ホース・ガール』(原題:Horse Girl)は2020年に配信されたアメリカ合衆国ドラマ映画である。監督はジェフ・ベイナ、主演はアリソン・ブリーが務めた。

ホース・ガール
Horse Girl
監督 ジェフ・ベイナ
脚本 ジェフ・ベイナ
アリソン・ブリー
製作 ジェフ・ベイナ
アリソン・ブリー
メル・エスリン
アラナ・キャリザーズ
製作総指揮 マーク・デュプラス
ジェイ・デュプラス
出演者 アリソン・ブリー
デビー・ライアン
ジョン・レイノルズ
モリー・シャノン
音楽 ジョサイア・スタインブリック
ジェレミー・ザッカーマン
撮影 ショーン・マケルウィー
編集 ライアン・ブラウン
製作会社 デュプラス・ブラザーズ・プロダクションズ
配給 世界の旗Netflix
公開 世界の旗2020年2月7日
上映時間 103分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

概略編集

サラは手芸用品店で働いており、休日は趣味の乗馬を楽しむ生活を送っていた。しかし、そんなサラの幸福な日常はある日を境にして崩れ始めた。その日以来、サラは悪夢に苛まれるようになり、ほどなくして夢遊病の症状が出るに至ったのである。サラの精神状態は悪化の一途を辿り、ついには「自分は祖母のクローンであり、エイリアンに誘拐されたことがある」と主張するようになった。

本作は現実と妄想の区別が徐々につかなくなっていくサラの姿を描き出す作品である。

キャスト編集

製作・マーケティング編集

本作の主要撮影2019年6月17日にカリフォルニア州ロサンゼルスで始まり、同年7月24日に終了した[2]

2020年1月21日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[3]。27日、本作はサンダンス映画祭でプレミア上映された[4]

評価編集

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには46件のレビューがあり、批評家支持率は70%、平均点は10点満点で6.2点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『ホース・ガール』は深遠な主題を掘り下げようとしていない、あるいは、掘り下げることができなかった。しかし、アリソン・ブリーの熱演のお陰で、この非日常を描いたドラマは見応えのあるものになっている。」となっている[5]。また、Metacriticには17件のレビューがあり、加重平均値は61/100となっている[6]

出典編集

  1. ^ ホース・ガール”. 映画.com. 2020年2月16日閲覧。
  2. ^ Horse Girl”. Production List. 2020年2月17日閲覧。
  3. ^ ‘Horse Girl’ Trailer: Alison Brie Can ‘Hear the Future’ in Jeff Baena’s Unpredictable Sundance Premiere”. Indiewire (2019年1月21日). 2020年2月17日閲覧。
  4. ^ Sundance Unveils Female-Powered Lineup Featuring Taylor Swift, Gloria Steinem, Abortion Road Trip Drama”. Hollywood Reporter (2019年12月4日). 2020年2月17日閲覧。
  5. ^ Horse Girl”. Rotten Tomatoes. 2020年2月17日閲覧。
  6. ^ Horse Girl (2020)”. Metacritic. 2020年2月17日閲覧。

外部リンク編集