ボクシング日本代表選手一覧

ウィキメディアの一覧記事

ボクシング日本代表選手一覧(ボクシングにほんだいひょうせんしゅいちらん)は、国際ボクシング協会 (AIBA) が公認する国際大会に日本代表として出場した選手の一覧。本項では以下の大会に出場した選手について列記する。

オリンピック編集

アムステルダムオリンピック(1928年)編集

1928年アムステルダムオリンピックにて初参加。2名出場。

ロサンゼルスオリンピック(1932年)編集

1932年ロサンゼルスオリンピックには5名出場。

ベルリンオリンピック(1936年)編集

1936年ベルリンオリンピックには5名出場。

ヘルシンキオリンピック(1952年)編集

1952年ヘルシンキオリンピックには2名出場。

メルボルンオリンピック(1956年)編集

1956年メルボルンオリンピックには3名出場。

ローマオリンピック(1960年)編集

1960年ローマオリンピックには5名出場。銅メダル1個獲得。

東京オリンピック(1964年)編集

1964年東京オリンピックには9名出場。金メダル1個獲得。

メキシコシティオリンピック(1968年)編集

1968年メキシコシティオリンピックには4名出場。銅メダル1個獲得。

ミュンヘンオリンピック(1972年)編集

1972年ミュンヘンオリンピックには4名出場。

モントリオールオリンピック(1976年)編集

1976年モントリオールオリンピックには6名出場。

モスクワオリンピック(1980年)編集

ボイコットに付き不参加。出場予定だった選手を記す。

ロサンゼルスオリンピック(1984年)編集

1984年ロサンゼルスオリンピックには7名出場。

ソウルオリンピック(1988年)編集

1988年ソウルオリンピックには7名出場。

  • 黒岩守(ライトフライ級)
  • 瀬川設男(フライ級)
  • 松島勝之(バンタム級) - 5位
  • 山田渉(フェザー級)
  • 東悟(ライト級)
  • 三浦国宏(ライトウェルター級)
  • 高橋良秋(ウェルター級)

バルセロナオリンピック(1992年)編集

1992年バルセロナオリンピックには4名出場。

アトランタオリンピック(1996年)編集

1996年アトランタオリンピックには3名出場。

シドニーオリンピック(2000年)編集

2000年シドニーオリンピックには2名出場。

  • 辻本和正(バンタム級)
  • 塚本秀彦(フェザー級)

アテネオリンピック(2004年)編集

2004年アテネオリンピックには1名のみ出場。1回戦でエンダルカチュ・ケベデ(エチオピア)に敗退。

北京オリンピック(2008年)編集

2008年アテネオリンピックには2名出場。いずれも2回戦敗退。

ロンドンオリンピック(2012年)編集

2012年ロンドンオリンピックには4名出場。金・銅各1個メダル獲得。今大会より新設された女子は出場枠獲得できず。

男子編集

リオデジャネイロオリンピック(2016年)編集

2016年リオデジャネイロオリンピックには2名出場。

男子編集

東京オリンピック(2020年)編集

男子4階級、女子2階級で開催国枠が与えられた[1]。アジア・オセアニア予選で男子1名、女子2名が出場権獲得。女子の出場は初。開催国枠として男子3名追加後、残りは世界最終予選で獲得を目指す。

男子編集

女子編集

世界選手権編集

1974年世界選手権編集

1978年世界選手権編集

1982年世界選手権編集

1986年世界選手権編集

1989年世界選手権編集

1991年世界選手権編集

1993年世界選手権編集

1997年世界選手権編集

1999年世界選手権編集

  • 村橋薫(ライトフライ級)
  • 塚本秀彦(フェザー級)
  • 飯田育夫(ライト級)
  • 松橋拓二(ウェルター級)

2001年世界男子選手権編集

  • 村橋薫(フライ級)
  • 辻本和正(バンタム級)
  • 大谷栄二郎(フェザー級)
  • 飯田育夫(ライトウェルター級)

2003年世界男子選手権編集

2005年世界男子選手権編集

2007年世界男子選手権編集

  • 大久保賢児(ライトフライ級)
  • 須佐勝明(フライ級)
  • 上林巨人(バンタム級)
  • 清水聡(フェザー級)
  • 星大二郎(ライト級)
  • 川内将嗣(ライトウェルター級) - 銅メダル
  • 平野義幸(ウェルター級)
  • 村田諒太(ミドル級)

2008年世界女子選手権編集

女子世界選手権への日本からの派遣は今回が初。

2009年世界男子選手権編集

2010年世界女子選手権編集

  • 池原久美子(ライトフライ級)
  • 新本亜也(フライ級)
  • 箕輪綾子(バンタム級)
  • 釘宮智子(フェザー級)

2011年世界男子選手権編集

今大会で日本最高成績となる銀メダルを獲得。

  • 井上尚弥(ライトフライ級)
  • 須佐勝明(フライ級)
  • 清水聡(バンタム級)
  • 中山翔太(ライト級)
  • 川内将嗣(ライトウェルター級)
  • 鈴木康弘(ウェルター級)
  • 村田諒太(ミドル級) - 銀メダル
  • 岡田良綱(ライトヘビー級)

2012年世界女子選手権編集

2013年世界男子選手権編集

2014年世界女子選手権編集

  • 和田まどか(ライトフライ級) - 銅メダル
  • 釘宮智子(フライ級)
  • 藤野ちなせ(バンタム級)
  • 山崎静代(ミドル級)

2015年世界男子選手権編集

  • 坪井智也(ライトフライ級)
  • 成松大介(ライト級)
  • 鈴木康弘(ウェルター級)

2016年世界女子選手権編集

  • 佐伯霞(ライトフライ級)
  • 和田まどか(フライ級)
  • 新本亜也(バンタム級)
  • 林美涼(フェザー級)
  • 箕輪綾子(ライト級)

2017年世界男子選手権編集

2018年世界女子選手権編集

2019年世界男子選手権編集

2019年世界女子選手権編集

アジア競技大会編集

バンコクアジア大会(1966年)編集

バンコクアジア大会(1970年)編集

テヘランアジア大会(1974年)編集

バンコクアジア大会(1978年)編集

ニューデリーアジア大会(1982年)編集

ソウルアジア大会(1986年)編集

北京アジア大会(1990年)編集

広島アジア大会(1994年)編集

バンコクアジア大会(1998年)編集

釜山アジア大会(2002年)編集

  • 村橋薫(フライ級)
  • 辻本和正(バンタム級)
  • 深石恭夫(ライトウェルター級)
  • 平田直己(ウェルター級)
  • 佐藤幸治(ライトミドル級)

ドーハアジア大会(2006年)編集

3名が出場。銅メダル1個獲得し、国別ランクで北朝鮮シリア、そして開催国カタールと並ぶ11位に付けた[2]

広州アジア大会(2010年)編集

男子3名・女子2名が出場。男女とも銅メダル各1個獲得。

男子編集

  • 須佐勝明(フライ級) - 銅メダル
  • 清水聡(バンタム級)
  • 川内将嗣(ライトウェルター級)

女子編集

仁川アジア大会(2014年)編集

男子6名・女子2名が出場。

男子編集

  • 柏崎刀翔(ライトフライ級)
  • 林田翔太(フライ級) - 銅メダル
  • 藤田健児(バンタム級)
  • 清水聡(ライト級) - 銅メダル
  • 川内将嗣(ライトウェルター級) - 銅メダル
  • 鈴木康弘(ウェルター級)

女子編集

  • 釘宮智子(フライ級)
  • 箕輪綾子(ライト級)

ジャカルタアジア大会(2018年)編集

男子7名・女子1名が出場。

男子編集

女子編集

脚注編集