. ^ Getchu.com 特集「ホワイトブレス」の世界 インタビュー』(18禁)より
  6. ^ Getchu.com 特集「ホワイトブレス」の世界 ストーリー』(18禁)より
  7. ^ ホワイトブレス OfficialWebSite News(18禁)より

外部リンク編集