メインメニューを開く

ボグスワフ・シェッフェルBogusław Schäffer/Schaeffer, 1929年6月6日 - 2019年7月1日)は、ポーランド作曲家演奏家劇作家画家音楽学者。彼より年長のポーランドの作曲家シュテファン・キジエレフスキから「ポーランドの現代音楽の父」と称えられた。

ボグスワフ・シェッフェル
Bogusław Schäffer
Schaeffer.JPG
基本情報
生誕 (1929-06-06) 1929年6月6日
ポーランドの旗 ポーランド・ルヴフ
(現: ウクライナリヴィウ
死没 (2019-07-01) 2019年7月1日(90歳没)
 オーストリアザルツブルク
ジャンル 現代音楽
職業 作曲家
演奏家
劇作家
画家
音楽学者

目次

略歴編集

1929年に、ポーランド領であったルヴフ(現ウクライナリヴィウ)で生まれる。アルトゥール・マラフスキに作曲を師事、ズチツワフ・ヤヒメッキ音楽学を師事。後年にはルイージ・ノーノにも短期間師事している。17歳から作曲を始め、ヴィトルト・ルトスワフスキクシシュトフ・ペンデレツキグループ49と並ぶポーランド楽派の中心人物とされる。2009年末で音楽作品は600作を超え、そのうちの半数が1990年以降に作曲された。また44作以上に及ぶ彼の戯曲は16か国語に翻訳されて国内外で広く上演されている。

1996年には462ページを要する「シンフォニア/コンチェルト」を一年足らずで書き上げ、2003年5月には、かつての同僚であったサクソフォーン奏者アンジェイ・ルジムコスキと作曲者自身のピアノでデュオリサイタルを開き、そのための作品を全曲新たに書き下ろした。2006年にはワルシャワで、ボグスワフ・シェッフェル60年の作家人生を称えるコンサートが開かれ、1時間近くにも及ぶ「ピアノと電子メディアのためのグランドソナタ」を自作自演している。2007年に、大芸術家勲章をザルツブルク市より授与。2009年に、80歳記念のイヴェントが国内外で祝われた。

2019年7月1日オーストリアザルツブルクにて天寿を全うした[1]。90歳没。

教育編集

クラクフの音楽アカデミーで教えた後はオーストリアに移住し、モーツァルテウムで作曲の教授を2000年まで務めた。新しい複雑性の継承者となったクラウス・K・ヒュープラーを始め、作曲の弟子は世界中に数多い。

真に新しい前衛作曲家の育成を夢見た彼は、1993年からシュヴァーツで「アヴァンギャルド・シュヴァーツ」の名を冠した夏期講習を開始し、多くの若手作曲家を指導した。その中には2001年度武満徹作曲賞で第二位を得たパナヨティス・ココラスカントゥスアンサンブル賞及びショスタコーヴィチ国際作曲コンクール第2位を得たアントニオ・ツィメルマンISCM-IAMIC賞ブザンソン国際作曲コンクールウディネ市国際作曲コンクール第1位を得たレイレイ・チャンヴィトルト・ルトスワフスキ国際作曲コンクール第1位を得たマリオス・ヨアンノー・エリアなどの名が見られる。「アヴァンギャルド・シュヴァーツ」はシュヴァーツ市の財政難を理由に2002年から一時中断し、2006年第10回セミナーからアヴァンギャルド・チロルと改称しゼーフェルトで開催されている。セミナー期間中には招待若手作曲家へ1週間強で新曲を書き下ろすノルマを課している。

1999年から2002年には、アンジェイ・パヌフニク国際作曲コンクールの審査員長を務めており、現在も忙しくポーランドとオーストリアを往復している。ポーランド音楽出版社刊『作曲概論』は前衛の時代を隈なく解説した良著として、谷口昭弘クンス・シムヴァルター・ギーゼラーらに賞賛された。

作品編集

Polish Music Information Centre WEBサイト内に、年代と編成を網羅した作品データベースが設けられている。全作品及び著作集は、ザルツブルクのCollsch社より入手することができる。また販売された音源は全作品の5%にも満たない。記録された音源を含めても、全作品の20%にも満たない。

公式サイトにはシェッフェルの作品の558曲が登録されているが、誤って曲の題名を記したもの、初演データの漏れたもの、挙句の果てには作曲され発表したにもかかわらず掲載のないものが存在する。

シェッフェルは他国へ自作の楽譜を寄贈することがよくあり、世界各国の図書館や音楽資料室で彼の出版社「Collsch Edition」を見かけることは珍しくない。

研究と受容編集

バルバラ・ドブレツベルガーヤドヴィガ・ホードラルドミラ・スタヴォヴィヨアンナ・ザヨッチ等により、研究書が刊行されている。

前述の『作曲概論』は中国語版と韓国語版が存在するが、参照された楽譜例の中に黛敏郎の作品があるにもかかわらず日本語版はついに出版されることはなかった(部分的な日本語翻訳には、嶋津武仁によるものが月刊『音楽の世界』(日本音楽舞踊会議)の1984年5月号p18-19と同1985年4月号p16-19にボゴスワフ・シェフェル「作曲序説」として掲載されている)。 なお、ポーランド音楽出版社のカタログからも2000年には消滅している。

外部リンク編集

参考文献編集

  • Filozofia kultury Bogusława Schaeffera ヤドヴィカ・ホードラ著
  • GRAFIKI BOGUSŁAWA SCHAEFFERA Państwowy Instytut Wydawniczy ヤドヴィカ・ホードラ著
  • ruchmuzyczny 近年のシェッフェルの音楽・ヤドヴィカ・ホードラ著
  • Leben, Werk, Bedeutung ルドミラ・スタヴォヴィ著
  • ポーランドの前衛ボグスワフ・シェッフェル バルバラ・ドブレツベルガー著
  • 50年の創作軌跡 本人著
  • ボグスワフ・シェッフェル・アンソロジー マグダ・ロマンスカ著

脚注編集

全作品リスト(ポーランド語のみ)編集