メインメニューを開く

ホワイ・ドント・ウィー・ドゥー・イット・イン・ザ・ロード

ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード(Why don't we do it in the road?)は、ビートルズの楽曲である。

ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年10月9日10月10日
ジャンル ブルース
時間 1分42秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
B面
  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア
C面
  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング
D面
  1. レヴォリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サヴォイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レヴォリューション9
  6. グッド・ナイト

目次

解説編集

本作は1968年に発表されたアルバム『ザ・ビートルズ』、通称ホワイト・アルバムに収録されたポール・マッカートニー作の曲[1][2]

内容はシンプルで「道路でやろうじゃないか」を数回繰り返しその後「誰も見ていないさ、だから道路でやろうぜ」を2回繰り返すというものであった。ポールによると、歌詞はインドリシケーシュに滞在していた時に見たサル交尾がモチーフとなっているそう[3]

ちなみに、この曲はおふざけの「ワイルド・ハニー・パイ」とは違い、短くではあるが歌詞がちゃんと掲載されている。

レコーディング編集

レコーディングは1968年10月9日EMIスタジオで開始され、ポールによるアコースティック・ギターボーカルのみのアレンジで5テイク録音された。この時のアレンジは静かに歌唱するパートと荒々しく歌唱するパートを交互に演奏するというものだった[4][注 1]

10月10日にポールによるボーカル、ベースリードギターリンゴ・スターによるドラムスとハンドクラップが追加されて完成となった[5]

この曲のレコーディング当時、ジョン・レノンジョージ・ハリスンは別の楽曲に取り組んでいた為不参加となっている[5]。後にジョンは「僕が歌っていたら、今よりももっといい歌になっていた筈だ」などと未練がましいコメントをしており[6]、ソロ曲「スターティング・オーヴァー」のサビ突入時にこの曲のコードに似た歌詞が登場するほどである。

演奏編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ この時のアレンジは1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』に収録された

出典編集

  1. ^ Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt & Company. ISBN 0-8050-5249-6. 
  2. ^ a b MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). ISBN 1-84413-828-3. 
  3. ^ Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt & Company. ISBN 0-8050-5249-6. 
  4. ^ Lewisohn, Mark (1996). Anthology 3 (booklet). The Beatles. London: Apple Records. 34451.
  5. ^ a b Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. ISBN 0-517-57066-1. 
  6. ^ 『PLAYBOYインタビュー ジョン・レノン』、1981年 集英社