メインメニューを開く

ホンダ・RA107ホンダ2007年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーである。参戦ドライバーはルーベンス・バリチェロジェンソン・バトン。後述の車体カラーリングが話題を呼んだ。

ホンダ・RA107
2007年マレーシアGPでセパン・インターナショナル・サーキットを走行するRA107(ドライバーはルーベンス・バリチェロ)
カテゴリー F1
コンストラクター ホンダ
デザイナー 日本の旗 中本修平
アルゼンチンの旗 マリアーノ・アルパリン=ブルバラ
先代 ホンダ・RA106
後継 ホンダ・RA108
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド トーションスプリング
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド トーションスプリング
全長 4,700 mm
全幅 1,800 mm
全高 950 mm
トレッド 前:1,460 mm / 後:1,420 mm
ホイールベース 3,165 mm
エンジン ホンダ RA807E 2,400 cc 90度 V8 NA ミッドシップ
トランスミッション ホンダ 7速 セミAT
燃料 エルフ
オイル ENEOS
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム ホンダ・レーシング・F1チーム
ドライバー イギリスの旗 ジェンソン・バトン
ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ
出走時期 2007年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 6
初戦 2007年オーストラリアグランプリ
最終戦 2007年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 0 0 0
テンプレートを表示

目次

開発編集

ワークスチームとしての参戦再開初年度となった2006年シーズンをコンストラクターズランキング4位で終えたホンダは、新しいフルスケール風洞施設を活用して、RA106に根本的な改良を加えた。

 
車体に描かれた地球の画像

前年をもってメインスポンサーのブリティッシュ・アメリカン・タバコが撤退したため、マシンのカラーリングは一新された。新たな試みとして車体から全てのスポンサー広告を排除し[1]地球をイメージした「アースカラー」を採用した。ホンダは環境問題をテーマにした「アースドリーム・プロジェクト」を設立し、公式サイトで趣旨に賛同した人々の名前をボディに掲載した。このコンセプトは、芸能マネージャーとして知られるサイモン・フラー (Simon Fuller) の19エンターテインメント社が手掛けたもので、これにより第2回グリーン・アワードでグランプリを獲得した[2]

しかし、その性能はテスト段階から評価が低く、8戦目にバトンが8位入賞するまでワークスチーム中唯一コンストラクターズポイントがないという有様であった。エンジン供給先であり実質的なBチームであるスーパーアグリにすら16戦目までコンストラクターズランキングにおいて後塵を拝すという有様だった[3]。その緑や青がまだらにペイントされたようなデザインから「ホンダの車には“カビが生えた”」と揶揄されることもあった。

マシンの開発は、中本修平シニア・テクニカルディレクターの指揮の下に製作された。しかし、2006年にジェフ・ウィリスを解雇したため、合議制によりマシンがデザインされたが、リーダーシップ不在により迷走し、失敗作となった。

なお、バリチェロによると、新導入した風洞実験装置に問題があり、それがシーズンの低迷につながったとのことである。空力的に敏感すぎる性質があり、コーナー入口でアンダーステア、出口でオーバーステアが出る症状をドライバー2人は毎レースのように訴えていた。

スペック編集

 
2007年の第40回東京モーターショー幕張メッセ)で展示されたRA107カラーのB・A・R 007

シャーシ名編集

エンジン編集

  • エンジン名 RA807E
  • 気筒数・角度 V型8気筒・90度
  • 排気量 2,400cc
  • 燃料 エルフ
  • 潤滑油 ENEOS
  • インジェクション PGM-FI(ホンダは車・バイク問わず電子燃料噴射装置は一律に Programed Fuel Injection PGM-FI と統一している)
  • イグニッション PGM-IG

記録編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
AUS
 
MAL
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GBR
 
EUR
 
HUN
 
TUR
 
ITA
 
BEL
 
JPN
 
CHN
 
BRA
 
2007 7  ジェンソン・バトン 15 12 Ret 12 11 Ret 12 8 10 Ret Ret 13 8 Ret 11 5 Ret 6 8位
8  ルーベンス・バリチェロ 11 11 13 10 10 12 Ret 11 9 11 18 17 10 13 10 15 Ret
  • ドライバーズランキング
    • ジェンソン・バトン 15位
    • ルーベンス・バリチェロ 20位

その他編集

ファン交流イベントにも登場し、日本グランプリの前週に行われたモータースポーツジャパン2007や、シーズン終了後にツインリンクもてぎで行われるHonda Racing THANKS DAYでは、レギュラードライバーであるバトンがステアリングを握る。

現在はツインリンクもてぎ内にあるホンダコレクションホールで7号車が保存されている。

脚注編集

  1. ^ レギュレーションにより指定されているコンストラクター(ホンダ)とタイヤサプライヤー(ブリヂストン)のロゴはプリントしている。その他のスポンサーはコンセプトへの理解を得て、ボディへの掲載を省いている。
  2. ^ “ホンダ 環境問題に取り組み「緑の賞」を受賞”. GP Update. (2007年10月31日). http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/172730/ 2012年2月29日閲覧。 
  3. ^ スーパーアグリの07年シーズンマシン「SA07」は、ホンダが前年に使用したRA106をベースにしたマシンだった。