メインメニューを開く

概要編集

教団初期に麻原を支えた人物(ホーリーネームはラーマクリシュナナンダ)が以前在籍していた宗教団体を参考に出家制度とホーリーネーム制度を導入した。サンスクリット語パーリ語チベット語から採られており、仏教経典に出てくる高僧やヒンドゥー教の神々の名前を組み合わせて命名した。中にはサンジャヤ、ゴーサーラなど六師外道からとられたものもいる。

最初にホーリーネームが授与されたのは石井久子で、その次に大内早苗、ラーマクリシュナナンダの順だった[2]

一般的に、後に入信した信者ほど、ホーリーネームが長くなる傾向にあった。出家者名簿記載のホーリーネーム所持者は1994年6月時点で237名、1995年4月時点で663名であった[3]

主要幹部のホーリーネーム編集

麻原一家編集

科学技術省編集

厚生省編集

諜報省編集

自治省編集

建設省編集

法務省編集

文部省編集

  • 杉浦茂 - ヴァジラチッタ・ヴァンギーサ

車両省編集

信徒庁編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ 真理党選挙公報より
  2. ^ 降幡賢一『オウム法廷5』 p.61
  3. ^ 毎日新聞社会部『冥い祈り―麻原彰晃と使徒たち』 1995年9月 p.164

関連項目編集