メインメニューを開く

ホンダ・RA301は、ホンダ1968年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。第2戦スペインGPから投入された。前年型のRA300同様ローラ・カーズとの共同開発のため、ローラ側ではローラ・T180と呼称している。

ホンダ・RA301
Honda RA301 front-left Honda Collection Hall.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター 日本の旗 ホンダ
デザイナー デリック・ホワイト
中村良夫
佐野彰一
先代 ホンダ・RA300
後継 ホンダ・RA302
主要諸元
シャシー マグネシウムモノコック
サスペンション(前) ダブルウイッシュボーン
サスペンション(後) ダブルウイッシュボーン
全長 3,955 mm
全幅 1,788 mm
全高 845 mm
トレッド 前:1,440 mm / 後:1,400 mm
ホイールベース 2,410 mm
エンジン ホンダ RA301E 2,993 cc 90度 V12 NA ミッドシップ
トランスミッション ホンダ 5速 MT
重量 530 kg
燃料 BP/シェル
オイル BP/シェル
タイヤ ファイアストン
主要成績
チーム ホンダ・レーシング
ドライバー イギリスの旗 ジョン・サーティース
出走時期 1968年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
通算獲得ポイント 14
初戦 1968年 スペインGP
最終戦 1968年 メキシコGP
出走優勝表彰台ポールFラップ
110211
テンプレートを表示

概要編集

RA301はRA301Eエンジンを搭載し、前シーズンに使用されたRA300の改良型であった。ただし内部は川本信彦により大幅にモディファイされ、吸排気系の取り回しが全面的に変更されたほか、バルブスプリングにトーションバーを採用した[1]

ホンダが空冷エンジンを搭載するRA302の開発に焦点を合わせると、RA301の開発は停滞することとなった。サーティースの結果はポールポジション1回(イタリアGP)、決勝最高は2位(フランスGP)であった。信頼性に欠けたマシンはそのほとんどがリタイアとなり、サーティースの完走は3度にとどまった。シーズン途中のイギリスGPからはハイマウント式のリアウィングを装備した。

RA301はフランスGPでRA302に代えられる予定であったが、現場のレース監督であった中村良夫は安全性の問題からRA302を走らせることを拒否。日本から派遣されたエンジニアによってRA302はレースに出走したものの、ドライブしたジョー・シュレッサーが事故死した(詳しくはホンダ・RA302を参照)。なおサーティースはイタリアGPの予選でのみRA302を走らせている。RA301は1968年シーズン末まで使用された。

シーズン後ホンダはF1を撤退したため、RA301は2006年RA106が投入されるまで、実戦を走行した最後のF1マシンとなった[2]

また、シーズン終了後、中村の独断で最終戦が行われたメキシコから直接アメリカに運ばれ、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで11月21日と22日に、ロニー・バックナムの運転によりテスト走行を行っている。

現在はツインリンクもてぎ内にあるホンダコレクションホールに5号車とTカーが1台ずつ保存されており、5号車はイベントなどで頻繁に走行している。

 
サーティースのドライブするRA301、1968年ドイツグランプリ


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ポイント 順位
1968年 ホンダ・レーシング ホンダ RA301E
3.0L V12
F RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
MEX
 
14 6位
  サーティース Ret Ret Ret Ret 2 5 Ret Ret Ret 3 Ret
  ホッブス Ret
ヨアキム・ボニエ・レーシングチーム ホンダ RA301E
3.0L V12
G   ボニエ 5

参照編集

  1. ^ 『F1地上の夢』(海老沢泰久著、朝日新聞社1992年)pp.234 - 236
  2. ^ テストカーとしては1993年にRC100、1998年にRA099を開発した。

外部リンク編集