メインメニューを開く

ボビー・ティモンズ

、アメリカ合衆国のジャズ・ピアニストで作曲家

ボビー・ティモンズ(Bobby Timmons)ことロバート・ヘンリー・ティモンズ(Robert Henry Timmons, 1935年12月19日 フィラデルフィア1974年3月1日 ニューヨーク・シティ)は、アメリカ合衆国ジャズピアニスト作曲家[1]

Bobby Timmons
出生名 Robert Henry Timmons
生誕 (1935-12-19) 1935年12月19日
出身地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
死没 1974年3月1日(1974-03-01)(38歳)
ジャンル ソウル・ジャズ
ハード・バップ
メインストリーム・ジャズ
職業 ピアニスト
作曲家
担当楽器 ピアノ
レーベル

Blue Note,United Artists,
Prestige,New jazz,
Riverside,Jazzland,
Impulse,Milestone,
Philips,Fontana,RCA,Verve,
Pacific jazz,Roulette,Vee Jay,
Baybridge,Bandstand,

Chiaroscuro
共同作業者 アート・ブレイキー
ジャズ・メッセンジャーズ

略歴編集

牧師の息子として生まれる。

フィラデルフィア音楽院に進学し、最終的にはトレニアーズの許でリズム・アンド・ブルースを演奏する。

1956年ケニー・ドーハムが率いるジャズ・プロフェッツのメンバーとなり、同年5月のライブで初めて録音を経験した。その後はチェット・ベイカーソニー・スティットメイナード・ファーガソンと共演している。世界的に名を揚げたのは、アート・ブレイキージャズ・メッセンジャーズのメンバーとしてであった(在籍期間は1958年1959年および1961年1959年から1960年までキャノンボール・アダレイとも共演するが、1960年に再びブレーキーの許に復帰してアダレイを落胆させた。J・J・ジョンソンとも共演して、自身のトリオを率いることができるようになった。ほかにもハンク・モブレーリー・モーガンドナルド・バードチェット・ベイカーケニー・バレルソニー・スティットメイナード・ファーガソンアート・ファーマーペッパー・アダムスの録音において伴奏者に迎えられている。

1974年に肝硬変のため38歳で夭折した。

奏法の特色と後世への影響編集

メリハリの効いた強い打鍵とブロック・コード奏法が特色であり、特にファンキー色の強い曲において持ち味を発揮した。
ティモンズのピアノ奏法は、レッド・ガーランドに受け継がれた。ティモンズはソウル・ジャズのピアニストに位置付けられるが、フレージングにおいては次第にブルースゴスペル寄りになっていき、レス・マッキャンラムゼイ・ルイスに影響を与えた。

作曲家としては、ブレイキーに提供した《モーニンMoanin')》や《ダット・デア(Dat Dere)》、キャノンボール・アダレーに提供した《ジス・ヒア(This Here)》といったヒット曲を次々と世に送り出している。これらの楽曲はいずれも、ゴスペルに如実に影響されたソウル・ジャズ様式の典型である。

出典編集

外部リンク編集

参考文献編集

  • Swing Journal, 6, 1997. スイングジャーナル社、1997年。