メインメニューを開く
黄色のボディコンワンピース

ボディコンとはニットなど体に密着する素材を使って体線(ボディ・ライン)を強調している(女性用ミニワンピースが多い)またはボディラインを強調している体形。ボディ・コンシャス(body-conscious)「体を意識している」の略語[1]。英語圏ではファッション以外にも遣われている。

概要編集

1981年ミラノ・コレクションアズディン・アライアが、身体に添ったデザインのドレスを発表した。これをボディ・コンシャススタイルという。日本では略して、ボディコンと呼ばれ浸透した。ピンキー&ダイアン(Pinky&Dianne、ピンダイ)などの DCブランドから、さらにシルエットをシェイプしたスタイルのボディコンファッションが生まれた。元々は女性の自己主張、解放を目指すファッションの動きの一つでもあったが、日本では主に遊び着として広まり、特に1980年代バブル期以降にブームとなった。

1990年代前半に一世を風靡した東京芝浦ディスコジュリアナ東京1991年-1994年)にはワンレン・ボディコン・爪長・トサカ前髪、といったファッションの女性が多く集まり、マスコミでも話題になった。荒木師匠こと荒木久美子に代表される、ジュリアナ扇子(通称「ジュリ扇」)を合わせたファッションのタレントもこの時期のメディアにしばしば登場した。

脚注編集