メインメニューを開く

ボディ・スペシャル II (BODY SPECIAL)」(ボディー・スペシャル・ツー)は、サザンオールスターズの17枚目のシングル1983年3月5日発売。発売元はInvitation

ボディ・スペシャル II (BODY SPECIAL)
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『原由子 with サザンオールスターズ
B面 ボディ・スペシャル I (BODY SPECIAL)
リリース
規格 7インチレコード('83)
8cmCD('88,'98)
12cmCD('05)
デジタル・ダウンロード
録音 1983年1月
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1)
原由子 (#2)
プロデュース サザンオールスターズ
チャート最高順位
  • 週間10位(オリコン[1]
  • 1983年5月度月間10位(オリコン)
  • 1983年度年間37位(オリコン)
  • 週間7位(ザ・ベストテン
  • 1983年度年間37位(ザ・ベストテン)
サザンオールスターズ シングル 年表
Ya Ya (あの時代を忘れない)
1982年) 
ボディ・スペシャル II (BODY SPECIAL)
(1983年)
EMANON
(1983年)
原由子 with サザンオールスターズ 収録曲
ボディ・スペシャル I (BODY SPECIAL)
(3)
ボディ・スペシャル II (BODY SPECIAL)
(4)
南たいへいよ音頭
(5)
テンプレートを表示

1988年6月25日CD化、1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発され、計3回再発売されている。

本作の正式なタイトルは英題の『BODY SPECIAL』も入ったものとなるが、公式でも省略されることがあるため、ここでは省略する。

目次

リリース編集

本作はサザンの作品では最後となるビクター音楽産業(現・JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)からの発売であり、次作からは現在までサザン専用のレーベルタイシタレーベルからの発売となっている。

アートワーク編集

本作のジャケットは女性上半身ヌード)をそのまま載せたかなり過激なものであった。

チャート成績編集

1983年5月23日付のオリコン週間ランキングで最高10位を獲得した。2005年に12cmCD盤として再発売した際には2005年7月4日付のチャートで44作品中最も高順位である18位を記録[2]

本作のオリコンによる登場回数は34回である[1]

収録曲編集

  1. ボディ・スペシャル II (BODY SPECIAL) (3:38)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:新田一郎
    歌詞の内容もジャケット同様エロティックなものである。2番冒頭の歌詞には放送禁止用語英語とのダブルミーニングでぼかした歌詞が登場するが、その部分の歌詞自体は『Man Call』となっているため、特に放送自粛の処置が取られることはない。サウンド面では、原由子の奏でるオルガンが前面に押し出されている。
  2. ボディ・スペシャル I (BODY SPECIAL) (3:37)
    (作詞・作曲:原由子 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:新田一郎)
    サザンが三宅裕司小倉久寛らと出演したコントバラエティ番組『サザンの勝手にナイト あ!う○こついてる』オープニングテーマ。
    インスト曲であり、原由子作曲。「ボディ・スペシャル“II”」が先にできていたので、タイトルが「ボディ・スペシャルI」になったという。歌詞カードに歌詞の記載はないもののシングル盤には作詞者のクレジットがある。

参加ミュージシャン編集

収録アルバム編集

脚注編集

外部リンク編集