メインメニューを開く

本田技研工業都田サッカー場(ほんだぎけんこうぎょう みやこだサッカーじょう)は静岡県浜松市北区にあるサッカー専用スタジアムである。Honda都田サッカー場とも呼称される。施設は本田技研工業が所有し、運営管理も同社が行っている。

本田技研工業都田サッカー場
"Honda都田サッカー場"
Honda都田サッカー場
ホンダ都田サッカー場の位置(静岡県内)
ホンダ都田サッカー場
施設情報
所在地 静岡県浜松市北区都田町7945[1]
位置 北緯34度48分38.33秒 東経137度43分20.95秒 / 北緯34.8106472度 東経137.7224861度 / 34.8106472; 137.7224861座標: 北緯34度48分38.33秒 東経137度43分20.95秒 / 北緯34.8106472度 東経137.7224861度 / 34.8106472; 137.7224861
拡張 1996年
所有者 本田技研工業株式会社
グラウンド 天然芝
照明
使用チーム、大会
本田技研工業フットボールクラブ日本フットボールリーグ
ホンダFCレディース(-2005年)
収容能力
4,000人
アクセス
#アクセスを参照。

目次

概要編集

日本フットボールリーグ(JFL)に所属する本田技研工業フットボールクラブ(Honda FC)がホームスタジアムとして使用し、本田技研工業サッカー部の時代より日本サッカーリーグ (JSL) の公式戦を開催していた。

観客席はJSL時代はメインスタンドのみであったが、1996年に鉄骨製・可動式のバックスタンドが建築されて全体の収容人員は4,000人となった(メインスタンド:1,498名、バックスタンド:2,502名)。なお、ゴール裏に観客席は無い(雨天時および毎年10月にHonda FCが主催する小学生サッカー大会「Honda CUP」の開会式が行われる試合はメインのみ)。メインスタンドの一部には屋根が敷設されており、放送・記者用ブースも設置されている。

1995年に照明設備が設置された(後述)。

アクセス編集

  • バス
    • JR浜松駅北口から遠鉄バス都田線で「本田サッカー場」下車、徒歩1分[1]
    • JR浜松駅北口から遠鉄バス「浜松駅」行で「都田口」下車、徒歩12分[1][2]
    • JR浜松駅北口から遠鉄バス萩丘都田線で「相羽内科入口」下車、徒歩約15分[1]
  • 自動車

周辺編集

トピックス編集

 
バックスタンド席

照明設備編集

1995年に照明設備が設置されたが、元々は日立柏サッカー場で使用されていたもので、柏レイソル日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)へ加盟した際のスタジアム改修工事で交換された照明設備を譲り受けたものである。この時、柏からはブラジル人FWのロペスが同時に移籍したので、「ロペスが照明灯を背負ってやってきた」と言われた[3]

出典・脚注編集

  1. ^ a b c d Honda都田サッカー場”. 日本フットボールリーグ. 2013年11月21日閲覧。
  2. ^ a b c アクセス”. 本田技研工業フットボールクラブ. 2013年11月22日閲覧。
  3. ^ 出典はアジアサッカー徒然コラム[信頼性要検証]

関連サイト編集