ボビー・グリーンBobby Green1986年9月9日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家カリフォルニア州サンバーナーディーノ出身。ピナクルMMA所属。UFC世界ライト級ランキング15位。元KOTC世界ライト級王者。元KOTC世界ジュニアウェルター級王者。

ボビー・グリーン
本名 ボビー・レイ・グリーン
(Bobby Ray Green)
生年月日 (1986-09-09) 1986年9月9日(37歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンバーナーディーノ
通称 キング
(King)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 178 cm (5 ft 10 in)
体重 70 kg (154 lb)
階級 ウェルター級
ライト級
スーパーライト級
リーチ 180 cm (71 in)
スタイル レスリング
拠点 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州フォンタナ
チーム ピナクルMMA (2009年 - )
ランク ブラジリアン柔術 (紫帯)
現役期間 2008年 -
総合格闘技記録
試合数49
勝利32
ノックアウト11
タップアウト9
判定12
敗戦15
ノックアウト5
タップアウト2
判定8
引き分け1
無効試合1
その他
子供 3人
総合格闘技記録 - SHERDOG
テンプレートを表示

来歴

編集

5歳の時に父親が投獄され、母親が薬物依存症であったため里子となった。高校2年生時にレスリングを始め、州のトーナメントに2度入賞した。その後、子供を養うために倉庫の作業員として働きながら総合格闘技を始めた[1]

2009年2月27日、KOTC初出場となったKOTC: Immortalでジョン・ウロアと対戦し、腕ひしぎ十字固めで1R一本勝ち。

2010年2月25日、KOTC: ArrivalのKOTC世界ジュニアウェルター級タイトルマッチで王者リッキー・レジャーに挑戦し、右フックでダウンを奪いパウンドで1RTKO勝ち。王座獲得に成功した。

2010年8月13日、KOTC: Imminent DangerのKOTC世界ジュニアウェルター級タイトルマッチで挑戦者ダロン・クルックシャンクと対戦し、ギロチンチョークで2R一本勝ち。王座の初防衛に成功した[2]

2010年10月7日、KOTC: InfernoのKOTC世界ジュニアウェルター級タイトルマッチで挑戦者ティム・ミーンズと対戦し、2R終了時に試合を棄権しTKO負け。王座から陥落した。

2011年4月21日、KOTC: Moral VictoryのKOTC世界ライト級タイトルマッチで王者ドム・オグラディに挑戦し、3-0の5R判定勝ち。王座獲得に成功し、KOTC二階級制覇を達成した。

2013年2月2日、UFC初出場となったUFC 156でジェイコブ・ヴォルクマンと対戦し、リアネイキドチョークで3R一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年7月26日、UFC on FOX 12でライト級ランキング3位のジョシュ・トムソンと対戦し、2-1の判定勝ち。

2014年11月22日、UFC Fight Night: Edgar vs. Swansonでライト級ランキング11位のエジソン・バルボーザと対戦し、0-3の判定負け。

2016年6月4日、UFC 199でライト級ランキング11位のダスティン・ポイエーと対戦し、左フックでダウンを奪われパウンドで1RKO負け[3]

2017年10月7日、UFC 216ランド・バンナータと対戦し、1-1の判定ドロー。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2020年8月1日、UFC Fight Night: Brunson vs. Shahbazyanランド・バンナータと再戦し、3-0の判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2021年8月7日、UFC 265ラファエル・フィジエフと対戦。激しい打撃戦を繰り広げたものの、僅差で0-3の判定負け。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[4]

2021年11月6日、UFC 268アル・アイアキンタと対戦し、1Rに右ストレートでダウンを奪いパウンドでTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[5]

2022年2月12日、UFC 271でナスラット・ハクパラストと対戦し、ボクシングの攻防で終始圧倒して3-0の判定勝ち。なお、この試合でエヴァン・ダナムが保持していたUFCライト級の最多合計有効打数記録を更新した[6][7]

2022年2月26日、前戦から14日後の試合となったUFC Fight Night: Makhachev vs. Greenでライト級ランキング4位のイスラム・マカチェフと対戦し、パウンドで1RTKO負け。足首の負傷で欠場したベニール・ダリウシュの代役を受けての緊急出場であった[8][9]

2022年10月7日、5月16日に行われた抜き打ち薬物検査で、グリーンから禁止薬物デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)の陽性反応が検出され、グリーンは小売店で市販されているデヒドロエピアンドロステロンのサプリメントを購入した証拠を提出して短期間の使用であったことが確認されたため、米国アンチ・ドーピング機関(USADA)は出場停止期間を短縮し、グリーンに6カ月間の出場停止処分を科した[10][11]

2022年12月17日、UFC Fight Night: Cannonier vs. Stricklandドリュー・ドーバーと対戦。スタンドの攻防で優勢に試合を進めるも、2Rに左フックで逆転のKO負け。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[12]

2023年7月29日、UFC 291で元UFC世界ライト級暫定王者トニー・ファーガソンと対戦し、肩固めで絞め落とし3R一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[13]

2023年10月7日、UFC Fight Night: Dawson vs. Greenでライト級ランキング10位のグラント・ドーソンと対戦。試合前のオッズでは圧倒的不利と目されていたが、左ストレートでダウンを奪いパウンドで開始33秒のKO勝ち。2試合連続のパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[14]

2023年12月2日、UFC on ESPN: Dariush vs. Tsarukyanでライト級ランキング12位のジェイリン・ターナーと対戦し、テンプルへの右ストレートでダウンを奪われパウンドで1RKO負け。当初は同大会でライト級ランキング9位のダン・フッカーと対戦予定であったが、フッカーが腕を骨折し欠場したためターナーとの対戦に変更された[15]

戦績

編集
総合格闘技 戦績
49 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
32 11 9 12 0 1 1
15 5 2 8 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ジム・ミラー 5分3R終了 判定3-0 UFC 300: Pereira vs. Hill 2024年4月13日
× ジェイリン・ターナー 1R 2:49 KO(右ストレート→パウンド) UFC on ESPN 52: Dariush vs. Tsarukyan 2023年12月2日
グラント・ドーソン 1R 0:33 KO(左ストレート→パウンド) UFC Fight Night: Dawson vs. Green 2023年10月7日
トニー・ファーガソン 3R 4:54 肩固め UFC 291: Poirier vs. Gaethje 2 2023年7月29日
ジャレッド・ゴードン 1R 4:35 ノーコンテスト(偶発的なバッティング) UFC Fight Night: Pavlovich vs. Blaydes 2023年4月22日
× ドリュー・ドーバー 2R 2:45 KO(左フック) UFC Fight Night: Cannonier vs. Strickland 2022年12月17日
× イスラム・マカチェフ 1R 3:23 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Makhachev vs. Green 2022年2月26日
ナスラット・ハクパラスト 5分3R終了 判定3-0 UFC 271: Adesanya vs. Whittaker 2 2022年2月12日
アル・アイアキンタ 1R 2:25 TKO(右ストレート→パウンド) UFC 268: Usman vs. Covington 2 2021年11月6日
× ラファエル・フィジエフ 5分3R終了 判定0-3 UFC 265: Lewis vs. Gane 2021年8月7日
× ティアゴ・モイゼス 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Hall vs. Silva 2020年10月31日
アラン・パトリック 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Waterson vs. Hill 2020年9月12日
ランド・バンナータ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Brunson vs. Shahbazyan 2020年8月1日
クレイ・グイダ 5分3R終了 判定3-0 UFC on ESPN 11: Blaydes vs. Volkov 2020年6月20日
× フランシスコ・トリナウド 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Błachowicz vs. Jacaré 2019年11月16日
× ドラッカー・クロース 5分3R終了 判定0-3 UFC on FOX 31: Lee vs. Iaquinta 2 2018年12月15日
エリック・コク 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 27: Jacare vs. Brunson 2 2018年1月27日
ランド・バンナータ 5分3R終了 判定1-1 UFC 216: Ferguson vs. Lee 2017年10月7日
× ラシッド・マゴメドフ 5分3R終了 判定1-2 UFC on FOX 24: Johnson vs. Reis 2017年4月15日
× ダスティン・ポイエー 1R 2:53 KO(左フック→パウンド) UFC 199: Rockhold vs. Bisping 2 2016年6月4日
× エジソン・バルボーザ 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Edgar vs. Swanson 2014年11月22日
ジョシュ・トムソン 5分3R終了 判定2-1 UFC on FOX 12: Lawler vs. Brown 2014年7月26日
パット・ヒーリー 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 9: Johnson vs. Benavidez 2 2013年12月14日
ジェームス・クラウス 1R 3:50 TKO(左ミドルキック) UFC: Fight for the Troops 3 2013年11月6日
ジェイコブ・ヴォルクマン 3R 4:25 リアネイキドチョーク UFC 156: Aldo vs. Edgar 2013年2月2日
マット・ライスハウス 5分3R終了 判定3-0 Strikeforce: Rousey vs. Kaufman 2012年8月18日
ジェームス・テリー 5分3R終了 判定2-1 Strikeforce: Barnett vs. Cormier 2012年5月19日
JP・リース 3R 2:25 リアネイキドチョーク Strikeforce Challengers: Britt vs. Sayers 2011年11月18日
チャロン・スペイン 2R 2:54 肩固め Strikeforce Challengers: Larkin vs. Rossborough 2011年9月23日
× ジェシアス・カバウカンチ 5分3R終了 判定1-2 Strikeforce: Fedor vs. Henderson 2011年7月30日
ドム・オグラディ 5分5R終了 判定3-0 KOTC: Moral Victory
【KOTC世界ライト級タイトルマッチ】
2010年4月21日
× ティム・ミーンズ 2R 5:00 TKO(棄権) KOTC: Inferno
【KOTC世界ジュニアウェルター級タイトルマッチ】
2010年10月7日
ダロン・クルックシャンク 2R 2:39 ギロチンチョーク KOTC: Imminent Danger
【KOTC世界ジュニアウェルター級タイトルマッチ】
2010年8月13日
リッキー・レジャー 1R 4:27 TKO(右フック→パウンド) KOTC: Imminent Danger
【KOTC世界ジュニアウェルター級タイトルマッチ】
2010年2月25日
チャールズ・"クレイジーホース"・ベネット 1R 2:17 KO(右フック→パウンド) KOTC: Fight 4 Hope 2009年12月17日
× デビッド・ミッチェル 1R 0:54 トーホールド TPF 2: Brawl in the Hall 2009年12月3日
セヴァク・マガキアン 1R 2:24 TKO(パンチ連打) Respect in the Cage 2 2009年11月20日
ジェフ・トーチ 1R 1:29 ギブアップ(パウンド) KOTC: Jolted 2009年10月3日
ジョン・ウロア 1R 腕ひしぎ十字固め KOTC: Immortal 2009年2月27日
× ダン・ローゾン 1R 4:55 リアネイキドチョーク Affliction: Day of Reckoning 2009年1月24日
トビー・グリア 1R 1:23 肩固め TFA 11
【TFAライト級タイトルマッチ】
2008年7月12日
ハファエル・サロマオ 1R 4:10 TKO(パンチ連打) Warriors Fighting Championship
【WFCライト級トーナメント決勝】
2008年6月28日
イスラエル・ジロン 1R 2:47 KO(パンチ連打) Warriors Fighting Championship
【WFCライト級トーナメント準決勝】
2008年6月28日
サンティアゴ・マンサナレス 3分3R終了 判定2-1 Warriors Fighting Championship
【WFCライト級トーナメント準々決勝】
2008年6月28日
レイモンド・アヤラ 2R 1:59 チョーク Total Fighting Alliance 10 2008年3月22日
ハーマン・テラド 3R 1:28 ギロチンチョーク COF 11: No Mercy 2008年3月8日
× ジョシュ・ガスキンス 3分3R終了 判定0-3 Valor Fighting: Fight Night 2008年3月7日
ヘンリー・ブリオネス 1R 0:48 ギロチンチョーク UCM 5 - Deadly Zone 2008年2月23日
ニール・エイブラムス 3R 1:12 KO(パンチ) Total Fighting Alliance 9 2008年1月19日

獲得タイトル

編集

表彰

編集
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(4回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(3回)
  • UFC サブミッション・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注

編集
  1. ^ Bobby "King" Green Pinnacle MMA 2014年5月28日
  2. ^ Junior Welterweight: 156-160 lbs. MMA to Z
  3. ^ UFC 199 results: Dustin Poirier knocks out Bobby Green for fourth straight win MMA Fighting 2016年6月4日
  4. ^ UFC 265 bonuses: Rafael Fiziev vs. Bobby Green a no-brainer $50,000 'Fight of Night' MMA Junkie 2021年8月8日
  5. ^ UFC 268 results: Bobby Green drops, hammers Al Iaquinta for first-round TKO MMA Junkie 2021年11月6日
  6. ^ Bobby Green has set the UFC Lightweight record for significant strikes landed after adding 188 to his total against Nasrat Haqparast. #ufc #mma #ufc271 @bobbykinggreen #fightstats MMA by the Numbers Instagram 2022年2月14日
  7. ^ [1]UFC RECORD BOOKK
  8. ^ Beneil Dariush injured, Bobby Green steps in against Islam Makhachev for UFC Vegas 49 headliner MMA Fighting 2022年2月17日
  9. ^ Islam Makhachev stops Bobby Green in flawless victory | UFC Vegas 49 MMA Mania 2022年2月26日
  10. ^ UFC's Bobby Green issued six-month USADA suspension for over-the-counter supplement MMA Junkie 2022年10月7日
  11. ^ Bobby Green Accepts Sanction for Violation of UFC Anti-Doping PolicyUSADA 2022年10月7日
  12. ^ UFC Fight Night 216 results: Drew Dober folds Bobby Green into unconsciousness with massive left hand MMA Junkie 2022年12月17日
  13. ^ UFC 291 results: Bobby Green hands Tony Ferguson sixth straight loss with arm triangle submission MMA Junkie 2023年7月29日
  14. ^ UFC Vegas 80 results: Bobby Green shocks Grant Dawson with 33-second knockout MMA Mania 2023年10月7日
  15. ^ UFC Austin Results: Dariush vs. Tsarukyan MMA Fighting 2023年12月2日

関連項目

編集

外部リンク

編集