RVF(アールブイエフ)は、かつて本田技研工業が製造したオートバイのシリーズ商標である。

概要編集

排気量400ccクラスの普通自動二輪車ならびに750ccクラスの大型自動二輪車で、ホンダ・レーシングHRC)が開発し1985年から投入されたレース専用ワークスマシン。1994年に発売された公道走行可能モデルに使用された商標である。

モデル別解説編集

本項では競技専用モデルと公道走行モデルにわけて解説を行うが、いずれのモデルも以下の共通点がある。

競技専用モデル編集

RVF400・RVF750の2モデルが製造された。

RVF400編集

1984年から開催された全日本ロードレース選手権TT-F3クラス[注 2]用に開発され、1985年から投入された。

レギュレーションで公道用市販車をベースにすることを規定されたことからNC13型VF400Fが基になるが[注 3]、エンジンもシリンダーブロックを除くとほぼ新設計となり、カムギアトレーンならびに軽量高剛性のピストンバルブ・コンロッドの採用、キャブ挟み角を72°から52°へと変更しストレートインテーク化を実施し[4]1986年モデルで最高出力70ps以上/13,500rpm・最大トルク3.85kg-m/11,000rpmのスペックを発揮[2]。変速機は常時噛合式6段マニュアルトランスミッションを搭載する[2]

フレームもVF400Fのダブルクレドール型[1]に対してアルミ製ツインチューブダイヤモンド型と全くの別物である[4]。またサスペンション前輪が正立テレスコピック、後輪がプロリンクで、乾燥重量は128kgである[2]

全日本ロードレース選手権での戦績は1985年 - 1986年に山本陽一が、1987年田口益充が年間チャンピオンを獲得している。TT-F3カテゴリー廃止の1991年までレースに投入された。

RVF750編集

   
RVF750
1985年モデル(左) 1991年モデル(右)
フロントフォーク(成立・倒立)
リヤサスペンション(プロリンク・プロアーム)
ボディカウル・タンク形状の差異に注意
ホンダコレクションホール所蔵

1984年から開催された全日本ロードレース選手権TT-F3クラス[注 4]ならびにスーパーバイククラス[注 5]、さらに国際モーターサイクリズム連盟FIM)が主催する世界耐久選手権用のモデル。モデルコードはNW1[5]。ベースモデルはRC15型VF750Fで1984年に投入されたRS750R[注 6]を経て開発された[7] 。改造範囲はRVF400同様にアルミツインチューブダイヤモンド型フレームや後輪プロリンクサスペンションのほか多岐に渡っており、点火順序変更をしたほか4 into2 into 1マフラーを装着し[7]、車重は約140kgで最高出力は130ps以上とされた[8]

1985年にモデルコードNW1Aが投入されて以降、以下で解説する改良が行われた[5]

1986年モデル:NW1B
リヤサスペンションを片持ち式プロアームへ変更。
1987年モデル:NW1C
1986年の鈴鹿8時間耐久ロードレースワイン・ガードナー/ドミニク・サロン組へ先行投入。エンジンをRC24型VFR750Fベースへ変更。
1988年モデル:NW1D
ベースをRC30型VFR750Rへ変更。
1989年モデル:NW1G
1989年モデルを熟成させる小変更。最高出力142.3psのスペックを発揮。
1990年モデル:NW1H
カウル前面メッシュ穴など細部に至る部分まで見直し約7kg軽量化。この年を最後に鈴鹿を除く世界耐久選手権から撤退。
1991年モデル:NW1K
従来許されていたボアアップ1%の禁止化およびガス欠防止策[注 7]に対応。フロントフォークを倒立化。この年を最後にTT-F1が終了。
1992年モデル:NW1P
ラムエアインテークを採用したほか、エンジン・車体剛性など13項目を改良。
   
RVF750 最終1993年モデル
ホンダコレクションホール所蔵
1993年モデル:NW1P
最終モデル。カウルやタンク形状を変更。

以下は主な獲得タイトルである。

FIM世界耐久選手権
スーパーバイク世界選手権:1988年
マン島TTレース:1985年・1988年
全日本ロードレース選手権TT-F1クラス:1988年・1990年・1991年

公道走行可能モデル編集

400cc・750cc共にレーサーレプリカに分類されるモデルであるが、750ccモデルはスーパーバイク競技用のホモロゲーションを兼ねて製造販売された。

RVF編集

 
RVF
1994年モデル

1993年10月22日 - 11月5日に幕張メッセで開催された第30回東京モーターショーに参考出品[9]。1994年1月12日に同月20日から発売することが発表された排気量399ccのモデルである[9]。型式名NC35。NC30型VFR400Rからのフルモデルチェンジ車で、上述したRVF750のテイストを加味した上で以下の変更を実施した[9]

  • キャブレターをレスポンス性に優れ吸気系のストレート化にも貢献するバキュー ムピストン型へ変更
  • エアファンネルを前後不等長タイプとし前後バンクの吸気管長を変更
  • 吸気ポートの内径と形状を見直し
  • バルブ開閉時期の変更外気
  • エクリーナーに直接導入するダイレクトエアインテークシステムを採用
  • 6速マニュアルトランスミッションの1速 - 3速をローレシオ化[注 8]
  • クラッチプレートを10→9枚へ変更
  • フレームを新設計のアルミツインチューブダイヤモンド式へ変更
  • 大径ステムパイプによるフロント廻りを高剛性化
  • フロント側エンジンヘッドとロアケース2点支持方式としたエンジン懸架
  • スイングアームピボット部の結合剛性を最適化
  • フロントフォークを41mm径の倒立タイプへ変更
  • 後輪径サイズを17インチ化
  • フロントブレーキは後述するRVF/RC45と同じ異径4ポット対向ピストンキャリパーローター径296mmのフローティングダブルディスクへ変更
  • リヤブレーキは2ポットピンスライドキャリパーに焼結パッドを組み合わせたシングルディスクへ変更
  • 空力特性を一層向上させ前面投影面積も減少させる目的からフロントカウルをよりスラント・スリム化
  • シートカウル形状を後方へ絞り込んだタイプへ変更
  • ヘッドライトに二輪車国内初となる配光性および明澄性に優れたマルチリフレクター式ツインフォーカスタイプを採用
  • ハンドルグリップ位置を10mm上方・24mm手前へ変更

最高出力は1992年に実施された自主規制の引き下げより59ps[10]から53psへダウンされた[9]

販売目標は5,000台/年、消費税抜希望小売価格は780,000円に設定された[注 9]

1996年2月14日発売で価格据え置きのままカラーリング変更を実施し、2000年代初頭まで販売された[4]

なお、本モデルを最後に本田技研工業が製造する排気量400cc以下のV型4気筒エンジンを搭載するオートバイは存在しない。

RVF/RC45編集

RVF/RC45
公道走行可能車(上)
レース仕様車

上述したNC35型RVF同様に第30回東京モーターショーに参考出品後、1994年1月7日に同月8日から発売することが発表された排気量749ccのモデルである[11]。車名はNC35型RVFと区別するため型式名まで含ませた。

NC35型同様にRVF750で得た技術のフィードバックがされたと共にプロダクションレースのベース車両としてホモロゲーションモデルでもあったRC30型VFR750Rからのモデルチェンジ車という位置付けがされたことから、本モデルもスーパーバイク世界選手権のホモロゲーションに対応して当初は500台限定[11]、1994年8月22日には同日から同年10月15日まで受注期間限定とした上で同年12月10日に発売することが発表された[12]

このためチタン合金マグネシウム合金鋳造アルミ合金などの軽量素材を多用するほか、最新技術を惜しみなく投入したことから消費税抜希望小売価格は当時としては破格の2,000,000円[注 10]に設定されており[注 11]、以下の変更を実施した[11]

  • 内径x行程:70.0x48.6(mm)・排気量748ccを72.0x46.0(mm)・排気量749ccへ変更
  • 燃料供給をキャブレターからPGM-FI電子式燃料噴射装置へ変更
  • カムギアトレーンエンジン中央から右端に配置変更しギア枚数やベアリング数を減少
  • カムシャフトの長さを短縮
  • パウダーメタルコンポジット[注 13]のシリンダースリーブを採用
  • スリッパータイプピストンにチタン合金製コンロッドを採用
  • 大口径4連ボアのスロットルボディやストレートインテークポートを採用
  • 点火時期を最適にコントロールするPGMイグニションを採用
  • ラジエーターはアルミ製上下2分割タイプとし下部裏側に薄型ファンモーターを搭載
  • 大型空冷式オイルクーラーをラジエーター後方へ縦に設置
  • 速度計は針ぶれの少ない軽量コンパクトなアナログタイプ電気式を搭載
  • デジタル水温計を搭載
  • 燃料タンクは容量18Lの軽量アルミ製
  • 足回りの基本設計はNC35型と同様なシステムを構成するが前輪ディスクブレーキはローター径を310mmとした上で焼結パッドを採用
   
RVF/RC45 鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝車
1997年モデル(左) 1998年モデル(右)
ホンダコレクションホール所蔵

スペックは馬力自主規制により最高出力77ps/11,500rpm・最大トルク5.7kg-m/7,000rpmとされたが[11]、HRCから販売されていたレースオプションキットを使用することにより150psを発生させることが可能であり[18]、鈴鹿8時間耐久ロードレース1997年仕様では最高出力160ps以上/14,500rpmを発揮する[4]

主なレースでの戦績
  • スーパーバイク世界選手権:1997年年間チャンピオン(ジョン・コシンスキー
  • 全日本ロードレース選手権スーパーバイククラス:1994年 - 1996年年間チャンピオン(青木拓磨)/1998年年間チャンピオン(伊藤真一
  • 鈴鹿8時間耐久ロードレース:1994年・1995年・1997年 - 1999年優勝

スーパーバイクカテゴリーのレギュレーション変更により1999年をもってレース活動を終了し後継のVTR1000 SPWへ移行した。

諸元編集

車名 RVF[9] RVF/RC45[11]
型式 NC35 RC45
モデルイヤー 1994
全長(m) 1.985 2.110
全幅(m) 0.685 0.710
全高(m) 1.065 1.110
最低地上高(m) 0.120 0.130
ホイールベース(m) 1.335 1.410
シート高(m) 0.765 0.770
乾燥/車重(kg) 165/183 189/211
最低回転半径(m) 2.9 3.3
原動機型式名 NC13E RC45E
冷却・行程 水冷4ストローク4バルブDOHC90°バンクV型4気筒
内径(mm) 55.0 72.0
行程(mm) 42.0 46.0
総排気量 399 749
圧縮比 11.3 11.5
燃料供給 VP90キャブレター PGM-FI電子式燃料噴射
最高出力 53ps/12,500rpm 77ps/11,500rpm
最大トルク 3.7kg-m/10,000rpm 5.7kg-m/7,000rpm
60㎞/h定地走行燃費 30km/L 22km/L
始動方式 セルフ
点火装置 フルトランジスタ式バッテリ
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量 3.0L 4.5L
燃料タンク容量 15L 18L
クラッチ 湿式多板ダイヤフラムスプリング
変速方式 左足動式リターン
変速機 常時噛合6段
1速 3.307 2.400
2速 2.352 1.941
3速 1.875 1.631
4速 1.590 1.434
5速 1.434 1.291
6速 1.318 1.192
1次減速比 2.117 1.939
2次減速比 2.533 2.352
フレーム アルミ合金製ツインチューブダイヤモンド
フロントサスペンション インナーチューブ径41mm倒立テレスコピック
リヤサスペンション プロアーム
キャスター 25°00′ 24°30′
トレール(mm) 92.0
タイヤ(前) 120/60R17 55H 130/70ZR16
タイヤ(後) 150/60R17 66H 190/50ZR17
ブレーキ(前) 異径4ポット対向ピストンフローティングダブルディスク
ブレーキ(前) 2ポットピンスライドキャリパーシングルディスク
消費税抜価格 780,000円 2,000.000円

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 系譜的には1979年に開発されたNR500がルーツとなり、公道走行可能な市販車としては1982年に発売されたVFシリーズにフィードバックされた[1]
  2. ^ 4ストローク400cc以下または2ストローク250cc以下の公道用市販車をベースにしたバイクによって競われるクラス。
  3. ^ 本田技研工業公式HPでは市販車VFR400Fをベースにしたワークスレーサーと記載されているが[2]、NC21型VFR400Fの発売は本モデルレース投入後の1986年である[3]
  4. ^ 4ストローク750cc以下または2ストローク500cc以下の公道用市販車をベースにした改造バイクによって競われるクラス。市販車のクランクケースを使用していれば、フレーム交換やサスペンションの構造変更も可能であり、1988年からはスーパーバイク仕様でのエントリーも可能であった。
  5. ^ 4ストロークエンジンを搭載する公道用市販車をベースにした改造車によって競われる。4気筒の場合は600cc超750cc以下、3気筒では600cc超900cc以下、2気筒では750cc超1000cc以下と、気筒数によって排気量制限が変わるクラス。
  6. ^ 本モデル以前のワークス耐久レーサーには、RCB→RS1000が投入されていたが、本田技研工業では1984年から世界耐久・TT-F1の排気量が750ccとなるレギュレーションの変更を見越しており、1983年にV型4気筒エンジンを含め試作要素の高いRS850R[6]を投入した経緯がある[7]
  7. ^ 1990年の鈴鹿8時間耐久ロードレースで2位走行中だったワイン・ガードナー/マイケル・ドゥーハン組がガス欠でリタイアしたことから、リザーブコックと給油口に透明の覗き窓を装着した[8]
  8. ^ VFR400R:1速:2.928 - 2速:2.166 - 3速:1.800[10]/RVF:1速:3.307 - 2速:2.352 - 3速:1.875[9] なお4速:1.590 - 5速:1.434 - 6速:1.318ならびに1次減速比2.117・2次減速比2.666は共通である[10][9]
  9. ^ 北海道は17,000円高、沖縄は9,000円高、その他一部地域を除く[9]
  10. ^ 前身モデルのRC30型VFR750Rが1987年に発売された際も希望小売価格1,480,000円と当時の日本最高額と話題になったが[13]、本モデルと同時期に本田技研工業が販売していた他の大型自動二輪車の消費税抜希望小売価格は、RC36型VFR750Fが839,000円[14]RC42型CB750が689,000円[15]SC30型CB1000SFが920,000円[16]である。
  11. ^ 北海道は20,000円高、沖縄は10,000円高、その他一部地域を除く[11][12]
  12. ^ 1998年に本エンジンの内径を2mm拡大し排気量781ccとしたRC46E型を搭載したVFRが発売された[17]2020年現在でも基本設計を継承したRC79E型を搭載するRC79型VFR800F・RC80型VFR800Xが製造販売される。
  13. ^ ハイシリコンアルミニウムの粉末に、耐久性を向上させるセラミックスグラファイトを添加し、熱間押し出し成形した素材[11]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集

本田技研工業公式HP
BBB The History