ホール素子(ホールそし)とはホール効果を利用して磁界を検出する素子である。

用途編集

ホールセンサ編集

ホール効果を用いて磁束密度を測定するセンサ。磁束密度に比例したアナログ電圧が出るセンサと,デジタル出力が出るセンサがある。デジタル出力のホールIC の動作には,次の3 種類がある。

  • (a) Bi-Polar Latch(交番検知,交番動作),
  • (b) Uni-Polar Switch(単極検知,一方向動作,片極検出),
  • (c) Omni-Polar Switch(両極検知)
 
ホールセンサの種類と特性


  • 交番検知(バイポーラ)では,磁極の極性(NS)により出力が切り替わる。磁石が離れた後も,接近していた磁極の極性を覚えている。ブラシレスモータのコイル切替に使われる。
  • 単極検知(ユニポーラ)は,N極あるいはS極の指定磁極の接近を知ることができる。
  • 両極検知(オムニポーラ)は,NS 磁極のどちらでも,接近を知ることができる。

参考文献編集

関連項目編集