ボクシング・グランプリ2007

ボクシング・グランプリ2007が開催された有明コロシアム

ボクシング・グランプリ2007BOXING GRAND PRIX 2007)は、2007年1月3日有明コロシアムで開催されたプロボクシング日本vsメキシコによる対抗戦である。

概略編集

帝拳プロモーション会長本田明彦原案により、ゴールデンボーイ・プロモーションズとのパートナーシップを結び実現。当初は2006年6月3日に予定していたが延期となった。

日本代表総監督を大橋ボクシングジム会長の大橋秀行が務めた[1]

川嶋勝重vsクリスチャン・ミハレスWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチエドウィン・バレロWBA世界スーパーフェザー級初防衛戦となるvsミチェル・ロサダ戦のダブルタイトルマッチに、ノンタイトルを合わせた5vs5の対抗戦形式で行われた。

先鋒、次鋒、中堅の3試合(ノンタイトル10回戦)の勝利チームに1ポイント(引き分け0.5ポイント)、世界タイトルマッチの副将戦(バレロvsロサダ)、大将戦(川嶋vsミハレス)の勝者に2ポイントが与えられて総合点で争われ、4.5vs2.5で日本が勝利した。

しかし、大将戦では川嶋がプロ36戦目で初のTKO負けを喫した[2][3]

試合はテレビ東京系で撮って出し中継。解説は川島郭志、ゲスト解説を長谷川穂積八重樫東が務めた[4]

なお、一部マスコミで「史上初の国別対抗戦」と報道されていたが、それまで日本国内で国別対抗戦はしばし開催されていた。

対戦カード編集

先鋒:58.0kg契約10回戦[5][6]

次鋒:56.0kg契約10回戦[5][6]

中堅:68.0kg契約10回戦[5][6]

副将戦:WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ[5][6]

大将戦:WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ[5][6]

脚注編集