ホープ・ヒックス

アメリカの元女性モデル

ホープ・ヒックス(Hope Charlotte Hicks1988年10月21日 - )は、アメリカ合衆国の元・ファッションモデルである。ドナルド・トランプ政権においてホワイトハウス広報部長を務めた。

ホープ・ヒックス
Hope Charlotte Hicks
Hope Hicks November 2017.jpg
2017年11月8日撮影
アメリカ合衆国の旗 ホワイトハウス広報部長
任期
2017年8月16日 – 2018年3月29日
大統領ドナルド・トランプ
前任者ショーン・スパイサー(代行)
アンソニー・スカラムーチ、就任前)
後任者ビル・シャイン英語版
個人情報
生誕 (1988-10-21) 1988年10月21日(33歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コネチカット州グリニッジ

略歴編集

1988年10月21日生まれ、コネチカット州グリニッジ出身。大学卒業後、広報の会社に勤めていた際にドナルド・トランプの娘のイヴァンカ・トランプと知り合い、イヴァンカのファッションブランドのモデルや広報を務めた後、ドナルドの不動産会社トランプ・オーガナイゼーションに転職した。2015年に始まった大統領選挙戦の初期からマスコミ対応を担当し、トランプの大統領就任後は、彼女のために新しく作られた役職である戦略的広報を担当をした。

2017年7月31日にアンソニー・スカラムーチが正式に広報部長に就任する前に同職を更迭されたことを受け広報部長代理となり、同年8月16日に正式に広報部長に就任した。ヒックスはいわゆるロシアゲート事件における、トランプの息子ドナルド・トランプ・ジュニアとロシア側のつながりについて鍵となる事実を握っている人物とされ、2018年2月27日には疑惑を調査中の米下院情報特別委員会にて8時間にも及び証言を行った。翌28日、ホワイトハウスはヒックスが近く広報部長を辞任すると発表。

出典編集

公職
先代:
アンソニー・スカラムーチ
正式な就任なし
  ホワイトハウス広報部長
2017年8月16日 - 2018年3月29日
次代:
ビル・シャイン