ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント

ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(Honda Performance Development, Inc.,HPD)は、本田技研工業の米国法人であるアメリカン・ホンダが設立した、北米に於けるレース活動をサポートするための会社である。

HPD,Honda Performance Development, Inc.

創設は1993年、所在地はアメリカ カリフォルニア州サンタクラリタ

日本のモータースポーツ専門会社、ホンダ・レーシング(HRC)とは名称は似ているがそれぞれ別の組織である。

レース活動編集

CART/インディカー・シリーズ編集

1994年より、当時アメリカンオープンホイール(フォーミュラカー)レースの最高峰であったCARTワールド・シリーズへのエンジン(V8 2,650cc ターボ)供給を開始。当初は、ライバルのエンジンとのパフォーマンスや信頼性に大きな開きがあったが、翌1995年は徐々にその差を詰め、第13戦ミシガンでポールポジションを獲得、第15戦ニューハンプシャーで念願の初優勝をあげた。

 
2008年仕様のインディーV8エンジン

1996年同シリーズがCARTとインディ・レーシング・リーグ(IRL)とに分裂した以降も、CARTへ参戦するチームへのサポートを続け、同年ドライバーズ/マニュファクチャラーズ・チャンピオンとルーキーオブザイヤーの3冠を獲得した。IRLへ活動の場を移行するまでの9年間で、通算参戦数165戦のうち、65回の優勝と65回のポールポジションを獲得、マニュファクチャラーズ・チャンピオンが4回、ドライバーズ・チャンピオンは96年から連続6回獲得した。

2003年よりインディカー・シリーズでエンジン供給を始めたが、ここで用いたエンジン(V8 3,500cc NA)はイルモアとの共同開発によるものであった。その後他メーカーの撤退により2006年以降はホンダエンジンのワンメイクとなり、2012年にイルモアがシボレーとパートナーシップを組み、シボレーブランドでエンジン供給を開始するまで続いた。エンジンは2.2L V6ツインターボとなった。

2024年より2.4L V6ツインターボエンジンに運動エネルギー回生システムを導入予定[1]

スポーツカーレース編集

 
アキュラ-スパイス SE90CL

CART/インディーカー・シリーズで供給していたエンジンは、日本の本田技術研究所やイルモアで開発されたもので、これまで独自に開発を行ったものは無かった。そこで次なるステップとして、新たにV8 3,400cc NAエンジン(使用燃料はガソリン)を独自に設計開発を行い、2007年から、アメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)のル・マン・プロトタイプ(LMP)2クラスへ参戦するチームへ供給することになった。このエンジン供給はアキュラブランドで行われ、同ブランドでのレース参戦はNSXのエンジンを搭載した「アキュラ・スパイス英語版SE90CL」が1991年より3年間、IMSA GT選手権GTP ライトクラスに参戦、ドライバーズ、マニュファクチャラーズの両タイトルを3年連続で獲得して以来、実に14年ぶりである。

さらに、車両開発への関与も始められ、アンドレッティ・グリーン・レーシングハイクロフト・レーシングが使用する車両は、「アキュラ・ARX-01a」(クラージュ・LC75をベース)と名付けられた。2007年シーズンの開幕戦(セブリング12時間)では、アンドレッティ・グリーン・レーシングがLMP2クラスでデビューウインを飾り、第3戦(ロングビーチ)では、LMP1クラスを押さえてポールポジションを獲得している。

2008年、それまでローラシャーシを使用していたフェルナンデス・レーシングと、新たに参戦したド・フェラン・モータースポーツを加えた4チームが、改良させた「アキュラ・ARX-01b」を使用した。2008年シーズンは、第5戦(ライムロック・パーク)でハイクロフト・レーシングがアキュラに初のALMS総合優勝をもたらし、第9戦(ベルアイル)でアンドレッティ・グリーン・レーシングが初の総合優勝を飾り、アキュラ勢が1-2-3で表彰台の独占[2]を果たし、最終戦においても1-2フィニッシュを果たした。

2009年、ハイクロフト・レーシングとド・フェラン・モータースポーツが、新たに開発された「アキュラ・ARX-02a」でLMP1クラスにステップアップしたほか[3]、フェルナンデス・レーシングはLMP2クラスに継続参戦した。2009年シーズンは、ハイクロフト・レーシングのアキュラ・ARX-02はドライバーズ、マニュファクチャラーズタイトルを獲得した。LMP2クラスもアキュラ・ARX-01bがダブルタイトルを獲得した。 2010年、HPD名義での活動になり、ル・マン24時間レース英語版のLMP2クラスには、HPD・ARX-01cが参戦、LMP2クラス優勝を果たした[4][5]ALMSでは、LMP1とLMP2クラスが、パフォーマンスのバランスが取れた新しい1つのLMPクラスに統合された。LMP2仕様のマシンに戻ったハイクロフト・レーシングは、HPD・ARX-01cですべてのレースで表彰台、そして4度の優勝をした。ハイクロフトは2年連続のチームとドライバーズタイトルを獲得した。

2012年、ALMSのLMP1,2の両クラスに、LMP1では3.4L,V8、LMP2では2.8L,V6ターボエンジンを使用した、HPD・ARX-03で参戦。LMP1はマッスル・ミルク・ピケット・レーシング英語版が、LMP2ではレベル5モータースポーツ英語版がドライバーズ、チームタイトルを獲得した。その年から始まった、FIA 世界耐久選手権(WEC)にも同マシンでLMP1,2クラスに出場した。ル・マン24時間レースでは、LMP1のJRM英語版が総合6位、スターワークス・モータースポーツ英語版は総合7位、LMP2クラス優勝を飾った。スターワークスは、セブリング12時間も含む計3勝を上げLMP2クラスチームタイトルを獲得した。

2013年、ALMSはLMP1,2ともにドライバー、チームタイトルの連覇を果たした。ル・マン24時間レースではアウディトヨタに次ぐ総合6位となった。

2019年、IMSA ウェザーテック・スポーツカー選手権のGTDクラスで、マイヤー・シャンク・レーシング英語版(MSR)のNSX GT3が参戦し、チームとドライバーズタイトルを獲得した。

2018年からはオレカと共同開発したDPi規定のスポーツプロトタイプカーアキュラ・ARX-05で、チーム・ペンスキーのオペレーションによりPクラスに参戦し、2019年、20年とDPiクラスでドライバーズ、チーム、マニュファクチャラーズの連覇を果たした。

2021年1月、アキュラは2023年からLMDh規定のマシンでトップレベルのプロトタイプ・カテゴリーへ参戦することを表明した。LMDhはIMSAとACO(フランス西部自動車クラブ)が共同で作成した、共通ハイブリッドシステムを搭載するグローバルなプロトタイプ規定で、IMSAでは最高峰クラスDPiの後継となる、GTPクラスとなる[6]。また、ル・マン24時間レースを含むWEC(世界耐久選手権)のハイパーカー・クラスにも参戦可能となる。声明では2018年以来トップカテゴリーでレースをしているIMSAについてのみ、言及されている[7]

その他の活動編集

2021年からホンダと提携し、2021年のフォーミュラ・リージョナル・アメリカズ英語版のチャンピオンに、2022年に全日本スーパーフォーミュラ選手権へ参戦するためのスカラシッププログラムを提供すると発表した[8][9]

脚注編集

  1. ^ インディカー、ハイブリッドシステム搭載のパワーユニット導入を2024年に延期”. autosport web. 2022年3月4日閲覧。
  2. ^ 総合3位でゴールしたLMP1クラスのアウディが、レース後の再車検で車両最低重量違反により失格。ド・フェラン・モータースポーツが総合3位に繰り上がった。
  3. ^ アキュラがアメリカン・ルマン・シリーズのLMP1クラスに2009年シーズンより参戦
  4. ^ “HPD Scores LMP2 Victory at Le Mans” (プレスリリース), Honda North America, (2010年6月13日), http://hondanews.com/releases/hpd-scores-lmp2-victory-at-le-mans 
  5. ^ “第78回「ル・マン24時間レース」リポート”. Car Watch (インプレス). (2010年6月21日). https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/375913.html 
  6. ^ 往年の呼称が復活。LMDhとLMHが参入可能なIMSAトップカテゴリーは2023年から『GTP』クラスに”. autosport web. 2022年1月28日閲覧。
  7. ^ アキュラが2023年からのLMDh参戦を正式に表明/IMSA”. autosport web. 株式会社 三栄 (2021年1月27日). 2021年11月18日閲覧。
  8. ^ 北米からスーパーフォーミュラへ。HPDがFリージョナル・アメリカズ王者にスカラシップを設定”. autosport web. 2021年1月19日閲覧。
  9. ^ HPD、2022年もF4US/FRアメリカズでスーパーフォーミュラの奨学金プログラムを継続”. autosport web. 2022年2月9日閲覧。

外部リンク編集