メインメニューを開く

ボド・ラメロウドイツ語: Bodo Ramelow1956年2月16日 - )は、ドイツ政治家。2014年からテューリンゲン州首相を務めている。左翼党所属であり、初の同党出身の州首相である。

ボド・ラメロウ
Bodo Ramelow
2011-05-18-landtagsprojekt-erfurt-071.jpg
2011年のラメロウ
生年月日 (1956-02-16) 1956年2月16日(63歳)
出生地 西ドイツの旗 西ドイツ
ニーダーザクセン州
所属政党 Die Linke logo.svg 左翼党
公式サイト www.bodo-ramelow.de

在任期間 2014年12月5日 -

在任期間 2005年 - 2009年
テンプレートを表示

経歴編集

西ドイツニーダーザクセン州のオスターホルツ=シャルムベックで生まれる。1981年から1990年まで、ミッテルヘッセンで労働組合の書記を務めていた。ドイツ再統一後の1990年に旧東ドイツのテューリンゲン州に移り住む[1]。1999年、テューリンゲン州議会議員選挙に出馬し、当選。2005年、連邦議会選挙に出馬し、当選。

2014年テューリンゲン州議会選挙の結果を受けて、左翼党社会民主党緑の党による連立政権の樹立が合意され、ラメロウが州首相に選出される[2]

脚注編集

外部リンク編集