メインメニューを開く

ホーエンリンデンの戦い

ホーエンリンデンの戦い(ホーエンリンデンのたたかい、: Bataille de Hohenlinden: Schlacht bei Hohenlinden)は、ナポレオン戦争における戦闘の一つである。1800年12月3日バイエルン選帝侯領ミュンヘン西部近郊の町ホーエンリンデン英語版 で、 ジャン・ヴィクトル・マリー・モロー率いるフランス軍が、ヨハン・バプティスト大公率いるハプスブルク(オーストリア)軍に対して勝利を収めた。フランスとオーストリアはリュネヴィルの和約を締結した。

ホーエンリンデンの戦い
Bataille de Hohenlinden.jpg
ホーエンリンデンの戦い
戦争イタリア戦役
年月日1800年12月3日
場所バイエルン選帝侯領ミュンヘン西部近郊ホーエンリンデン
結果:フランスの勝利
交戦勢力
Flag of France (1794–1815, 1830–1958).svg フランス共和国 オーストリア帝国の旗 ハプスブルク帝国
Flag of the Electorate of Bavaria.svg バイエルン選帝侯領
指導者・指揮官
フランスの旗 ジャン・ヴィクトル・マリー・モロー オーストリア帝国の旗 ヨハン・バプティスト・フォン・エスターライヒ
戦力
41,990, 野砲99門 46,130, 野砲214門
損害
2,500, 野砲鹵獲1門 4,600, 捕虜8,950, 野砲鹵獲76門
フランス革命戦争

脚注編集

注釈編集

出典編集

参考文献編集

外部リンク編集