ボクシング・ヘレナ

ボクシング・ヘレナ』(原題:Boxing Helena)は、1993年制作のアメリカ合衆国サイコスリラー映画NC-17指定[2]

ボクシング・ヘレナ
Boxing Helena
監督 ジェニファー・リンチ
脚本 ジェニファー・リンチ
原案 フィリップ・キャランド
製作 カール・マッツォコーネ
フィリップ・キャランド
製作総指揮 ジェームズ・シェイファー
ラリー・シュガー
出演者 ジュリアン・サンズ
シェリリン・フェン
音楽 グレーム・レヴェル
撮影 フランク・バイヤーズ
編集 デヴィッド・フィンファー
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 ヒューマックスギャガ・コミュニケーションズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年9月3日
日本の旗 1993年9月18日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,796,389[1]
テンプレートを表示

デヴィッド・リンチの娘ジェニファー・リンチの監督デビュー作品。「ボクシング」とはスポーツのボクシングではなく、「閉じ込める」という意味の単語「box」の現在進行形。

目次

あらすじ編集

母親の愛を得ることなく育った青年医師ニックは母親への妄執から、忌まわしい記憶のある実家の屋敷に転居した。

ある日、ニックはバーでかつて一夜を過ごした女性ヘレナと再会する。その時から彼はアンという恋人がいるにもかかわらずヘレナの虜になり、何とかしてヘレナの気を引こうとするが、彼女はそんなニックを嫌う。

そんなある日、ヘレナがニックの目の前で交通事故に遭う。ニックはヘレナを自宅に運び込み、両足、さらに両腕もを切断して監禁してしまう。

ニックはヘレナに性的不能を罵られ、人間としての非道さを責められながらも、彼女の愛を勝ち取ろうとする。徐々にヘレナも彼に心を開くようになり、いつしか2人の間には奇妙な愛情が芽生えてくるが、ある日、ヘレナの恋人レイが彼女を探しにニックの屋敷にやって来たことでその生活は終わりを迎える。

レイとの乱闘で気を失ったニックは、ヘレナが入院している病室で目覚めた。そして、同僚の医師アランから、ヘレナの足を切断せずに済んだことを告げられるのだった。

キャスト編集

備考編集

脚注編集

外部リンク編集