ホンダ・HR-414Eは、本田技研工業2014年に投入したスーパーフォーミュラおよびSUPER GT用のエンジンである。

本記事では後継エンジンについても扱う。

概要編集

スーパーフォーミュラおよびSUPER GTが2014年に車両規則を大幅に変更した際に、搭載するエンジンも環境技術を取り入れた2.0L 直列4気筒エンジンに変更した。開発を行った自動車メーカーの技術者は、このエンジンをNRE(Nippon Race Engine)と名付けた[1]

ホンダでは2016年のシーズン後半から、F1用パワーユニットで使われるプレチャンバー型燃焼室の技術を投入したとされる[2]

2017年からはマイナーチェンジ版のHR-417Eが投入され、2017年10月の東京モーターショーでは、HR-417Eが単体エンジンで初公開された[3]

2020年には、SUPER GT・GT500クラスに参戦するホンダ・NSX用に新型のHR-420Eが投入された(スーパーフォーミュラではHR-417Eが継続使用される)。

スペック編集

  • エンジン形式:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
  • 総排気量:1,995cc
  • 内径×行程:-×-mm
  • 最高回転数:-
  • 最高出力:550PS(405kW)以上
  • 最大トルク:-
  • 圧縮比: -
  • マネージメントシステム:ペクテル製 MQ12Di
  • 過給機:ターボチャージャー(ギャレット製 GTR3576R[4]
  • 重量:85kg

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集