メインメニューを開く

ホームレス自立支援施設

ホームレス自立支援施設(ホームレスじりつしえんしせつ)とは厚生労働省ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法に基づき、各地方公共団体がホームレス自立支援政策を制定し設置したものがそう呼ばれる。(またはホームレス自立支援センター)

概要編集

様々な理由によりホームレス状態になった人々に対し、一時的な宿泊場所と食事などを提供するとともに、生活指導就労指導を行い、ホームレス状態の脱却を目的とする施設。 入所できるのは、自立の意思があるホームレスだけである[1]東京都神奈川県大阪府愛知県福岡県などにあり、主に福祉事務所経由での入所となる。

利用期間や定員、支援内容は各施設ごとに異なる。

自立支援施設シェルターの機能を両方備えるタイプの施設もある。各自治体の条例により様々なタイプがある。

各地のホームレス自立支援施設編集

大阪市編集

  • 自立支援センター舞洲
平成18年1月6日に大阪市此花区北港白津2丁目に開設された施設である[2]。大阪市所有の土地・建物を利用する「通常型」と、業務委託された民間事業者がセンター周辺の民間賃貸マンション・アパートなどを有償で賃借し入所者を住まわせる「賃貸住宅型」がある[2]。入所できるのは、就労意欲のあるホームレス等となっている[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法(平成十四年八月七日法律第百五号)第3条第1項第1号
  2. ^ a b c 大阪市福祉局自立支援課 (2014年12月). “自立支援センター舞洲 管理運営等業務 受託法人募集要項 (PDF)” (日本語). 大阪市. p. 3. 2016年7月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集