メインメニューを開く

ボクはむく犬』(ボクはむくいぬ、The Shaggy Dog)は、1959年アメリカ合衆国コメディ映画

ボクはむく犬
The Shaggy Dog
監督 チャールズ・バートン
脚本 ビル・ウォルシュ
リリー・ヘイワード
原作 フェーリクス・ザルテン
製作 ビル・ウォルシュ
出演者 後述
音楽 ポール・J・スミス
撮影 エドワード・コールマン
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナビスタ
日本の旗 日本RKO
公開 アメリカ合衆国の旗 1959年3月19日
日本の旗 1959年12月24日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 新・ぼくはむく犬
テンプレートを表示

フェーリクス・ザルテン原作の小説『Der Hund von Florenz / The Hound of Florence』の映画化。プレゼンターはウォルト・ディズニー

リバイバル公開時の邦題は『シャギー・ドッグ』。

目次

あらすじ編集

郵便配達夫ウィルソンと夫人のフリーダ、長男のウィルビー、次男のムーチーのダニエルズ一家の隣にある日、考古学者のアンドラッシー博士の一家がヨーロッパから引っ越してきた。

アンドラッシー博士の娘で美しいフランセスカに魅せられたウィルビーの友人バズは、ウィルビーをダシに使ってフランセスカを連れて博物館に出掛けた。そこで知り合いのプラムカット教授に会ったウィルビーは話をしているうちに、誤って中世の指輪が入っている器をひっくり返してしまった。

その夜、ウィルビーはズボンの折り返しの所に1つの指輪が入っているのを見つけた。何気なくそこに刻まれた文字を読んだウィルビーは、突然むく犬に変身してしまう。これをきっかけに、ダニエルズ一家とアンドラッシー一家の双方を巻き込んだ思わぬ騒動が始まる。さらにその過程で、ウィルビーはアンドラッシー博士の素性を知ってしまう。

キャスト編集

続編・リメイク編集

脚注編集

外部リンク編集