ボス その男シヴァージ

ボス その男シヴァージ』(ボス そのおとこシヴァージ、原題:Sivaji/Sivaji: The Boss)は、2007年に公開されたインドマサラ映画シャンカールが監督を務め、ラジニカーントシュリヤ・サランスマン英語版ヴィヴェーク英語版ラグヴァラン英語版が出演しており、音楽監督はA・R・ラフマーン、美術監督はソータ・サラニ、撮影監督はK・V・アナンド英語版が務めている。

ボス その男シヴァージ
Sivaji
Sivaji: The Boss
監督 シャンカール
脚本 シャンカール
スワナンド・キルキレー英語版(ヒンディー語ダイアログ)
スジャータ(ダイアログ)
スジャサ・ランガラジャン英語版(ダイアログ)
製作 M・S・グーハン英語版
サラヴァンナン英語版
出演者 ラジニカーント
シュリヤ・サラン
スマン英語版
ヴィヴェーク英語版
音楽 A・R・ラフマーン
撮影 K・V・アナンド英語版
編集 アンソニー
製作会社 AVMプロダクション英語版
配給 インドの旗 AVMプロダクション
日本の旗 アンプラグト
公開 インドの旗 2007年6月15日
日本の旗 2012年12月1日
上映時間 185分
製作国 インドの旗 インド
言語 タミル語
製作費 ₹600,000,000 - 780,000,000[脚注 1]
興行収入 ₹1,280,000,000[4]
テンプレートを表示

2007年6月15日にタミル語版が公開され、同時にテルグ語吹替版も公開、2010年1月8日にはヒンディー語吹替版が公開された。ナショナル・フィルム・アワードを1つ、フィルムフェア賞 南インド映画部門を3つ、ヴィジャイ・アワードを2つ受賞するなど批評家から高い評価を集め、興行的にも成功を収めた。2012年12月12日には155分に短縮された3D版が再上映された。

あらすじ編集

キャスト編集

ラジニカーント
シュリヤ・サラン
ヴィヴェーク
スマン
カメオ出演

製作編集

企画編集

 
シャンカール

ジーンズ 世界は2人のために』で成功を収めたシャンカールは、ラジニカーントを主役に起用することを念頭に次回作『Mudhalvan』の脚本執筆に取りかかった[7]。しかし、ラジニカーントは『パダヤッパ いつでも俺はマジだぜ!英語版』の撮影スケジュールが決まっていたため出演できず[8]、代わりにアルジュン・サルジャ英語版が起用された[9]。2005年に『Anniyan』が公開された後、シャンカールは次回作の製作に取りかかる前に休暇を取ることを決めた[10]。同年8月、ラジニカーントはAVMプロダクション英語版との間に次回作の出演契約を結んだ[11][12]。また、その作品でシャンカールが監督を務めることが確認された[11]。製作陣はタイトルについて問題化することを避けるためシヴァージ・ガネーシャン英語版の遺族に了解を得た後、8月24日に製作発表を行った[13]。タイトルは「Sivaji」となり[13]、タイトルに続く「The Boss」は「社会活動学士号」を意味している[14]。本作はAVMプロダクション第168作目[15]、ラジニカーントにとっては154作目[11](タミル語映画としては100作目[16])、AVMプロダクション出演作としては9作目の映画となった[11]。ラジニカーントの伝記を著したナマン・ラーマチャンドラン英語版によると、本作はAVMプロダクション創設者A・V・メイヤッパン英語版の生誕100周年を記念して製作されたという[17]

シャンカールは監督の他に原案、脚本も担当している[18]A・R・ラフマーンは映画のサウンドトラックとバックグラウンドスコアを担当し、3000万ルピーの報酬を受け取った[19]スジャサ・ランガラジャン英語版は脚本のダイアログを担当している[18]。助監督はプラブ・ラージャ・チョーランが務め[20]、ラジニカーントの娘サウンダリヤー・ラジニカーントはグラフィックデザイナーとして参加している[21]。2005年8月にK・V・アナンド英語版が撮影監督に起用され[22]、衣装デザイナーの責任者にはマニシュ・マルホートラ英語版[23]、編集と美術監督にはそれぞれアンソニーソータ・サラニが起用された[18]。ラジニカーントのメイクアップアーティストにはバヌ英語版が起用された[24]

キャスティング編集

当初、ヒロイン役にはアイシュワリヤー・ラーイが検討されていた[25]。しかし、2005年10月にシャンカールとラジニカーントはシュリヤ・サランがヒロイン役を演じることを公表した[26]。彼女の声はカニハ英語版が吹き替えており[27]、カニハにとって『Anniyan』に続き2度目のシャンカール監督作品への出演となった[27]。同年11月、ヴィヴェーク英語版が主人公シヴァージの叔父役で出演することが発表された[28]スナイナ英語版は特別出演としてタミル語映画デビューを果たす予定だったが、最終的に彼女の出演シーンは全てカットされた[29][30]。『チャンドラムキ 踊る!アメリカ帰りのゴーストバスター』でラジニカーントと共演したナヤンタラ英語版は「Baleilakka」のダンスシーンに出演することが発表された[31][32]

悪役アーディセーシャンにはアミターブ・バッチャンプラカーシュ・ラージモハンラル英語版が検討された後、2006年3月にスマン英語版が起用された[33]サティヤラージはオファーを受けたものの、出演を辞退している[34]。スマンは役作りのために髭を剃り、義歯を装着して撮影に臨んでいた[35]。また、シャンカールはスマンのために白のドウティ、シャツ、靴、ロレックスの時計、レイバンのサングラスを用意するように衣装デザイナーに指示している[35]。スマンがラジニカーントと共演するのは1981年公開の『Thee』以来となる[36]。スマンの吹き替えはスッブ・パンチュ・アルナーチャラム英語版が担当している[37]。助演としてソロモン・パッパイアー英語版パッティマンドラム・ラージャ英語版が起用され、ラージャは本作がデビュー作となった[38][39][40]。シヴァージの両親役にはマニヴァンナン英語版ヴァディヴッカラシ英語版が起用され[41][42]ラグヴァラン英語版は博士役に起用された[6]

撮影編集

2005年11月28日にAVMプロダクションで主要撮影を開始するに際して、プージャ英語版が執り行われた。この儀式は極秘に行われ、重要なキャストとスタッフのみが参加した[28]。12月14日にハイデラバードラモジ・フィルムシティで「Vaaji Vaaji」の歌唱シーンの撮影が行われ、ラジニカーントとサランが参加した[43][44]。ラモジ・フィルムシティでの撮影はサラニがシャンカールに提案したものであり、彼は美術監督としてのスキルと経験を活かせる撮影スタジオとして同地を考えていた[44]。「Vaaji Vaaji」のシーンのバビロニアの宮殿は、シャンカールがサラニに依頼した「色彩の多い宮殿」を実現するために作られている[44]。サラニはダンサー80人とジュニア・アーティスト100人を動員するために40階建てのバビロニアの宮殿を作り出した[45]。アナンドによると「Vaaji Vaaji」のシーンはスーパー35モーションピクチャー・フィルムフォーマットで撮影され、8日間で終了したという[46]G・ダナンジャヤン英語版は著作『The Best of Tamil Cinema 』の中で、「Vaaji Vaaji」のシーンだけで3500万ルピーの費用がかかっていると述べている[47]

私は四季を描いたガラスのドームをデザインすることに決めました。しかし、シャンカールは砂漠と花があるデザインを求めてきました。そこで、私たちは一方に砂漠、もう一方には岩と滝、花をデザインすることにしたのです。
— ソータ・サラニ[48]

ラモジ・フィルムシティでは「Sahana」の歌唱シーンも撮影されたが、サラニは同シーンのセット・デザインを「非常に挑戦的なものだった」と語っている[48]。伝統的な四季を歌う歌詞を読んだ彼は、日本で開催されたシンポジウムで使用した「Living in Seasons」というコンセプトを活用することを考えついた[脚注 2]。彼はセット・デザインのために「伝統的な日本の家」「現在の家」「未来の家」という3つのコンセプトを提案し、シャンカールは円形・正方形・ピラミッドの透明なドームが立ち並ぶ「未来の家」のデザインを採用した[48]。円形ドームの周囲には通路があり、50メートルの高さから水が落ちる仕組みになっている。「未来の家」はアクリル樹脂とガラスで作られており、アクリル樹脂は床を作る際に使用され、30日間かけて製作された[50]

A・R・ラフマーン
K・V・アナンド
ソータ・サラニ
アンソニー

サラニはタミルセルヴィーが働くミュージックストアと周囲の通りや倉庫、彼女の自宅、アーディセーシャンのオフィスも製作している[49]。ミュージックストアはヴィクトリア様式英語版のデザインが施され、倉庫のセットはAVMプロダクション内に作られ、アクションシーンも同地で撮影された[51]。野外シアターでのアクションシーンの撮影は15日から20日間ほどかかり、このセットもサラニが製作している[52]。アナンドは撮影に際し、エアスター・スペース・ライティング社のバルーン・ライト英語版を使用している[52][53]。タミルセルヴィーの自宅内部のセットはタミル・ナードゥ州住宅局英語版が建設したアパートの切り抜きを利用してデザインされている[54]

2006年5月、スペインビルバオビルバオ・グッゲンハイム美術館[3][55]バレンシア芸術科学都市という設定で「Style」のダンスシーンが撮影された[56]。このシーンのシヴァージの外見は、V・スリニヴァス・モハンが作成したCGI画像を使用している。また、アナンドはラジニカーントとバックグラウンドダンサーであるジャッキーのシーンをすべて再撮影している。ラジニカーントとジャッキーのシーンは4K解像度でスキャンされた後、ジャッキーの肌の色がラジニカーントの肌にデジタル移植された[57]。フランス人スタイリストのサンドリン・ヴェリアル・セスは、映画全体で2種類、「Style」のシーンだけで13種類のヘアスタイルをデザインした[58]。「Balleilakka」のダンスシーンは、ラジニカーントのファンが殺到することを危惧してタミル・ナードゥ州内での撮影を断念し、プネー近郊のワーイ英語版で500人を動員して8日間かけて撮影された[32]。このシーンにはトリチュール英語版の民俗芸術プリカリ英語版のダンサー50人が、シャンカールに雇われて出演している[59]

2006年11月、ラジニカーント、サラン、ヴィヴェークの登場シーンがプネー・ジャンクション駅英語版で撮影された[60]。ラジニカーントとヴィヴェークが登場する主要シーンの撮影はチェンナイヴィクトリア公会堂英語版で行われた[61][62]ビニー&カンパニー英語版ではアクションシーンと「Athiradi」のダンスシーンが撮影され、「Athiradi」のセットはヴェネツィアを模して製作されている[63]。ラジニカーントは、マガルパッタ英語版のSEZタワーで行われたクライマックスシーンの撮影のために頭髪を剃りスキンヘッドにした[64][65]。2007年2月に主要撮影が終了した[66]。シヴァージとアーディセーシャンのクライマックスシーンはヴェルス大学英語版で撮影された[67]。アナンドはRediff.comの取材で、ダンスシーンとアクションシーン以外の撮影は65日以内に終了すると語っている[68]。ラジニカーントはテルグ語吹替版のために複数のシーンを再撮影している[69]

音楽編集

バックグラウンドスコアはパラグアイで再録音された後[70]、ラフマーンはロンドンで再録音を行った[70][71]。サウンドトラック発売の1か月前に3曲がインターネット上に流出する事件が発生したが、この3曲は公式のものとは異なっており、別人の歌手が歌っている非公式なものだった[72][73][74]

作品のテーマ編集

多くの批評家が本作のテーマは、シャンカールの過去作品『Gentleman』『Mudhalvan』の影響を受けていると指摘している[75]。本作は汚職と資金洗浄と、それを取り除こうとする主人公というテーマが採用されている[76]ニューインディアン・エクスプレス英語版のゴーピナス・ラジェンドランは、富裕層から貧困層へ施しを与えるという点で、主人公シヴァージをロビン・フッドと比較している[77]。シヴァージはソフトエンジニアであり、インド国内の汚職に苛まれ「富める者はより豊かに、貧しい者はより貧しくなる」貧困層の現状を目の当たりにしている[78]。また、汚職を目の当たりにしたシヴァージに海外へ戻るように促す叔父に対して、シヴァージが「どこに戻れと言うのか。ここは我が家だ」と返答するシーンを通して彼の愛国心が描かれている[79]

公開編集

配給編集

テレビ放送権はカライグナルTV英語版が4000万ルピーで取得した[80]。AVMプロダクションは配給権をケーララ州3,500万ルピー、アーンドラ・プラデーシュ州1億4000万ルピーで売却した。2007年5月30日に3分間の予告編がCNN-IBNで放映された[81]。オフィシャルトレーラーはGalatta.comとアインガラン・インターナショナル英語版から公開された[82]。当初、公開日は2007年4月14日を予定していた[15][83]。しかし、ポストプロダクションの遅延のために6月15日に変更となった[84][85]。7月15日にAVMプロダクションはヒンディー語吹替版を製作することを発表し、2010年1月14日に公開された[85][86][87]

特別上映編集

ラジニカーントは自身の政治的関係を活用して、数人の政治家のために映画を上映している。2007年6月14日には元アーンドラ・プラデーシュ州首相チャンドラバーブ・ナイドゥ英語版のためにハイデラバードで上映会を開催した[88]。彼はスペシャルビューイングの際には同州首相Y・S・ラジャセカラ・レッディ英語版を招待すると語っており、この他にタミル・ナードゥ州首相M・カルナーニディ[89]、元同州首相J・ジャヤラリター英語版[90]、インド財務大臣P・チダンバラムも映画を観ることに熱心だったと語っている[89]。また、プライベート上映会の際にはアミターブ・バッチャンを招待している[91]

3D版上映編集

2012年に『Sivaji 3D』が上映された。これはオリジナル版をドルビーアトモスでリマスターした後に3D形式にポストコンヴァーシングして作成されたものである[92]。『Sivaji 3D』は新しいドルビーアトモス・プラットフォームを備えた最初のインド映画となった[93][94]。3D版の予告編は2012年8月13日にプラサード・スタジオ英語版から発表され[95]、ラジニカーントの誕生日である12月12日に合わせて公開された[93][96]。3D版の収録時間はオリジナル版よりも短縮された155分となっている[97]

トラブル編集

2007年7月9日、M・サティヤムールティは映画がインド国民会議ソニア・ガンディーマンモハン・シンの名誉を棄損していると訴えて上映中止を要求した。訴えの根拠としてサティヤムールティは、悪役であるアーディセーシャンの登場シーンにガンディーとシンの肖像が背景に描かれ、彼がインド国民会議の党員であることを示唆している点を挙げている[98]。彼は監督、プロデューサー、主演俳優に対して5億ルピーの損害賠償をインド国民会議タミル・ナードゥ州支部に支払うように要求した[99]。また、助監督の1人であるジャヤ・ラージャデヴァンは「リジナルの脚本を書いたのは自分だと主張して映画審査の差止を裁判所に請求した。裁判所はシャンカールに通知を送付したものの、映画の審査は中止されなかった[93][100]

評価編集

興行収入編集

世界750スクリーンで上映され[16]、劇場は満席に近い状態だった[101]。内訳はタミル・ナードゥ州303スクリーン、アーンドラ・プラデーシュ州300スクリーン、北インド12スクリーン、それ以外の地域が145スクリーンとなっている[16][102]。チェンナイでは16スクリーンで上映され、公開4日間で1350万ルピーの興行収入を記録し、当時のタミル語映画の興行記録を更新した。映画はケーララ州、バンガロールの他、カンナダ語圏でも13スクリーンで上映された[103]ニューデリーではPVRシネマズ英語版の4スクリーンで上映され[104]、「映画への圧倒的な反応」があったため公開第2週までに上映スクリーン数は12に拡大された[105]。映画はムンバイ[103]コルカタ[106]の他、伝統的にタミル語映画の市場とは見なされなかったプネー[107]ヴァドーダラーでも収益を上げた[108]。チェンナイでの興行収入は公開第2週に4070万ルピー、第5週に8500万ルピー、第7週に1億ルピーを記録している[109][110][111]

国際市場では北米ヨーロッパ東南アジア、湾岸諸国、オーストラリアなど20か国以上でタミル語版が公開され、マレーシアではインターナショナル版が公開された[112][113]。マレーシアでは200万ドルの興行収入を記録しており[114]シンガポールでも高い集客力を示している[115]。スリランカでは70スクリーンで上映され、チケットは完売している[116]。海外の主要な市場となっている湾岸諸国でも高い人気を得た[117]カナダでは3つの主要都市10スクリーンで上映され[118]イギリスでは1スクリーン当たり1万4000ポンドの収益を上げ、タミル語映画として初めて映画ランキング・トップ10入りを果たし、アメリカ合衆国では当初24スクリーンで上映されたが、後にタミル語版が19スクリーン、テルグ語版が21スクリーンで追加上映された[119]。イギリスでの公開時には13秒のシーンがカットされている[120]南アフリカ共和国ではケープタウンでは興行的に失敗したものの、ヨハネスブルグダーバンでは興行的に成功し、タミル語映画として初めてトップ10入りを果たした[121]シンガポール航空は機内での3か月間の上映権を取得しており、これはタミル語映画として初めてのことだった[122]

最終的な海外興行成績はアメリカ200万ドル、カナダ50万ドル、イギリス75万ドル、ヨーロッパ・湾岸諸国75万ドル、マレーシア200万ドル、シンガポール75万ドル、スリランカ125万ドル、オーストラリア・ニュージーランドタイ王国25万ドルとなっている[123]

批評編集

ザ・ヒンドゥー英語版のマラーティー・ランガラジャンは「映画は終結に向かって弛んでいく」と述べて主人公シヴァージとストーリーに低評価を下したが、キャストや美術、撮影技術やアニメーションについては高評価を下している[124]。同じくザ・ヒンドゥーのアナント・クリシュナンは「映画は凝り固まった汚職に対する効果的な知見を提示するが、映画が提供するかなり不穏な治療方法は、古き良きヴィジランティズムだ。興行的には成功したが、汚職を改善するのではなく拒絶するというメッセージは悩ましいものだった」と批評している[125]ヒンドゥスタン・タイムズ英語版のT・S・V・ハリは「『ボス その男シヴァージ』は、シャンカールのこれまで作ったジンゴイズム的、場当たり的な作品の二番煎じである」と批評したが、映画の興行的成功と撮影技術は高評価している[126]ザ・タイムズ・オブ・インディアは映画の内容について「何ら新しいものは提供されない」ものの、その面白さは保証されているとして4/5の星を与えている[127]。Rediff.comのR・G・ヴィジャヤサラティーは「論理はなく、だたラジニカーントの魔法があるだけ」と述べ、反腐敗のメッセージ性を非論理的であると酷評したものの、ラジニカーント、サラン、ヴィヴェークの演技と技術スタッフの仕事振りについては高く評価している[128]

受賞・ノミネート編集

映画賞 部門 対象 結果 出典
ナショナル・フィルム・アワード 最優秀視覚効果賞英語版 インディアン・アーティスツ 受賞 [129]
フィルムフェア賞 南インド映画部門 最優秀タミル語音楽監督賞英語版 A・R・ラフマーン [130]
最優秀撮影監督賞英語版 A・V・アナンド
最優秀美術監督賞 ソータ・サラニ
最優秀タミル語主演男優賞英語版 ラジニカーント ノミネート
最優秀タミル語作品賞英語版 ボス その男シヴァージ
最優秀タミル語女性プレイバックシンガー賞英語版 チンマイ英語版
ヴィジャイ・アワード フェイバリット男優賞英語版 ラジニカーント 受賞 [131]
フェイバリット女優賞英語版 シュリヤ・サラン ノミネート
最優秀音楽監督賞英語版 A・R・ラフマーン 受賞
最優秀女性プレイバックシンガー賞英語版 チンマイ[132] ノミネート
最優秀男性プレイバックシンガー賞英語版 ウディット・ナラヤン英語版
タミル・ナードゥ州映画賞 最優秀作品賞英語版 ボス その男シヴァージ 受賞 [133]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 製作費についてはエコノミック・タイムズは6億ルピー[1]、ザ・テレグラフは7億ルピー[2]、インディア・トゥデイは7億8000万ルピーと報じている[3]
  2. ^ シンポジウムの開催年について、ザ・ヒンドゥー英語版は1991年[49]Rediff.comは1992年と報じている[48]

出典編集

  1. ^ “Sivaji mania: Theatres out of tickets”. The Economic Times. (2007年6月15日). http://articles.economictimes.indiatimes.com/2007-06-15/news/28463123_1_sivaji-ticket-prices-book-tickets 
  2. ^ The Telegraph – Calcutta (Kolkata) – 7days – Starry starry might”. 2015年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月15日閲覧。
  3. ^ a b Lakshmi Subramanian (2007年7月9日). “The Boss”. India Today. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  4. ^ Rajinikanth's overseas market doubles from Sivaji”. Economic Times (2010年10月23日). 2018年8月6日閲覧。
  5. ^ a b Chanda, Arup (2007年6月24日). “Rajnikanth THE BOSS”. The Tribune. http://www.tribuneindia.com/2007/20070624/spectrum/main1.htm 2018年5月2日閲覧。 
  6. ^ a b c d Gautaman Bhaskaran (2007年7月27日). “Sivaji -- the Boss”. The Hollywood Reporter. 2015年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月10日閲覧。
  7. ^ Rajinikanth was to do Shankar's 'Mudhalvan'” (2013年9月7日). 2015年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  8. ^ Ramachandran 2014, p. 156.
  9. ^ Malathi Rangarajan (1999年11月12日). “Cinema Reviews – Mudhalvan”. The Hindu. 2011年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月9日閲覧。
  10. ^ T. Krithika Reddy (2005年6月21日). “'Success is a sweet struggle'”. The Hindu. 2015年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月9日閲覧。
  11. ^ a b c d S. R. Ashok Kumar (2005年8月20日). “Rajni, Shanker and AVM, a mega tie-up”. 2015年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  12. ^ A. Ganesh Nadar (2006年3月20日). “AVM: 60 years and counting”. Rediff. 2015年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  13. ^ a b Rajni's new film titled 'Sivaji'” (2005年8月24日). 2015年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月11日閲覧。
  14. ^ Y. Sunita Chowdhary (2007年6月16日). “Rajnikanth stamps his class: Film Review”. 2015年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月25日閲覧。
  15. ^ a b “`Sivaji' to be released on Tamil New Year's day” (英語). The Hindu. (2007年2月24日). https://www.thehindu.com/todays-paper/tp-national/tp-tamilnadu/%60Sivaji-to-be-released-on-Tamil-New-Years-day/article14724987.ece 2018年9月20日閲覧。 
  16. ^ a b c Singh, Kishore (2007年6月16日). “Heroworshipping Rajinikanth”. 2011年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月9日閲覧。
  17. ^ Ramachandran 2014, p. 209.
  18. ^ a b c Dhananjayan 2011, p. 292.
  19. ^ Arthur J. Pais (2007年5月30日). “AR Rahman, on Sivaji and sisters”. Rediff. 2012年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  20. ^ S. R. Ashok Kumar (2012年8月18日). “Audio Beat: Karuppampatti”. 2015年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  21. ^ Ramachandran 2014, p. 234.
  22. ^ Shobha Warrier (2007年5月14日). “The man who shot Sivaji – Slide 1”. Rediff. 2015年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月25日閲覧。
  23. ^ T. Krthika Reddy (2007年4月19日). “Too haute to handle?”. The Hindu. 2015年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月25日閲覧。
  24. ^ Sudha Umashanker (2007年7月12日). “Readying the boss”. The Hindu. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  25. ^ “Happy Birthday Aishwarya Rai Bachchan: A look at 5 best performances in Tamil”. India Today. (2017年11月1日). https://www.indiatoday.in/movies/celebrities/story/happy-birthday-aishwarya-rai-bachchan-5-best-tamil-films-1078196-2017-11-01 2018年9月25日閲覧。 
  26. ^ Shreya is Rajinikanth's heroine in "Sivaji"” (2005年10月13日). 2015年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  27. ^ a b Shobha Warrier (2007年5月24日). “The voice behind Shriya in Sivaji”. Rediff. 2015年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月10日閲覧。
  28. ^ a b S. R. Ashok Kumar (2005年11月29日). “Rajnikant starrer 'Sivaji' launched”. The Hindu. 2015年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月25日閲覧。
  29. ^ “பட பட பட்டர் ஃப்ளைஸ்!” (タミル語). Ananda Vikatan. (2009年10月14日). http://www.vikatan.com/anandavikatan/2009-oct-14/cinema-news/41830.html 2017年10月10日閲覧。 
  30. ^ Shankar, S. (director). Deleted Scenes from Sivaji (2007) (motion picture). India: Kalaignar TV. from 00:42 to 01:58. 2015年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ
  31. ^ Nayan pips Asin!”. Sify (2006年10月16日). 2015年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  32. ^ a b Radhika Rajamani (2007年6月1日). “Rajni sir has excellent style”. Rediff. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月1日閲覧。
  33. ^ S. R. Ashok Kumar (2006年3月12日). “Suman to play villain in Sivaji”. The Hindu. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月13日閲覧。
  34. ^ Rangarajan, Malathi (2012年1月28日). “Character Call”. The Hindu. https://www.thehindu.com/features/cinema/Character-Call/article13384697.ece 2018年9月20日閲覧。 
  35. ^ a b Radhika Rajamani (2007年6月11日). “Meet the villain of Sivaji – Page 2”. Rediff. 2015年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月1日閲覧。
  36. ^ N. Kesavan (2016年4月14日). “Villains with heroic pasts”. The Hindu. 2016年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月4日閲覧。
  37. ^ Malathi Rangarajan (2010年10月3日). “Making an impression”. The Hindu. 2015年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月10日閲覧。
  38. ^ T. Saravanan (2010年2月26日). “Mesmerising the masses”. The Hindu. 2015年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  39. ^ Shreya’s father shares his experience of acting with Superstar in Sivaji!!”. Behindwoods (2006年7月31日). 2018年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月20日閲覧。
  40. ^ Dindugal Leoni back to acting”. Deccan Chronicle (2018年3月30日). 2018年12月19日閲覧。
  41. ^ S. R. Ashok Kumar (2006年5月25日). “I prefer to be in films, says Vadivukkarrasii”. The Hindu. 2015年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  42. ^ A. Ganesh Nadar (2007年6月8日). “'Rajni is an inspiration'”. Rediff. 2015年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  43. ^ 'Sivaji' starts rolling!”. Sify (2005年12月14日). 2015年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月25日閲覧。
  44. ^ a b c Shobha Warrier (2007年5月16日). “Thota Tharani on Sivaji – Slide 2”. Rediff. 2015年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月29日閲覧。
  45. ^ Shobha Warrier (2007年5月16日). “Thota Tharani on Sivaji – Slide 3”. Rediff. 2015年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月25日閲覧。
  46. ^ Shobha Warrier (2007年5月14日). “The man who shot Sivaji – Slide 2”. Rediff. 2015年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月25日閲覧。
  47. ^ Dhananjayan 2011, p. 294.
  48. ^ a b c d Shobha Warrier (2007年5月16日). “Thota Tharani on Sivaji – Slide 4”. Rediff. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  49. ^ a b Savitha Gautham (2007年7月20日). “'For me, every set is a challenge'”. The Hindu. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  50. ^ Shobha Warrier (2007年5月16日). “Thota Tharani on Sivaji – Slide 5”. Rediff. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  51. ^ Shobha Warrier (2007年5月16日). “Thota Tharani on Sivaji – Slide 6”. Rediff. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  52. ^ a b Shobha Warrier (2007年5月16日). “Thota Tharani on Sivaji – Slide 7”. Rediff. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  53. ^ S. R. Ashok Kumar (2007年3月8日). “Lights, camera, attraction”. The Hindu. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  54. ^ Shobha Warrier (2007年5月16日). “Thota Tharani on Sivaji – Slide 8”. Rediff. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  55. ^ Sivaji goes to Spain!”. Sify (2006年5月17日). 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  56. ^ Peter C. Pugsley (2016). Tradition, Culture and Aesthetics in Contemporary Asian Cinema. Routledge. https://books.google.co.in/books?id=-AegCwAAQBAJ&pg=PA92&lpg=PA92&dq=Nala+Damayanthi+kamal+scene&source=bl&ots=9HjWFxfVSV&sig=DNVBQ5o1sg2m4goRH3v830zPsBQ&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjt17qVlOzRAhXCqI8KHco_AEw4HhDoAQgYMAA#v=onepage&q&f=false 
  57. ^ Malathi Rangarajan (2009年10月8日). “Success so special”. The Hindu. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  58. ^ Dhananjayan 2011, p. 293.
  59. ^ 'Sivaji' song in Pune!”. Sify (2006年10月26日). 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  60. ^ Scoop–Rajini's Sivaji Hospitals & Medical College”. Behindwoods (2006年11月6日). 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  61. ^ Deepa H. Ramakrishnan (2012年1月29日). “Refurbished Victoria Public Hall likely to be thrown open in June”. The Hindu. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  62. ^ Sivaji The Boss Tamil (சிவாஜி) – Full Movie 1080p HD (Motion picture). India: AVM Productions. 29 November 2013. 2015年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧 Clip from 1:58:30 to 2:01:45.
  63. ^ Sivaji updates in Kumudam magazine”. sivajimovie.blogspot.com (2006年10月29日). 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月3日閲覧。
  64. ^ Rajini loses his hair for Sivaji”. Sify (2006年12月18日). 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  65. ^ More pictures of Sivaji shooting”. Behindwoods. 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  66. ^ 'Sivaji' shoot complete!”. Sify (2007年2月16日). 2015年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月27日閲覧。
  67. ^ Nandita Ravi (2015年6月4日). “Colleges turn shooting spots in Chennai”. The Times of India. 2015年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月5日閲覧。
  68. ^ Shobha Warrier (2007年5月14日). “The man who shot Sivaji – Slide 6”. Rediff. 2015年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月25日閲覧。
  69. ^ Viewfinder: The big, bilingual scam”. CINEMA EXPRESS (2018年5月20日). 2018年12月26日閲覧。
  70. ^ a b Background score for Sivaji mixed in London!”. 2007年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月12日閲覧。
  71. ^ Audio raises expectations on Sivaji”. 2007年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月12日閲覧。
  72. ^ More info Sivaji songs available on net”. Indiaglitz (2007年3月23日). 2011年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月23日閲覧。
  73. ^ Shivaji songs available on the Internet”. Oneindia (2007年4月2日). 2013年6月23日閲覧。
  74. ^ shivaji superstar rajini sivaji movie gallery”. Behindwoods (2007年3月26日). 2011年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月23日閲覧。
  75. ^ Movie Review : Sivaji”. Sify. 2014年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  76. ^ Anand Subramanian. “Sivaji, The Boss”. Upperstall.com. 2014年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  77. ^ Rajendran, Gopinath (2017年6月22日). “Heroes from the West”. The New Indian Express. http://www.newindianexpress.com/entertainment/tamil/2017/jun/21/heroes-from-the-west-1619370--1.html 2017年7月28日閲覧。 
  78. ^ Sudhish Kamath. “Reel City”. The Hindu. 2013年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  79. ^ SHIVAJI RAO. “Rajini still entertains, and how!”. The Hindu. 2012年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  80. ^ Sivaji satellite rights”. Rediff (2007年6月19日). 2007年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月19日閲覧。
  81. ^ “Exclusive Trailer:Sivaji-The Boss”. CNN-IBN. オリジナルの2007年5月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070531072320/http://www.ibnlive.com/videos/41628/exclusive-first-look-rajni-in-sivaji.html 2007年5月30日閲覧。 
  82. ^ “Sivaji: The Boss trailer!” (Tamil). Ayngaran International. オリジナルの2007年6月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070602144702/http://www.ayngaran.com/Ayngaran/Ayngaran_Home.html?id=trailer&name=Shivaji 2007年5月30日閲覧。 
  83. ^ Sivaji release likely to be delayed”. The Hindu. (2007年4月29日). オリジナルの2007年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070501073758/http://www.hindu.com/2007/04/29/stories/2007042916700200.htm 2007年4月29日閲覧。 
  84. ^ Sivaji release will be on June 16”. The Hindu. (2007年5月21日). オリジナルの2007年6月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070624005000/http://www.hindu.com/2007/05/21/stories/2007052104560200.htm 2007年7月10日閲覧。 
  85. ^ a b Movies from AVM Productions”. AVM Productions. 2016年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月6日閲覧。
  86. ^ “Sivaji to set Hindi heartland on fire”. The Economic Times. (2007年7月15日). オリジナルの2007年8月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070822212407/http://economictimes.indiatimes.com/News/News_By_Industry/Media__Entertainment_/Entertainment/Sivaji_to_set_Hindi_heartland_on_fire/articleshow/2206139.cms 2007年7月19日閲覧。 
  87. ^ Sivaji: The Boss to be dubbed in Hindi”. Hindustan Times (2007年8月28日). 2013年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月29日閲覧。
  88. ^ Naidu calls Rajini to join Third Front”. CNN-IBN (2007年6月15日). 2007年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月14日閲覧。
  89. ^ a b “Rajnikanth welcome to join Third Front: Naidu”. The Hindu. (2007年6月15日). オリジナルの2007年6月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070618192545/http://www.hindu.com/2007/06/15/stories/2007061502500600.htm 2007年7月14日閲覧。 
  90. ^ Sivaji hits screens; Rajni fans throng theatres”. Zee Network (2007年6月15日). 2008年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月14日閲覧。
  91. ^ Rajni meets Amitabh”. Times Now. TV (2007年6月27日). 2007年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月14日閲覧。
  92. ^ “Sivaji 3D: Rajinism just got bigger”. India Today. Indo-Asian News Service. (2012年12月10日). オリジナルの2013年10月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131029203739/http://indiatoday.intoday.in/story/sivaji-3d-movie-review/1/236990.html 2013年6月23日閲覧。 
  93. ^ a b c Dhananjayan 2014, p. 462.
  94. ^ Rajinikanth starrer 'Sivaji 3D' will be India's first to release with Dolby Atmos”. CNN IBN (2012年12月4日). 2013年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月23日閲覧。
  95. ^ In pics: Rajinikanth unveils 'Sivaji 3D' trailer”. CNN IBN (2012年8月14日). 2013年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月23日閲覧。
  96. ^ 12.12.12: Rajinikanth will mark his 62nd birthday with 'Sivaji 3D'”. CNN IBN (2012年12月6日). 2013年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月23日閲覧。
  97. ^ Sivaji 3D Movie Review”. The Times of India (2012年12月14日). 2016年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月4日閲覧。
  98. ^ Rajnikant's Sivaji-the boss caught in a political wrangle”. Hindustan Times (2007年7月9日). 2007年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月17日閲覧。
  99. ^ “PIL seeking ban on Sivaji-the Boss filed in Madras HC”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2007-07-09/india/27995808_1_villain-sivaji-rajnikant 
  100. ^ Dhananjayan 2011, p. 293-294.
  101. ^ Filmy Fiscal: Rajini's Sivaji rules BO”. CNN-IBN (2007年6月19日). 2007年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月11日閲覧。
  102. ^ Dubbed films bounce back”. The Times of India (2010年7月29日). 2018年12月26日閲覧。
  103. ^ a b Bhattacharya, Roshmila (2007年6月22日). “Sivaji cuts across language barrier”. The Indian Express. 2007年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月11日閲覧。
  104. ^ Sivaji takes Delhi by storm”. CNN-IBN (2007年6月16日). 2007年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月10日閲覧。
  105. ^ Rajni rocks as Sivaji rules in Delhi too!”. Zee (2007年6月23日). 2007年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月11日閲覧。
  106. ^ Roy, Priyanka (2007年6月20日). “The Boss breaks the plex barrier – After Southern storm, Rajanikanth mega movie is Friday's biggest release”. The Telegraph. 2007年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月11日閲覧。
  107. ^ “Sivaji opens to packed houses”. The Times of India. (2007年6月23日). オリジナルの2007年7月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070706123547/http://timesofindia.indiatimes.com/Cities/Sivaji_opens_to_packed_houses/rssarticleshow/2143355.cms 2007年7月11日閲覧。 
  108. ^ Apurva (2007年7月7日). “Rajni Roars”. The Indian Express. 2007年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月11日閲覧。
  109. ^ tamil box office collections Tamil top ten films top 10 movies sivaji rajinikanth shankar avm shriya picture gallery images”. 2007年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  110. ^ Chennai Box office battle: Sivaji or Kireedom?”. 2015年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  111. ^ Shivaji still rules BO after 50 days”. www.filmibeat.com. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  112. ^ Movie-goers riot over film hitches”. ABC News (2007年6月17日). 2008年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月25日閲覧。
  113. ^ “Malaysian fans enraged by Indian film delay -paper”. Reuters. (2007年6月16日). オリジナルの2013年10月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131029201624/https://www.reuters.com/article/2007/06/16/idUSKLR65626 2011年8月9日閲覧。 
  114. ^ Malaysian box office hits all-time high of $100m”. 2014年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  115. ^ Marostica, Jennifer (2007年6月19日). “Sivaji is the boss in Singapore”. TimesNow. 2007年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月10日閲覧。
  116. ^ Balachandran, PK (2007年6月22日). “Sivaji takes Sri Lanka by storm”. Hindustan Times. 2007年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月11日閲覧。
  117. ^ “1,000 labourers to watch Sivaji free in Dubai”. The Hindu. (2007年6月18日). オリジナルの2007年9月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070930200852/http://www.hindu.com/thehindu/holnus/009200706181231.htm 2007年7月11日閲覧。 
  118. ^ Settu, Shankar (2007年6月20日). “Shivaji storms the world”. One India. 2012年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月8日閲覧。
  119. ^ Sivaji is all set to be a hit in US”. Moneycontrol.com (2007年6月15日). 2007年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月11日閲覧。
  120. ^ Sivaji – The Boss”. bbfc.co.uk. 2009年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月9日閲覧。
  121. ^ South Africa (Entire Region) Box Office, August 10–12, 2007”. Box Office Mojo (2007年8月12日). 2007年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月22日閲覧。
  122. ^ The Big B hits back at criticism by Aamir Khan”. The Times, South Africa (2007年12月8日). 2008年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月8日閲覧。
  123. ^ Sivaji makes whopping 400% profit overseas”. 2013年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月26日閲覧。
  124. ^ Malathi Rangarajan (2007年6月22日). “A magnum opus in style – Sivaji”. The Hindu. 2007年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月8日閲覧。
  125. ^ Ananth Krishnan (2007年7月15日). “Sivaji: super hit but the message is troubling”. The Hindu. オリジナルの2008年1月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080118172127/http://www.hindu.com/2007/07/15/stories/2007071555071000.htm 2008年1月9日閲覧。 
  126. ^ TSV Hari (2007年6月16日). “REVIEW: Sivaji: the Boss”. Hindustan Times. 2008年1月8日閲覧。
  127. ^ “Sivaji The Boss”. The Times of India. (2007年6月23日). オリジナルの2012年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121103224310/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/regional/tamil/movie-reviews/Sivaji-The-Boss/movie-review/2142960.cms 2008年1月8日閲覧。 
  128. ^ Vijayasarathy, R. G. (2007年6月15日). “No logic, only Rajni's magic”. Rediff. 2008年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月9日閲覧。
  129. ^ 55th National Film Awards (PDF)”. Directorate of Film Festivals. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月26日閲覧。
  130. ^ 55th Filmfare Awards South Archived 2 April 2015 at the Wayback Machine.. Bollyspice.com.
  131. ^ Vijay Awards.Star Box Office.
  132. ^ Chinmayee (2008年5月3日). “WhatToNameIt: Vijay Awards 2007”. Chinmayisripada.blogspot.com. 2011年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月23日閲覧。
  133. ^ “Rajini, Kamal win best actor awards”. The Hindu (Chennai, India). (2009年9月29日). オリジナルの2009年10月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091001173907/http://www.hindu.com/2009/09/29/stories/2009092950250100.htm 2009年9月28日閲覧。 

参考文献編集

外部リンク編集