ホンダ・レーシング

日本の埼玉県朝霞市に本社があるモータースポーツ専門会社

株式会社ホンダ・レーシング(HRC、エイチ・アール・シー、Honda Racing Corporation)は、本田技研工業出資のモータースポーツ専門会社。本社は埼玉県朝霞市に所在し、ヨーロッパ拠点をスペインに置く。

ホンダ・レーシング
Honda Racing Corporation
Honda Racing logo (2022).svg
Hrchondaranddasaka.jpg
本田技術研究所二輪R&Dセンター(本社所在地)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 HRC
本社所在地 日本の旗 日本
351-0024
埼玉県朝霞市泉水3-15-1
設立 1982年(昭和57年)9月1日
業種 輸送用機器
法人番号 6030001045077 ウィキデータを編集
事業内容 競技用車両およびパーツの製作
モータースポーツ活動
代表者 代表取締役 渡辺 康治
資本金 3億2,000万円
純利益 1億7,600万円(2021年03月31日時点)[1]
純資産 15億7,200万円(2021年03月31日時点)[1]
総資産 103億3,200万円(2021年03月31日時点)[1]
主要株主 本田技研工業株式会社(100%)
主要子会社 HRC Europe
関係する人物 入交昭一郎(初代代表取締役)
外部リンク https://honda.racing/ja
特記事項:設立日はホンダ・レーシングのもの。
テンプレートを表示
HRC製MotoGPマシン・RC212V(2007年型)
HRCが開発したダウンヒル用マウンテンバイク・RN-01

概要編集

国内外の主要モータースポーツにおいてホンダワークス・チームとしての活動・及びワークスマシン開発、プライベーター向けレースマシンやキットパーツの開発・販売を主な業務とする。

二輪モータースポーツの社会的認知を高め、またレース活動の効率化と一般ユーザーへの還元を目的として、既に別会社として1973年に設立され世界耐久選手権にRS1000を参戦させるなどしていたレーシング・サービス・センターRSC)と、本田技術研究所内においてロードレース世界選手権NR500を開発・参戦させていた開発チームNRブロックが一本化されるかたちで1982年に設立された。

市販車ベースのワークスマシン開発とレース用パーツ供給でプライベーターの活動まで支援してきたRSCの組織体にNRブロックが持つ純粋レースマシンの開発体制が加わることで、効率的に頂点から裾野までのレース活動全体に携わる専門企業としての体制が整った。それと同時に、1959年マン島TTレース出場に起源を持つヨーロッパにおけるレース活動の拠点を、島国であるイギリスから大陸にあるベルギーに移転させることで利便性の向上を図った。初代社長にはNRブロックの総責任者であった入交昭一郎が就任。

レース専門の別会社としたことで、本社の業績に左右されにくい継続的なレース活動が実現できるようになった。これには、ホンダが乗用車の販売に注力することを理由に1967年から1978年にかけてロードレース世界選手権への参戦を休止したことで技術者の育成が滞り、市販車を含めた二輪車の開発力が低下したという反省があるものと考えられる。

1983年には早くもNS500でマニュファクチャラータイトルを獲得。その後もNSR500RC211Vで数多くのタイトルを獲得するなど戦闘力の高いマシンを送り出し続けている。また市販レーサーでは下位カテゴリー向けのRS125Rや、草レース向けにもドリーム50Rを用意するなど底辺からもレースを広めるという会社設立の理念を反映したラインナップを整え、ハードの面から二輪モータースポーツの発展に貢献している。

変わったところでは、2002年よりマウンテンバイクダウンヒル競技専用自転車のRN-01を開発・製造し、マウンテンバイク・ジャパンシリーズおよびUCIワールドカップ2007年まで機材を供給していた。さらにジャパンシリーズへは2003年から2006年までの間、チーム・G-CROSS・ホンダとしてワークス体制で参戦していた。なおこの時に得た材質加工技術がRC212Vで初採用された2輪車用シームレスミッションの開発に生かされているという。

二輪・四輪部門統合後編集

2022年から、四輪モータースポーツの開発拠点である「HRD Sakura」(本田技術研究所の一部門)をHRCに移管し、二輪部門はHRC二輪レース部となり引き続き埼玉県朝霞市に、四輪部門はHRC Sakura(HRD Sakuraから名称変更)を母体としたHRC四輪レース開発部となり栃木県さくら市に拠点を置くことになり[2][3][4]、HRCが二輪・四輪を含めたホンダのモータースポーツ全般を統括することとなった[5][6][7]。それに伴い、レッドブル・レーシング/スクーデリア・アルファタウリといったF1コンストラクターとの連携もHRCが担う[8]。人事では、ブランド・コミュニケーション本部長を務めホンダF1チームを支援していた渡辺康治が、HRC代表取締役社長に就任した[9]

ただし2022年3月に、2025年までのF1用パワーユニット(PU)の開発が(一部を除き)凍結されたため、PUの開発に従事していたエンジニアはほぼ全員が本田技術研究所(先進技術研究所)に異動した。そのため、HRC Sakuraに残っているのはPUの組み立て担当者やテクニカルサポートの要員のみとなり、大幅に人員が減っているという[10]

主なモータースポーツ活動編集

二輪レース編集

レプソル・ホンダとして参戦中。また指定サプライヤーとして、Moto2クラスにエンジンを供給している(2018年まで)。さらにMoto3クラスのホンダユーザーのチームに対してワークススペック車両を供給している。
2002年までカストロール・ホンダとしてワークス参戦していたが、タイヤのワンメイク化をめぐり主催者側と対立。2003年以降はワークス活動を休止し、プライベートチームへのマシン提供と07年まではエンジン供給・サポートのみにとどまっていたが、2019年に体制を一新。モリワキエンジニアリングとイタリアのアルティア・レーシングの合同チーム「Moriwaki Althea Honda Team」を全面的にバックアップする形で17年ぶりにワークスマシンを復活。さらに2020年にはHRC自らが18年ぶりにワークス・チームを組織して参戦することが発表された。
2007年からはJSB1000クラスで活動を再開し、2019年まで活動を継続し、2020年以降はホンダチームへのキット開発などに専念している。スーパーバイク(SB)クラスに2002年まで、GP250には1996年を除いて1999年まで参戦していた。
2018年より10年ぶりにHRCワークスとしての活動を再開した。1997年から2006年まで続いたホンダの大会10連覇中、8勝がHRCによるもの。1998年から2006年まではメインスポンサーにたばこブランドがついていた(1998・1999年 ラッキーストライク、2000 - 2002年 キャビン、2003 - 2006年 セブンスター)。プライベートチームへのマシン提供・サポートは継続している。
参戦中。
参戦中。
参戦中。スペインのオートバイメーカー・モンテッサと技術提携を行っており、ワークス・チームのエントリー名はレプソル・モンテッサ・HRCとなっている。
参戦していたフランスホンダからの要請を受けて、1982年からXR500Rの改造マシンを供与。その年の大会でシリル・ヌブーが優勝した。その後もフランスホンダへの協力という形で参戦を継続していたが、1986年からは水冷V型2気筒エンジン搭載のプロトタイプマシン・NXR750を投入、1989年まで4連覇を飾る。その後、1989年を最後にワークス参戦を中止したが、1995年には2ストロークエンジンの実験車両として400cc単気筒のEXP-2を送り込み、総合5位・排気量500cc以下クラス優勝を勝ち取っている。その後もホンダ車に乗るライダーへのサポートを継続していたが、2013年から24年ぶりにCRF450 RALLYでワークス参戦を復活、復帰8年目の2020年には1989年以来31年ぶりとなる優勝を飾っている。

四輪レース編集

2021年までホンダF1が開発・製造していたF1用パワーユニット(PU)供給を、2022年シーズンよりHRCからレッドブル・パワートレインズ(RBPT)を通じて、レッドブル・レーシングスクーデリア・アルファタウリにPUを供給する。RBPTではPUの調整を行いバッジネームをつけて使用する。HRCは2025年まで現行のPUの製造・組み立て・供給を継続すると発表した[11][12]
  • その他
SUPER GT・GT500クラスに参戦するホンダ・NSXの車両開発、スーパーフォーミュラへのエンジン供給など、従来HRD Sakuraが行ってきた日本国内のモータースポーツ活動についてもHRCが継承している。

主な製品編集

二輪編集

主な所属ライダー編集

※過去に所属したライダーを含む

など

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 株式会社ホンダ・レーシング 第51期決算公告
  2. ^ ホンダのモータースポーツ活動を担う新生HRC、渡辺康治社長がカーボンニュートラル対応などに言及”. Car Watch. 2022年4月23日閲覧。
  3. ^ 新生HRCの体制が発表。「2023年以降のF1支援内容については協議中」”. autosport web. 2022年4月23日閲覧。
  4. ^ 第714回:HRC Sakuraでわかった「ホンダがF1をやりたくなる理由」”. web CG. 2022年8月9日閲覧。
  5. ^ 当社及び連結子会社の組織再編(簡易吸収分割)に関するお知らせ”. 本田技研工業株式会社. 2022 年1月 12 日閲覧。
  6. ^ ホンダ、モータースポーツ事業をHRCに集約”. レスポンス. 2022年1月13日閲覧。
  7. ^ ホンダの二輪と四輪のモータースポーツ活動統合。HRC新ロゴが発表。三部社長「より強いレースブランドを目指す」”. motorsport.com. 2022年1月14日閲覧。
  8. ^ ホンダ、2022年以降のレッドブル・グループとの協力関係を合意。PUに関する知的財産権使用を許諾 - オートスポーツ・2021年10月7日
  9. ^ ホンダ、2022/4/1付の執行職・部長関連人事”. ジェイツ・コンプレックス (2022年2月18日). 2022年7月3日閲覧。
  10. ^ 【渡辺康治HRC社長インタビュー前編】レッドブルを表敬訪問。F1の動向を見守るも「すぐにF1に戻るという議論はない」 - オートスポーツ・2022年7月14日
  11. ^ ”ホンダ製”PU、2025年までF1を戦うことが決定! HRC、レッドブルの要請を受け技術サポート継続へ”. motorsport.com. 2022年8月2日閲覧。
  12. ^ ホンダ、レッドブルF1への支援を2025年まで延長---最前線の現場を公開”. レスポンス. 2022年8月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集