メインメニューを開く

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(ボブというなのねこ しあわせのハイタッチ、A Street Cat Named Bob)は、2016年イギリス伝記映画

ボブという名の猫
幸せのハイタッチ
A Street Cat Named Bob
監督 ロジャー・スポティスウッド
脚本 ティム・ジョン
マリア・ネイション
原作 ジェームズ・ボーエン英語版
『ボブという名のストリート・キャット』
ギャリー・ジェンキンズ
製作 アダム・ローストン
製作総指揮 ダミアン・ジョーンズ
ティム・スミス
ポール・ブレット
アンダース・エアデン
ジェームズ・スウォーブリック
ブライアン・オシェイ
出演者 ルーク・トレッダウェイ
ルタ・ゲドミンタス英語版
ジョアンヌ・フロガット英語版
アンソニー・ヘッド
キャロライン・グッドール
ベス・ゴダード英語版
音楽 デヴィッド・ハーシュフェルダー英語版
チャーリー・フィンク英語版
撮影 ピーター・ウンストーフ
編集 ポール・トシル
製作会社 Stage 6 Films
Shooting Script Films Prescience
Iris Productions The Exchange
配給 イギリスの旗 Sony Pictures Releasing
日本の旗 コムストック・グループ
公開 イギリスの旗 2016年11月4日
日本の旗 2017年8月26日
上映時間 103分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ミュージシャンを夢見ていたものの社会からのドロップアウトを繰り返していた若者ジェームズが、「ボブ」と名付けられた野良猫との出会いをきっかけに、家族・友人との関係を通して新たな生き方を探し出していく。

目次

概要編集

原作はイギリスでシリーズ合計1,000万部を超える大ヒットを記録したノンフィクション『ボブという名のストリート・キャット』である。実在の猫「ボブ」が、映画版でもほとんどの出演シーンを任せられているほか、ジェームズ本人もカメオ出演している[1]

2017年の英国ナショナルフィルムアワードにて最優秀英国映画賞を受賞した[2]

あらすじ編集

幼い頃の家庭環境の問題を癒すために麻薬に手を出してしまい、止めてはまた手を出すことを繰り返し路上生活までに至ったジェームズは、同じ境遇のバズから麻薬を勧められ、再び手を出してしまう。捕まったジェームズはソーシャルワーカーのヴァルから住居をあてがわれたが、そこへ窓の隙間から見知らぬ猫が入り込んでくる。隣人のベティが「ボブ」と名付けたその猫はジェームズに懐いてしまい、身捨てることもできないジェームズはあれこれ世話をする。

ある日、路上ライブに出かけるジェームズにボブがつきまとい、連れ戻す事を諦めたジェームズは仕方なくボブとともにライブを始めるが、ボブの愛らしさは周りの人々の目を惹き、ライブは大成功。それからもジェームズはボブを連れてライブを繰り返し、順調に金を稼いでゆく。ジェームズは意を決してベティとより深い仲になることを期待するが、ベティの過去を知り躊躇する。

そんな中、ジェームズはバズと再会し、困窮していた彼に手持ちの金を渡すが、その金は生活費に充てられず麻薬に換わり、バズは麻薬中毒が原因で死亡する。クリスマスには父親の家庭で行われたパーティを滅茶苦茶にしてしまい、路上ライブはささいなきっかけで禁止され、さらにベティとは彼女についていた嘘を知られてしまい、絶交となってしまう。収入を断たれたジェームズはビッグイシュー販売員となり、ボブの力を借りて人気販売員になるが、そこでも同僚の販売員と揉め、1か月の販売禁止を言い渡される。それが明けたかと思いきや、今度はボブが逃げ出してしまい、精神的に限界に追い詰められ麻薬に手を出しそうになるが…

登場人物編集

ジェームズ・ボーエン英語版
演 - ルーク・トレッダウェイ、日本語吹替 - 遠藤大智
両親の不仲と離婚により精神的に不安定となり、麻薬に手を出す。更生とドロップアウトを繰り返すなすがままの生活を送っていたが、ベティやヴァル、そしてボブとの出会いで再び人生をやり直していく。
ベティ
演 - ルタ・ゲドミンタス英語版、日本語吹替 - 竹内恵美子
ジェームズの隣人。「ボブ」に名前をつけ、ジェームズに様々なアドバイスをする。犬を飼っているが、動物アレルギーを持つのが悩み。ヴィーガン。兄を不幸な出来事で亡くしており、それがトラウマになっている。
ヴァル
演 - ジョアンヌ・フロガット英語版、日本語吹替 - ちふゆ
ジェームズの薬物更生を担当するソーシャルワーカー。たびたび約束を破るジェームズに対して厳しくふるまうが、最後まで見捨てることなく付き合う。
ジャック・ボーエン
演 - アンソニー・ヘッド、日本語吹替 - 島田岳洋
ジェームズの父親。離婚する前はオーストラリアに住んでいたが、離婚後は飛行機恐怖症を理由に渡英しなかった。その後イギリスに渡り、ヒラリーと再婚しふたりの娘を儲ける。
メアリー
演 - キャロライン・グッドール、日本語吹替 - 髙梨愛
ジェームズとボブの路上演奏を見かけ、その後2人の軌跡を物語にして出版しないかと持ちかける。その後ジェームズの担当編集者となる。
ヒラリー
演 - ベス・ゴダード英語版
ジャックの再婚相手。ジェームズのことは快く思っておらず、娘たちにも悪し様に吹き込んでいる。
バズ
演 - ダレン・エヴァンス、日本語吹替 - 遠藤航
ジェームズと同じ境遇の男性。麻薬中毒者で、ジャームズにも麻薬を勧める。後に麻薬中毒が原因で死亡する。
ボブ
演 - ボブ
推定12歳。名前は『ツイン・ピークス』のキラー・ボブから。(ボブという名前の由来は原作本と映画では異なる。映画ではベティの閃きで命名される)ジェームズの家に入り込み、居つくようになる。移動するときはジェームズの肩がお気に入りの場所。なお、ボブにはギャラとして好物のキャットミルクとチーズがふるまわれた。

脚注編集

外部リンク編集