ホンダマニュファクチャリングUK

座標: 北緯51度35分14秒 西経1度44分15秒 / 北緯51.587204度 西経1.737511度 / 51.587204; -1.737511

ホンダマニュファクチャリングUK(Honda of the UK Manufacturing Ltd. 、略称HUM)は、多国籍自動車メーカーである本田技研工業の英国の製造子会社。HUMはイギリススウィンドンにある工場で、鋳造、エンジン組立、プレス、溶接、塗装、自動車組立などの製造工場を運営している。[1]HUMは約370エーカーの敷地を占める工場で約3,400人を雇用している。[2]

ホンダマニュファクチャリングUK
業種 自動車産業 ウィキデータを編集
設立 1985年 ウィキデータを編集
ウェブサイト www.hondamanufacturing.co.uk ウィキデータを編集

ホンダはスウィンドン工場に合計15億ポンド以上の投資を行っている。[2]2008年、スウィンドン工場では230,423台の自動車を生産した。[1] 2016年の年間生産台数は134,146台に減少したが、それでも2015年比で12.3%の増加となった。[3] 2019年初頭には、スウィンドンの製造工場全体を閉鎖する計画が発表され、2021年7月での閉鎖が決定された。

イギリスでのホンダ 編集

 
プラント(2006年)

1960年代に人気の高い二輪車でイギリスに進出したホンダは、1972年に初代シビックを発売した際、日本車(特に日産ダットサンのバッジモデル)の販売が急増していた時期に、初めてイギリスに車を輸入した。1976年には大型の「アコード」、1979年にはクーペ「プレリュード」がラインナップに加わった。

1980年、ホンダはブリティッシュ・レイランド社と合弁会社を設立し、ホンダをベースにしたデザインをBL工場で生産した。このベンチャー企業の最初の製品はホンダ・バラードをベースとした、1981年のトライアンフ・アクレイムで、3年間生産された後、ローバー・200シリーズに置き換わった。

その間、1980年に発表された「プロジェクトXX」は、1980年代半ばに発売される予定の中型高級サルーンとして発表され、1986年にホンダ・レジェンドをベースにしてローバー・800シリーズとして発売された。

同時期、ホンダはBL/オースティンローバーに、英国向けにバラードサルーンをローバー・200シリーズと並行してロングブリッジで生産することで合意していた。バラードの後継車であるコンチェルトもロングブリッジで製造され、2代目ローバー200シリーズをベースにしていた。

スウィンドン工場 編集

ホンダは1985年、スウィンドンの北東部郊外にあるサウス・マーストンの敷地を買収した。このサイトは、第二次世界大戦中にフィリップス&パウィスショートブラザーズによって航空機の生産に使用され、後にヴィッカース-アームストロング-スーパーマリンによって使用されました。 1938年のその選択は、グレートウエスタン鉄道のスウィンドンワークスでの熟練した労働力の存在を考慮に入れました。この場所は第二次世界大戦中、フィリップス&パウイスショート・ブラザーズ、後にヴィッカース・アームストロングスーパーマリンが航空機の製造に使用していましたが、1938年にグレート・ウェスタン鉄道スウィンドン工場に熟練した労働者がいたことを考慮して選ばれた。[4]

370エーカー(150ヘクタール)の敷地は、ストラットン・セント・マーガレットとサウス・マーストンの境界をまたいでいます。[5]

HUMは1985年に設立され、1989年からエンジン工場での生産を開始した。[1] 1992年にはスウィンドンでホンダ ・アコードローバー・600シリーズと同じデザインだがエンジンは異なる)の生産が開始され、第2エンジンラインが導入された。 1994年にはスウィンドンでホンダ・シビックの生産を開始したが、同年、ローバーがBMWに買収されたことにより、ローバー・ホンダの合弁事業は終了した。しかし、1995年のローバー・400シリーズは、新型ホンダ・シビックをベースにしていた。

2000年8月、イギリス製のホンダ車を初めて日本に輸出することが明らかになった。同年、英国で1997年から販売していたSUVホンダ・CR-Vの生産も開始した。[6] 2001年9月、HUMはスウィンドンに第2の自動車組立工場を開設し、さらに200人の雇用を創出した。[7] 2001年12月、スウィンドン工場の労働者は投票で組合を結成した。[8]

2002年、スウィンドンでのホンダ・アコードの生産は終了し、新型は日本から輸入されることになった。 2002年10月、HUMのケン・キール常務取締役は、英国での生産を維持すると表明した。これは、ユーロ圏に加盟したかどうかは関係なかった。 [9]

ホンダは2006年9月、スウィンドン工場の従業員を700人増員し、生産台数を32%増の25万台に引き上げると発表した。[10] [11] ホンダは2008年2月、スウィンドン工場の新生産設備に8,000万ポンドを投資して、プラスチック自動車部品とエンジン用金属鋳物を生産すると発表した。[12]

2009年1月30日、売上高の減少に伴う不況の影響で、スウィンドン工場の直接雇用の従業員を6月1日までの4ヶ月間、最初の2ヶ月間は全額、残りの期間は半額程度の賃金で解雇すると発表した。従業員が間接的なスタッフやメンテナンスのカテゴリーにいた場合、代わりに約1,500ポンドを失い、職場に残ることを余儀なくされた。[13]

HUMは2009年10月、それまで日本から輸入していたホンダ・ジャズの生産を開始した。スウィンドンでのジャズの生産は2014年に中止され、再び日本から輸入された。[14] ホンダは2012年9月、シビックとCR-Vの新型車と1.6L ディーゼルエンジン投入のサポートのために、スウィンドン工場に2億6,700万ポンドの投資計画を発表した。[15] [16]この投資により、サイトの総投資額は約15億ポンドになり、労働力は3,500人に増加した。

2017年7月に合意署名した、日本と欧州連合(EU)との間の貿易協定では、2つの経済圏の間で自動車の輸入にかかる輸入関税に終止符が打たれた。これらは、1985年にプラントを建設する理由の重要な部分を形成していました。 2016年以降に政府によって「 Brexitの不確実性」と呼ばれたことは、プラントの将来についての疑念をさらに助長しました これらは1985年に工場を建設した理由の重要な部分を形成していたが、2016年以降、政府が「イギリスの欧州連合離脱の不確実性」と呼んでいたものは、工場の将来についての疑念をさらに助長していた。[17] [18]2019年2月、ホンダはスウィンドン工場を2021年に閉鎖すると発表した。閉鎖により、同地域では約3,500人の雇用が失われ、生産は日本、北米、中国にシフトする。[19]同工場は、イギリスの欧州連合離脱準備の一環として4月に6日間の閉鎖がすでに予定されていた。[20]2020年12月には部品納入の遅れがあったため、一時的に生産を停止したことが発表された。[21]

ホンダマニュファクチャリングUKで生産されている車 編集

ホンダマニュファクチャリングUKで生産されていた車 編集

参考文献 編集

  1. ^ a b c Key Facts and Milestones”. Honda of the UK Manufacturing Ltd. 2011年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月21日閲覧。
  2. ^ a b Ruddick, Graham (2009年10月4日). “Honda's UK plant is leading the car industry's revival”. London: The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/transport/6259440/Hondas-UK-plant-is-leading-the-car-industrys-revival.html 2010年11月21日閲覧。 
  3. ^ 17 year high for British car manufacturing as global demand hits record levels”. The Society of Motor Manufacturers and Traders (SMMT), London (2017年1月26日). 2018年9月11日閲覧。
  4. ^ Aircraft production at Vickers, Swindon”. SwindonWeb. 2018年3月11日閲覧。
  5. ^ Election Maps”. Ordnance Survey. 2018年3月11日閲覧。
  6. ^ “Honda boost for UK car industry”. BBC News. (2000年8月14日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/878353.stm 2010年11月22日閲覧。 
  7. ^ “Honda boosts UK investment”. BBC News. (2001年9月10日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/1535333.stm 2010年11月21日閲覧。 
  8. ^ “Honda workers vote for union”. BBC News. (2001年12月10日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/1701623.stm 2010年11月21日閲覧。 
  9. ^ Madslien, Jorn (2002年10月8日). “Honda insists it will stay in the UK”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/2300307.stm 2010年11月21日閲覧。 
  10. ^ “Honda to Raise Production at Swindon, England, by 32%”. Bloomberg. (2006年9月28日). https://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aGJhG9da.gYM&refer=uk 2010年11月22日閲覧。 
  11. ^ “Honda to take on 700 more staff at Swindon”. London: The Independent. (2006年9月29日). https://www.independent.co.uk/news/business/news/honda-to-take-on-700-more-staff-at-swindon-418046.html 2010年11月22日閲覧。 
  12. ^ “£80m investment at Honda factory”. BBC News. (2008年2月20日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/wiltshire/7254536.stm 2010年11月22日閲覧。 
  13. ^ Dunkley, Jamie (2009年1月30日). “Honda's UK workers face 4 month layoff as profits tumble”. London: The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/transport/4395743/Hondas-UK-workers-face-4-month-layoff-as-profits-tumble.html 2010年11月21日閲覧。 
  14. ^ “First Honda Jazz car made in UK”. BBC News. (2009年10月7日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/8294859.stm 2010年11月22日閲覧。 
  15. ^ “Honda invests £267m in Swindon plant”. BBC News. (2012年9月6日). https://www.bbc.co.uk/news/business-19493796 2012年9月8日閲覧。 
  16. ^ “Honda in £267m UK expansion”. The Independent. (2012年9月6日). https://www.independent.co.uk/news/business/news/honda-in-267m-uk-expansion-8112549.html 2012年9月8日閲覧。 
  17. ^ European Union and Japan to sign historic trade deal”. RTE (2018年7月17日). 2020年9月22日閲覧。
  18. ^ Japan-EU trade deal 'light in darkness' amid Trump's protectionism”. The Guardian (2020年9月22日). 2020年9月22日閲覧。
  19. ^ Business. “Honda is closing its only British factory, wiping out 3,500 jobs”. CNN. 2020年12月10日閲覧。
  20. ^ Honda confirms Swindon car plant closure BBC News 19 February 2019
  21. ^ Business. “Honda shutdown is a warning of the chaos Brexit could cause”. CNN. 2020年12月10日閲覧。

外部リンク 編集